2019年 シリウスS 2019年9月4週 KAZUの予想

シリウスステークス2019 予想|血統データから好走馬を見抜け!

更新日:

好走血統

こんにちは!KAZUです。
この記事では、注目の重賞レース『シリウスステークス(GⅢ)』の予想のポイントとなる好走血統を特集します。

過去の好走馬の血統を好走血統と位置づけてしっかりと分析していきます。血統傾向にもとづく推奨馬もご紹介します。馬券予想にぜひご参考ください!



なお最終予想となる予想印については下記の記事で公開しています




シリウスステークスの予想のポイントとなる好走血統

まず初めにシリウスステークスを予想する上で抑えておきたい好走血統をご紹介します。この好走血統については、シリウスステークスの過去10年間の好走馬(3着内馬)の血統を分析して導いています。


シリウスステークス 好走血統

父キングカメハメハ


シリウスステークスではキングカメハメハ産駒が走ります。

過去10年のシリウスステークスでは16頭のキングカメハメハ産駒が出走しており、1着1回、2着3回、3着2回。勝率こそ6.3%ですが、連対率25.0%、複勝率37.5%と好成績です。
直近では一昨年にドラゴンバローズが5番人気で2着と好走しています。


キングカメハメハ産駒はダートの中距離では、どの競馬場でも安定的に走ります。その中でも最も成績がいいのが阪神ダート2000mコースで、このコースの勝利占有率は12.5%、単複回収率も100%を大きく超えています。

後継種牡馬であるルーラーシップ産駒も該当レース数が少ないものの、キングカメハメハ同様に好成績です。阪神ダート2000mではキングカメハメハの血に大きな信頼がおけるといえるでしょう。


シリウスステークスの血統傾向にもとづく推奨馬

それではここからはシリウスステークスの出走予定馬の中から、好走血統にあたる推奨馬をチェックしていきましょう。


好走血統の出走予定馬

  • ジョーダンキング
  • ロードアルペジオ

推奨馬の1頭目はジョーダンキングです。

母フューチャサンデーはサンデーサイレンス産駒で、現役時代はクイーンC(GⅢ)1着など活躍した馬。キングカメハメハ×サンデーサイレンスの配合は基本的に芝血統ですが、このジョーダンキングについてはダートに適性が出ました。

シリウスステークスでのキングカメハメハ×サンデーサイレンスの配合の活躍馬は2009年3着のゴールデンチケットがいます。

芝でも走れそうな血統のため、ダートでも脚抜きのいい道悪馬場が能力を発揮する舞台です。道悪になれば上り3ハロン35秒台の鋭い末脚を繰り出します。期待の一頭です。


続いて推奨馬の2頭目はロードアルペジオです。

父キングカメハメハに母父がPoint Givenで父と母父の組み合わせがミスプロ×ミスプロの配合です。母父Point Givenは現役時代、米国のプリークネスステークス、ベルモントステークスを制して二冠馬に輝いた活躍馬。馬格がとにかく大きい馬で中距離ダートでのパワーとスピードが特徴です。

ロードアルペジオの競走馬としての能力の基盤はこのPoint Givenにあると考えており、Point Givenらしい中距離ダートでのパワフルなスピードを活かした力強い差し脚が魅力の一頭です。

平坦コースよりは急坂コース、砂質も軽めよりは重めを得意としており、阪神ダート2000mはロードアルペジオにとってピッタリなコースです。このコースは初めてとなりますが、阪神ダートコース自体は4戦して1着2回、2着1回、3着1回と抜群の成績ですから期待が持てます。


最後に推奨馬の2頭ですが、脚抜きのいい道悪になればジョーダンキング、力のいる良馬場ではロードアルペジオと分けて考えてもよいかもしれません。



以上、この記事ではシリウスステークスの好走血統と推奨馬を特集しました。最後までお読みいただきありがとうございました。



動画で分かる!シリウスステークスの好走血統と推奨馬

記事の内容は動画でも制作しており、YouTube『KAZUの競馬予想』チャンネルで公開しています。この動画で内容を確認したいという方は、ぜひご参考下さい!
(チャンネル登録やグッドボタンをいただけると嬉しいです!)

こちらの記事もおすすめ

-2019年 シリウスS, 2019年9月4週, KAZUの予想

Copyright© 競馬知恵袋 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.