釜山ステークス2019 予想|血統を軸に選ぶ馬券の狙い目!

更新日:

競馬予想


こんにちは!KAZUです。

この記事では、土曜日の小倉競馬場メインレース「釜山ステークス(3勝クラス)」の予想を特集します!


僕の予想法は血統を軸にして、その上でレース傾向や馬場傾向、展開や仕上がり(調教内容・外厩)をふまえた予想となっています。

この点をふまえて、ご参考いただければと思います。

なお釜山ステークスは条件戦となるため、重賞競走で取り上げている好走血統など予想のポイントは割愛します。

ご了承下さい。


それでは予想にまいります!

釜山ステークス2019|血統を軸にした予想印


早速ですが、釜山ステークスの最終予想となる予想印をご紹介します。



【釜山ステークス 予想印】

◎⑨ナンヨーイザヨイ
〇⑤ボードウォーク
▲③クルークハート
☆⑩ペディヴィア
△④エネスク
△⑧クリノフウジン



3勝クラスでも実績のある馬が少ないメンバー構成となりました。

そうなれば狙いたいのは、前走2勝クラスを勝って昇級戦に臨む勢いのある馬です!

その中で本命は③ナンヨーイザヨイです。

前走の九州スポーツ杯は先行して、センスある競馬で1着と勝ち上がりました。

走破時計も良馬場で1分44秒8と優秀です。

釜山ステークス当日の馬場状態も道悪(稍重から重)が想定されますので、脚抜きがよくスピードが出る馬場状態になれば、芝・ダート兼用の父エイシンフラッシュの血統も活きてくるでしょう!

対抗、単穴には⑤ボードウォーク、③クルークハートと、こちらも2勝クラスを勝って昇級戦に臨む2頭を推します。

ボードウォークは前走の津軽海峡特別同様に逃げれれば好走が期待できます。

またクルークハートは前走の同舞台で行われた響灘特別でコース適性を示し、ここでも好走が期待できる一頭です。


上位3頭に加えて惑星馬として抑えておきたいのが、 ⑩ペディヴィアです。

中22週と長期休養明けの一戦となりますが、社台ファーム系生産馬でグリーンウッドトレーニングセンターの外厩明け、最終追切も動けています。

さらに血統的に道悪想定で芝も走るハービンジャー産駒となれば、激走が怖い一頭です。

その他、連下には④エネスク、⑧クリノフウジンの2頭を抑えます。



以上、この記事では釜山ステークスの予想のポイントと予想印をご紹介しました。

馬券予想のご参考になれば嬉しいです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


予想のポイントを解説するKAZUのYouTubeチャンネルとツイッター


レースの予想のポイントや血統の基礎知識などをYouTubeやツイッターでも配信しています!

チャンネル登録やフォローいただき、馬券予想にお役立て下さい!

【YouTube】KAZUの競馬予想

【ツイッター】血統マニア KAZU

こちらの記事もおすすめ

Copyright© 競馬知恵袋 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.