新潟2歳ステークス2019 予想|血統傾向から好走馬を見抜け!

更新日:

新潟2歳ステークス


こんにちは!KAZUです。

この記事では、新潟2歳ステークス(GⅢ)の好走血統など予想のポイントを特集します。

なお、最終予想となる予想印については下記の記事で公開します!



この記事でご紹介する内容は3点です!


この記事の内容は動画でもまとめています。
動画で確認したいという方は下記の動画をご覧ください。
(よろしければ、チェンネル登録やグッドボタンをしていただけると嬉しいです!)


それでは、予想のポイントをご紹介してきます。


新潟2歳ステークス2019 好走血統


まずは新潟2歳ステークスを予想する上で抑えておきたい好走血統をご紹介します。

この好走血統については過去5年の同レースの好走馬(3着内馬)の血統を分析して導いています。



【新潟2歳ステークス 好走血統】

  • ノーザンテーストの血統を内包
  • グレイソヴリン系。トニービンの血統


今年の新潟2歳ステークスの好投血統は『ノーザンテーストの血統を内包』、『グレイソヴリン系。トニービンの血統』の2点です。

この中でも特に好走傾向なのはノーザンテーストの血統を内包する馬です。

一昨年の1着フロンティア、2着コーディエライトは母父がノーザンテーストであるダイワメジャー産駒。

昨年の勝馬ケイデンスコールもノーザンテーストを父に持つダイナサッシュの牝系から生まれた馬です。
昨年3着のスティルネスも血統の4代にはなりますが、ノーザンテーストの血統を内包しています。

その他でも、過去の新潟2歳ステークスの好走馬を遡るとノーザンテーストの血統を内包した馬が多数好走しています。

ノーザンテーストの仕上がりの早さと日本の芝に対する高い適性、新潟2歳ステークスではこの血の特徴が活きてきます。

ノーザンテーストの血統を内包することに加えて抑えておきたいのが『グレイソヴリン系。トニービンの血統』です。

昨年の勝馬ケイデンスコール、一昨年の勝馬フロンティアの母父はグレイソヴリン系のトニービンです。

また2015年に3着と好走したマコトルーメンは、母父がグレイソヴリン系のタマモクロスとなっています。

新潟芝1600mの外回りコースの直線は約660mと、とにかく長いですから、トニービンを代表とするグレイソヴリン系の血で末脚の持続力を補ってあげることが好走に繋がります。

好走血統×出走予定馬チェック

  • ノーザンテーストの血統を内包
  • ①ウーマンズハート

    ②ウインカーネリアン

    ③エレナアヴァンティ

    ④カイアワセ

    ⑤カリニート

    ⑥グランチェイサー

    ⑦トロワマルス

    ⑧ペールエール

    ⑨モーベット


  • グレイソヴリン系。トニービンの血統
  • ①ウーマンズハート

    ②カリニート


新潟2歳ステークス2019 生産者の成績傾向


ここからは参考として、新潟2歳ステークスの過去5年の生産者の成績の傾向についてご紹介します。

生産者により、配合・生産や競走馬としての育成に対する方針は異なります。

その意味で考えれば、生産者の成績傾向は予想をする上で参考となる情報です。



【新潟2歳ステークス 生産者の成績傾向】

  • 社台グループが好成績。社台ファームが2勝、ノーザンファームが1勝、白老ファームが1勝
  • 様似堀牧場の生産馬が出走してくれば要注意


新潟2歳ステークスは社台グループの成績が好成績です。

過去5年の全体傾向をみれば社台ファームが[2-0-0-1/3]、ノーザンファームが[1-2-0-6/9] 、白老ファームが[1-0-0-0/1]となっており、社台ファームが優勢です。

ただし直近の成績でみれば、昨年の1着ケイデンスコール、2着アンブロークンがノーザンファーム生産馬であったようにノーザンファームの勢いを感じます。

この点はやはりノーザンファームしがらきやノーザンファーム天栄の外厩での仕上げの影響が大きいのではないでしょうか。

この傾向に加えてもう一つ抑えておきたいのが、様似堀牧場(さまにほり)の生産馬の活躍です。

過去5年で出走頭数は2頭と少ないものの、出走したロードクエスト、スティルネスは両馬ともに馬券に絡む好走を見せています。

その理由についてまでは分かりませんが、2歳戦の出世レースの重賞で社台グループに食い込んでいるわけですから、生産や育成面でレースとフィットしている部分があるのでしょう。

今年の新潟2歳ステークスに様似堀牧場の生産馬が出走してくるかどうかは分かりませんが、もし出走してくれば抑えておきたいところです。

※今年の新潟2歳ステークスで社台ファーム、様似堀牧場の生産馬の出走はありません。


新潟2歳ステークス2019 その他の予想のポイント


それでは最後に血統関連以外の予想のポイントについてご紹介します。



【新潟2歳ステークス その他の予想のポイント】

  • 前走上り3Fのタイムが2位以内の馬が好走
  • 前走からの距離変更は同距離か短縮組が好走



その他の予想のポイントの1点目は『前走上り3Fのタイムが2位以内の馬が好走』です。

直線が長い新潟芝1600m外回りコースですから、当然ながら上り3Fのタイムがレース結果に直結します。

過去5年の新潟2歳ステークスの勝馬はいずれも上り3Fが1位か2位の馬です。

この好走条件を満たすためには、少なくとも前走で上り3Fで1位、譲っても2位をマークしておく必要があります。

実際に過去5年の前走の上り3F別成績をみると上り3F1位で[4-3-2-27/36]、上り3F2位で[1-2-3-13/19]と好成績です。


その他の予想のポイントの2点目は『前走からの距離変更は同距離か短縮組が好走』です。

過去5年成績では、前走からの同距離組が[4-0-1-18/23]、距離短縮組が[0-4-1-11/16]と好成績です。

一方で距離延長組は出走数が多いものの[1-1-3-33/38]と好走率の割合が悪く不振です。

ただし、距離延長組でも前走中京芝1400m組は[1-1-0-3/5]と好成績ですので、抑えておきましょう。

その他、コースで分析した場合は東京芝1600m組が[1-0-1-2/4]、東京芝1800m組が[0-2-1-1/4]と非常にいい成績をあげています。

ノーザンファーム生産の6月東京デビュー勝ちの素質馬で、外厩先でしっかりと仕上げられてきた馬については要注意でしょう。


この2点についても、血統関連に加えて予想のポイントとしてご参考いただければと思います。



以上、この記事では新潟2歳ステークスの好走血統など予想のポイントについて特集しました。

馬券予想にご参考になれば嬉しいです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


予想のポイントを解説するKAZUのYouTubeチャンネルとツイッター


レースの予想のポイントや血統の基礎知識などをYouTubeやツイッターでも配信しています!

チャンネル登録やフォローいただき、馬券予想にお役立て下さい!

【YouTube】KAZUの血統予想

【ツイッター】血統マニア KAZU

こちらの記事もおすすめ

Copyright© 競馬知恵袋 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.