2019年 オールカマー 2019年9月3週 KAZUの予想

オールカマー 調教|外厩・追い切りから有力馬の状態を把握せよ!

更新日:

外厩・調教

こんにちは!KAZUです。
この記事では、注目の重賞レース『オールカマー(GⅡ)』の外厩情報と調教内容を特集します!

有力馬の1週前追切、最終追切の情報に加えて、予想のファクターとして重要度が高まる外厩情報をチェックして有力馬の状態をしっかりと見極めていきましょう。



なお最終予想となる予想印については下記の記事で公開しています




オールカマーの出走予定馬の外厩情報をチェック!

まず初めにオールカマーの出走予定馬の外厩情報についてチェックしておきましょう!



【オールカマー 外厩情報】

〇ノーザンファーム天栄
レイデオロ

〇ノーザンファームしがらき
グレイル

〇山元トレセン
スティッフィリオ

〇KSトレーニングC
ミッキスワロー

〇コスモヴューF
ウインブライト

〇松風馬事センター
エンジニア

〇テンコ―TC
クレッシェンドラヴ

〇栃木県
トニーファイブ


※その他の出走予定馬は在厩調整。


オールカマーの有力馬の最終追い切りを評価!

ここからは、この外厩情報をふまえた上でオールカマーの有力馬であるウインブライト、レイデオロ、ミッキスワローの3頭を中心に追切内容を交えながら状態を考察していきます。

状態の評価については、『S』『A』『B』『C』『D』の5段階評価で行います。


ウインブライト:評価A

【最終追い切り】
松岡 9/18 美浦南W 良 馬なり
68.7-54.0-39.9-12.4[7] 

最終追い切りは、美浦南Wでマイネルセリオン(古馬1勝クラス)と併せ馬で行われ、0.8秒(約4馬身)追走して最後は同入しています。少し頭が高い印象を受けますが、ウインブライトの特徴と考えれば問題ありません。走りは活気があって前向きな印象を受けます。

1週前の追い切りも美浦南Wでマイネルセリオンと併せ馬で行われ、こちらは0.8秒(約4馬身)追走して0.6秒(約3馬身)先着。

海外帰りの久々となりますが、状態は申し分なく好気配です。
状態評価は『A』です。

中山コースでの成績は[5-2-0-1/8]と相性抜群ですから、その点は高く評価できます。また今回芝2200mは初距離となりますが、血統的にスピードだけでなくスタミナを感じさせますから問題なくこなしてくるでしょう。


レイデオロ 評価B

【最終追い切り】
福永 9/19 美浦南W 稍 馬なり
69.9-54.1-39.9-12.9[7]

1週前に美浦南Wでゴーフォザサミット(古馬オープン)と併せ馬で5ハロン68.8-ラスト1ハロン12.1の時計をマーク。最終追い切りも美浦南Wでゴーフォザサミットと併せ馬で行われ、0.4秒(約2馬身)追走して最後は同入しています。
藤沢厩舎は強めの追い切りを行ってこないため、調教による調子の判断がそもそも難しいです。

秋のGⅠ戦線に向けての余裕残しの仕上げであることは間違いないですが、動き自体は軽快で力は発揮できる状態です。 気になったのが最終追い切りで、前半に少し頭をあげて行きたがる素振りを見せたこと。

年齢とともに気性面が難しくなってきている馬で、やはり課題は折り合いでしょう。またルメール騎手から福永騎手への乗り代わりとなるため、レイデオロ×福永騎手の相性も問われます。

最終的な状態評価は『B』とします。


ミッキスワロー 評価B

【最終追い切り】
菊沢 9/19 美浦南W 稍 馬なり
65.1-50.5-37.5-12.3[4]

最終追い切りは騎乗予定の菊沢騎手が騎乗して美浦南Wで単走・馬なりで行われました。

内を回ったわりに時計は平凡ですが、動きは好印象。頭が少し高いながらも小刻みに首を動かしリズムを取りながら、躍動感のあるフットワークで駆け抜けていきました。

ウインブライト、レイデオロとの力関係を図る必要がありますが、前走の七夕記念に続いて好走が期待できる状態です。
状態評価は『A』に近い『B』とします。

ウインブライト同様にミッキスワローも中山コースを得意としており、この馬の場合は既に中山芝2200mでの実績があるためコース適性は実証済みです。

最内枠に入ったため小頭数ながら、直線に向けてどのように捌いてくるかがポイントです。前走同様に早めからの大外マクリが基本パターンだと思いますが、思い切った騎乗に期待したいです。



最後に有力馬3頭以外で気になる馬をあげるとすればクレッシェンドラヴです。

最終追い切りは美浦南Wで併せ馬で行われ、ゴール前で仕掛けられる内容。5ハロン67.7-ラスト1ハロン11.6と終い重点で好時計をマークしています。併せてジン(古馬1勝クラス)を圧倒していますから、好気配です。抑えておくべき一頭でしょう。



以上、この記事では外厩情報や調教内容からオールカマーの有力馬の状態を特集しました。最後までお読みいただき、ありがとうございました。




こちらの記事もおすすめ

-2019年 オールカマー, 2019年9月3週, KAZUの予想

Copyright© 競馬知恵袋 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.