2019年9月第2週 2019年ローズS KAZUの予想

ローズステークス2019 予想|血統で選ぶ馬券の狙い目!予想印大公開!!

投稿日:

競馬予想

こんにちは!KAZUです。
この記事では注目の重賞レース『ローズステークス(GⅡ)』の予想を特集します。

しっかりと予想していきますので、ぜひご参考ください!

ローズステークスの予想のポイント

まずはローズステークスの予想のポイントをご紹介します。


予想のポイント

  1. 好走血統はディープインパクト産駒。その上で母系が欧州型のスタミナ・パワータイプの血統
    過去5年のローズステークスではディープインパクト産駒が[3-3-1-16/23]と好成績。昨年のローズステークスはディープインパクト産駒が1着から3着までを独占。さらにディープインパクト産駒でも母系に欧州型血統を取り込む馬が好走傾向。

  2. 逃げ馬不在でペースはミドルペースもしくはスローペースに落ち着く
    今年のローズステークスは明確な逃げ馬が不在のメンバー構成。通常であればメイショウショウブがハナを切り、ゆったりとしたペースからの瞬発力勝負になると読む。ただしウィクトーリアのスタート次第で展開が変わる可能性があるので注意は必要。

  3. 求められるのはラスト3ハロンのキレ
    高速馬場でミドルからスローペースで集団がある程度固まって直線を迎えるとなれば、求められるのはラスト3ハロンのキレ。上り3ハロンで速い脚を使える瞬発力タイプの馬が有利。

ローズステークスの予想印

それでは、この予想のポイントをふまえたローズステークスの予想印とその根拠についてご紹介していきます。



【ローズステークス 予想印】

◎④ダノンファンタジー
〇⑩シゲルピンクダイヤ
▲③ビックピクチャー
△⑫スイープセレリタス
△⑥シャドウディーヴァ


◎(本命)④ダノンファンタジー

④ダノンファンタジー

父:ディープインパクト 母:ノットフォーセール 母父:Not For Sale


ディープインパクト産駒が好走血統となれば、本命は当然ながらダノンファンタジーです。

好走血統のディープインパクト産駒の最有力であるダノンファンタジー。母父Not For Saleはアルゼンチンで活躍した種牡馬ですが、血統はグレイソヴリン➢フォルティノ➢カロと続くラインで欧州型血統に近い特徴を持ちます。その点は好走血統の中でもさらに評価したいポイントです。

前日土曜日の阪神芝の血統傾向も短距離ながら10Rの芦屋川特別でディープインパクト産駒が1着から3着まで上位独占、ディープインパクト後継種牡馬のワールドエース産駒やキズナ産駒が好走と好調です。

またダノンファンタジー自身も阪神外回りコースは[3-0-0-1/4]と相性抜群です。本質的には1400m~1600mがベストな距離と考えますが、前走オークスの2400mから1800mへの距離短縮は大歓迎。

直前の追い切りも素軽いながらも力強いフットワークで走れており状態は万全です。懸念であった折り合いも前に馬をおける4番枠と絶好枠に入りました。

条件が揃ったここは勝ち負けと予想して本命とします。


〇(対抗)⑩シゲルピンクダイヤ

⑩シゲルピンクダイヤ

父:ダイワメジャー 母:ムーンライトベイ 母父:High Chaparral


瞬発力勝負となれば、対抗以上で抑えておきたいのがシゲルピンクダイヤです。

ダイワメジャー産駒らしからぬシャープな馬体に鋭い瞬発力が武器のシゲルピンクダイヤ。
その瞬発力も魅力ですが、母父がサドラーズウェルズ系のハイシャパラルであることもポイントです。過去5年のローズステークスでは、母父サドラーズウェルズ系の馬は[3-0-1-3/7]と優秀な成績をあげています。

中間の追い切りも春先までは脚元の不安により栗東坂路中心の内容でしたが、この秋はCW中心で調教が行われています。中間の調整過程は今回が一番いい印象で状態は万全といえるでしょう。

集団で直線を迎えれば大外一気の差し切り勝ちが期待できます。


▲(単穴) ③ビックピクチャー

③ビックピクチャー

父:ディープインパクト 母:ネヴァーピリオド 母父:タイキシャトル


好走血統がディープインパクト産駒の中で、近走好走しており格上挑戦のディープインパクト産駒となれば狙わないわけにはいかないのがビックピクチャーです。

半姉にはスピード能力に長けたGⅠ3勝馬のストレイトガールがおり、素質馬です。それにも関わらずまったく人気にならない今の状況は狙い目といえるのではないでしょうか。この状況だからこそ怖いディープインパクト産駒です。

前走も1勝クラスとはいえ3馬身半差の快勝。とにかくこの穴馬的要素は面白い一頭です。


△(連下) ⑫スイープセレリタス、⑥シャドウディーヴァ

単穴以降の連下にはハーツクライ産駒のシャドウディーヴァとスイープセレリタスの2頭を抑えます。

今開催の阪神芝1800mはハーツクライ産駒が7頭出走して4頭が馬券に絡む好成績。まさに直近の好走血統であるトレンド血統にあたります。シャドウディーヴァ、スイープセレリタスはハーツクライ産駒の素質馬です。予想印を打たないわけにはいきません。

特に⑫スイープセレリタスはLyphardの4×4のクロスが発生しており、先行して粘り込んでいい馬。6月生まれ遅生まれのハーツクライ産駒なので古馬になって本格化するタイプと思いますが、ここでもいい勝負はできそうです。



なお有力馬の一頭であるウィクトーリアは無印としました。

今回の予想の前提はスローもしくはミドルペースの瞬発力勝負。その点で考えれば大飛びで長くいい脚を使う脚質タイプのウィクトーリアは4着、5着想定です。

ただし、仮に課題のスタートをしっかりと決めてくればウィクトーリアが逃げる可能性は十分にあります。そうなれば予想の前提は一気に崩れますので、ウィクトーリアが勝ち負けになってくるでしょう。

ウィクトーリアの能力は高いですが、このレースに求められる適性の問題で無印としていることを最後に補足しておきます。



以上、この記事ではローズステークスの最終予想となる予想印を特集しました。
最後までお読みいただきありがとうございました。



動画で分かる!ローズステークスの最終予想

記事の内容は動画でも制作しており、YouTube『KAZUの競馬予想』チャンネルで公開しています。この動画で内容を確認したいという方は、ぜひご参考下さい!
(チャンネル登録やグッドボタンをいただけると嬉しいです!)

こちらの記事もおすすめ

-2019年9月第2週, 2019年ローズS, KAZUの予想

Copyright© 競馬知恵袋 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.