ローズステークス2019 ラップ分析|求められる能力・適性を把握せよ!

更新日:

ラップ分析

こんにちは!KAZUです。
この記事では、ラップ分析からローズステークス(GⅡ)で好走するために必要な能力・適性を考察します。



なお最終予想となる予想印については下記の記事で公開しています



ラップ分析は馬券予想に役立つ有用なツールですので、ぜひご参考下さい!


ローズステークス ラップ傾向(過去5年)

まずはじめにローズステークスの過去5年のラップ傾向をチェックしましょう。


ローズステークス 過去5年のラップ傾向
ローズステークス 過去5年のラップ傾向

過去5年のローズステークスの1ハロンの平均ラップは11.7秒~11.9秒と比較的速いラップとなっています。ただしグラフを見ると分かるのですが、道中の800m~1200m(3コーナーから4コーナー)にかけてはラップが少し緩みます。

そしてラスト3ハロンは11秒台前半から10秒台後半の瞬発力勝負となっています(ただし急坂が待ち受けるラスト200mはラップが遅くなる傾向ですが)。

このラップ傾向から考える好走するために必要な能力は、まずは直線でキレる末脚を繰り出すための”瞬発力”でしょう。そしてラスト200mの急坂にも耐えうる”スタミナとパワー”、この点も補完的に必要な能力となってきます。


ローズステークス 出走予定馬 ラップ適性診断

ここからはローズステークスのラップ適性が高い馬をご紹介します。

まずは平均ラップがある程度早く流れつつも瞬発力勝負になったチュリーップ賞や桜花賞で好走したダノンファンタジーやシゲルピンクダイヤの2頭があげられます。
この2頭ともに1800mの距離適性が気になるところではありますが、ラップ適性は高く有力馬です。しっかりと抑えておく必要があるでしょう。

そして同じくマイルで実績があるビーチサンバもマイル前後の瞬発力勝負のレースは好走傾向なので要注意です。ただしこの馬も1800mの距離適性が気にはなります。

さらに人気薄で面白いところでいくとアルティマリガーレもラップ適性があります。この馬はハービンジャー産駒らしくスタミナ勝負の底力を基本としつつも瞬発力勝負もそれなりに対応できます。
サンデー系ほど切れる脚があるというわけではありませんが上り3ハロン33秒台の実績はありますので、2015年のローズステークスのように例年より道中のペースがある程度流れれば面白い一頭かもしれません。


その他有力馬のウィクトーリアやスイープセレリタス、シャドウディーヴァについても取りあげます。

まずウィクトーリアやシャドウディーヴァは2000m以上のレースで実績をあげてきた馬のため平均ラップが速くなってどうかという点が気になります。ただし高速馬場で上り3ハロン33秒台前半勝負となったフローラステークスで好走しているため一定の適性はありそうです。

スイープセレリタスについては、直近2走は1400m➢1600mと連勝していますが、いずれのレースも前傾ラップで底力ないし持続力が求められる内容でした。瞬発力勝負となったこうやまき賞や春菜賞はいずれも3着と敗れていますので、ラップ適性のみで考えれば疑問符がつきます。



以上、ローズステークスのラップ分析と出走予定馬のラップ適性について特集しました。最後までお読みいただきありがとうございました!




こちらの記事もおすすめ

Copyright© 競馬知恵袋 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.