セントライト記念2019 ラップ分析|求められる能力・適性を把握せよ!

更新日:

ラップ分析

こんにちは!KAZUです。
この記事では、ラップ分析からセントライト記念(GⅡ)で好走するために必要な能力・適性を考察します。

ラップ分析は馬券予想に役立つ有用なツールですので、ぜひご参考下さい!



なお最終予想となる予想印については下記の記事で公開しています




セントライト記念 ラップ傾向(過去5年)

まずはじめにセントライト記念の過去5年のラップ傾向をチェックしましょう。


セントライト記念 平均ラップ(過去5年)
セントライト記念 平均ラップ(過去5年)

セントライト記念は各年のラップのバラつきが大きなレースとなっています。

その中で過去5年のセントライト記念の1ハロンの平均ラップは12.0秒~12.2秒と中距離戦らしいラップ。その上でグラフから読み取れるのが、レース全体のラップの高低差が激しいこと。すなわちタフさが求められるといえそうです。

そしてラスト5ハロンもしくは6ハロンからラップが上がり、その後はラップが緩むことなくゴールまで続きます。明らかに持続力勝負の一戦です。
このラップの変化はコース的に1200m地点を過ぎた地点の向正面が山の頂上となり、そこから下り坂を走るため自然とラップが速くなることに起因します。


このラップ傾向から考える好走するために必要な能力は、”長くいい脚を使える持続力タイプの末脚”、中山の起伏の激しさに耐えうる”スタミナとパワー”、ラップの変化に対応する”タフさ”です。


セントライト記念 出走予定馬 ラップ適性診断

ここからはセントライト記念のラップ適性が高い馬をご紹介します。

クラックシックレースもしくはそのトライアルレースにおいて持続力勝負となったレースには”日本ダービー”、”青葉賞”、”弥生賞”の3レースがあげられます。この3レースともに道中のラップの緩みは生じていませんが、ラスト5ハロン前後からの持続力勝負となっています(ただし弥生賞は馬場状態が悪かったため注意が必要ですが)。

その点で考えれば、弥生賞・日本ダービーで好走しているニシノデイジー、青葉賞を勝っているリオンリオン、青葉賞・日本ダービーで結果を残したランフォザローゼス、弥生賞を勝っているメイショウテンゲンは適性が高いと考えられます。

またサトノの2頭、サトノラディウスとサトノルークスもディープインパクト産駒ながら母父が欧州型ノーザンダンサー系で瞬発力よりは持続力タイプの末脚の印象です。一定の適性は見込めるでしょう。


3戦3勝で注目のザダルは前走のプリンシパルステークスが高速馬場での瞬発力勝負のレースであったため、持続力タイプというよりは瞬発力に長けた馬の印象です。

ディープインパクト産駒のルヴォルグも同様に、溜めてキレる瞬発力タイプの馬と感じます。

3連勝中で勢いにのるオセアグレイトは3戦ともに2400m以上の緩やかな流れをラスト3ハロンの末脚で勝ちきっており、2400m以上の中長距離より早くなる流れと5ハロン前後での持続力勝負となった時にどうか、という点が懸念材料です。



以上、セントライト記念のラップ分析と出走予定馬のラップ適性について特集しました。最後までお読みいただきありがとうございました!




こちらの記事もおすすめ

Copyright© 競馬知恵袋 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.