2019 日本テレビ盃 2019年9月3週 KAZUの予想

日本テレビ盃2019 予想|血統で選ぶ馬券の狙い目!予想印大公開!!

更新日:

競馬予想

こんにちは!KAZUです。
この記事では注目の交流重賞レース『日本テレビ盃(JpnⅡ)』の予想を特集します。

しっかりと予想していきますので、ぜひご参考ください!

日本テレビ盃の予想のポイント

まずは日本テレビ盃の予想のポイントとなる好走血統をご紹介します。


好走血統

  1. 米国型ノーザンダンサー系
    昨年2着馬アポロケンタッキーはLangfuhr産駒、3着のサウンドトゥルーはデピュティミニスター産駒、いずれも米国型ノーザンダンサー系の産駒。この2頭は一昨年はアポロケンタッキーが1着、サウンドトゥルーが2着と連対している。
    2016年2着馬のモーニンの父ヘニーヒューズも米国型ノーザンダンサー系。直近3年は米国型ノーザンダンサー系が好走傾向。

日本テレビ盃の最終予想!予想印公開

それでは、この予想のポイントをふまえた日本テレビ盃の最終予想をご紹介します。


◎(本命)⑪クリソベリル

◎(本命)は⑪クリソベリルです。

ここまで4戦4勝。4戦で2着馬との差を合計すると22馬身。既にダート界の怪物のオーラが漂う一頭です。

ゴールドアリュール産駒の日本テレビ盃での成績は、クリソベリルの全兄であるクリソライトが2014年に1着、2015年に2着と好走。また2015年3着馬のコパノリッキーもゴールドアリュール産駒です。

兄妹には全兄のクリソライトだけでなく半姉マリアライト、半兄にリアファル。叔父にはダートで活躍したアロンダイト。従兄弟にはブラックスピネル、ダンビュライトなどがおり、近親馬はそうそうたる面子です。

過去4戦の強さと全兄がこのレースの勝馬、そしてこの血統全体の背景を考慮すればこのレースはあっさりと勝ちきってほしいところです。


〇(対抗) ⑤ノンコノユメ

〇(対抗)は⑤ノンコノユメです。

父がフォーティナイナー系のトワイニング、母父がアグネスタキオンの配合でフォーティナイナーのパワフルなスピードとダート適性を基本にしつつ、母系から瞬発力を取り込んだ印象の血統構成です。

地方に転厩して帝王賞3着、サンタアニタトロフィ1着と中央での不振から脱却して息を吹きかえました。地方の砂が合っているのでしょう。

とにかく爆発力がある馬で展開がハマれば激走してきます。仮にクリソベリルを破る馬がいるとすれば、ノンコノユメが筆頭格です。


▲(単穴)⑨アポロケンタッキー

▲(単穴)は⑨アポロケンタッキーです。

父が好走血統である米国型ノーザンダンサー系のLangfuhr、母父がGone West 、母の母父がSalt Lakeと米国型血統中心でいかにも大型馬ダート向きという血統構成です。

全盛期と比べると勢いに陰りが見えますが、日本テレビ盃は過去の好走馬が走るリピートレースでもあります。昨年2着、一昨年1着の成績を加味すれば軽視することはできません。

単穴でしっかりと抑えておきたい一頭です。


△(連下)⑥ヒラボクラターシュ、⑩ロンドンタウン

最後に△(連下)として⑥ヒラボクラターシュ、⑩ロンドンタウンを抑えます!

どちらも前走は大敗をしている2頭ですが、自分の形に持ち込めれば力はある2頭です。特に両馬ともに脚抜きがよい道悪馬場を得意としていますので、馬場状態が道悪になれば評価を高めたい2頭です。



【日本テレビ盃 予想印 まとめ】

◎⑪クリソベリル
〇⑤ノンコノユメ
▲⑨アポロケンタッキー
△⑥ヒラボクラターシュ
△⑩ロンドンタウン



以上、この記事では日本テレビ盃の最終予想を特集しました。
最後までお読みいただきありがとうございました。



動画で分かる!日本テレビ盃の最終予想

記事の内容は動画でも制作しており、YouTube『KAZUの競馬予想』チャンネルで公開しています。この動画で内容を確認したいという方は、ぜひご参考下さい!
(チャンネル登録やグッドボタンをいただけると嬉しいです!)

こちらの記事もおすすめ

-2019 日本テレビ盃, 2019年9月3週, KAZUの予想

Copyright© 競馬知恵袋 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.