2019年 神戸新聞杯 2019年9月3週 KAZUの予想

神戸新聞杯2019 ラップ分析|求められる能力・適性を把握せよ!

更新日:

ラップ分析

こんにちは!KAZUです。
この記事では、ラップ分析から神戸新聞杯(GⅡ)で好走するために必要な能力・適性を考察します。

ラップ分析は馬券予想に役立つ有用なツールですので、ぜひご参考下さい!



なお最終予想となる予想印については下記の記事で公開しています




神戸新聞杯のラップ傾向

まずはじめに神戸新聞杯の過去5年のラップ傾向をチェックしましょう。


神戸新聞杯 ラップ傾向(過去5年)
神戸新聞杯 ラップ傾向(過去5年)

【レース全体の1ハロン平均ラップ】
12.1

【前半3ハロン平均ラップ-中間平均ラップ-上り3ハロン平均】
12.2-12.4-11.5

➢ラップ適性:瞬発力型(持続力兼備)

※数値は過去5年平均値


神戸新聞杯は前半3Fと中間平均ラップが12秒台前半、上り3Fが11.5のラップ構成でラップ適性としては、基本は”瞬発力型”となります

ただし上り3ハロン33秒台の末脚が必要になるというわけではなく、例年の勝馬の上り3ハロンは34秒台前半です。

末脚の持続力を兼ね備え、ラスト4ハロンもしくはラスト5ハロンから仕掛けていき、上り3ハロン34秒台前半でまとめる。このような持続力も兼ね備える瞬発力型の馬が狙い目です。

この点をポイントにして出走予定馬のラップ適性を判断していきます。


神戸新聞杯のラップ適性から考える推奨馬


ラップ適性 推奨馬

〇ヴェロックス

〇サートゥルナーリア


今年の神戸新聞杯の出走予定馬で、過去2000m以上のレースにおいて上り3ハロン34秒台前半の実績があるのはヴェロックス、サートゥルナーリア、キタサンバルカン、ジョウショームードの4頭です。ただしキタサンバルカン、ジョウショームードは該当レースで馬券に絡めていないことをふまえると除外。
そうなるとサートゥルナーリア、ヴェロックスの2頭が推奨馬となります。

ではラップ適性として2頭のどちらを優位に取るかといわれれば、個人的にはヴェロックスです。

ヴェロックス、サートゥルナーリアともに過去レースで上り33秒台の末脚はみせていません。つまりサートゥルナーリアが極端にキレる瞬発力型ではないということです。
現時点では両馬ともに持続力も兼ね備える瞬発力型の馬。

そうなれば、前につけれる先行力とジャスタウェイ産駒ならではの気性の良さを兼ね備えるヴェロックスを上位に取りたいです。



以上、神戸新聞杯のラップ分析と推奨馬について特集しました。最後までお読みいただきありがとうございました!




こちらの記事もおすすめ

-2019年 神戸新聞杯, 2019年9月3週, KAZUの予想

Copyright© 競馬知恵袋 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.