2019年 オールカマー 2019年9月3週 KAZUの予想

オールカマー2019 予想|血統で選ぶ馬券の狙い目!予想印大公開!!

投稿日:

競馬予想

こんにちは!KAZUです。
この記事では注目の重賞レース『オールカマー(GⅡ)』の予想を特集します。

しっかりと予想していきますので、ぜひご参考ください!

オールカマーの予想のポイント

まずはオールカマーの予想のポイントをご紹介します。


予想のポイント

  1. 父サンデー系で母系にナスルーラ系の血統を内包
    昨年2着のアルアインは父がディープインパクト、母父が小系統エーピーインディ系のEssence of Dubai。一昨年においても勝馬ルージュバックは父がマンハッタンカフェで母の母父がボールドルーラー系のBold Revenue。オールカマーではサンデー系産駒で血統の3代までにナスルーラ系の血統を内包する馬が好走

この好走血統などオールカマーの予想のポイントについては別の記事でまとめています。詳細が気になるという方はぜひご確認下さい。


オールカマーの最終予想!予想印公開

それでは、この予想のポイントをふまえたオールカマーの最終予想をご紹介します。


◎(本命)①ミッキスワロー

◎(本命)は①ミッキスワローです。

父が大系統サンデー系・小系統ディープ系のトーセンホマレボシ、母父がナスルーラの血を引くジャングルポケットでオールカマーの好走血統にあたります。

中山芝2200mは3戦して1着2回、2着1回と相性抜群です。ラスト4ハロン~5ハロン勝負の持続力型のレースで強い馬で、オールカマーでの適性を感じます。

内枠に入りましたが、前走の七夕賞と同じように大外から早めのマクリでの1着を期待します。


〇(対抗)⑦ウインブライト

〇(対抗)は⑦ウインブライトです。

父がサンデー系のステイゴールドで母父がナスルーラの血を引くアドマイヤコジーンの配合はミッキスワロー同様にオールカマーの好走血統にあたります。

中山コースは8戦して5勝2着2回と驚異的な成績を残しています。まさに中山巧者です。今回初めての芝2200mの距離となりますが、血統的には距離延長は問題なくこなしてくるでしょう。

前走香港のQE2世Cからは長期休養明けとなりますが、調教の動きもよくオールカマーでも好走が期待できます。


▲(単穴)⑧レイデオロ

▲(単穴)は⑧レイデオロです。

昨年のオールカマーの覇者で中山コースは5戦して3勝2着1回、馬券圏内を外したレースも皐月賞の5着ですから、この馬も中山コースを得意としています。

父キングカメハメハ×母父シンボリクリスエスの配合はオールカマーでも評価できる血統構成です。牝系も名牝系のHighclere。

実績、コース適性、血統から考慮しても本命であるべき一頭なのですが、年齢を重ねて課題となってきた気性面が気になります。また今回は主戦のルメール騎手が神戸新聞杯のサートゥルナーリアに騎乗するため福永騎手に乗り替わり。
その点を割り引き3番手評価としました。


△(連下)③クレッシェンドラヴ

最後に△(連下)として③クレッシェンドラヴを抑えます

父ステイゴールドに母父Sadler's Wells、母方にはナスルーラの血を引くShirley Heightsの血統を内包しています。中山芝2200mは4戦して1着2回、3着1回とコース適性も備えています。上位3頭に続く馬として抑えておきたい一頭です。



【オールカマー 予想印 まとめ】

◎①ミッキスワロー
〇⑦ウインブライト
▲⑧レイデオロ
△③クレッシェンドラヴ



以上、この記事ではオールカマーの最終予想を特集しました。
最後までお読みいただきありがとうございました。



動画で分かる!オールカマーの最終予想

記事の内容は動画でも制作しており、YouTube『KAZUの競馬予想』チャンネルで公開しています。この動画で内容を確認したいという方は、ぜひご参考下さい!
(チャンネル登録やグッドボタンをいただけると嬉しいです!)

こちらの記事もおすすめ

-2019年 オールカマー, 2019年9月3週, KAZUの予想

Copyright© 競馬知恵袋 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.