2019年 スプリンターズS 2019年9月4週 KAZUの予想

スプリンターズステークス 調教|外厩・追い切りから有力馬の状態を把握せよ!

更新日:

外厩・調教

こんにちは!KAZUです。
この記事では、秋のスプリント王決定戦『スプリンターズステークス(GⅠ)』の外厩情報と調教内容を特集します!

有力馬の1週前追切、最終追切の情報に加えて、予想のファクターとして重要度が高まる外厩情報をチェックして有力馬の状態をしっかりと見極めていきましょう。



なお最終予想となる予想印については下記の記事で公開しています




スプリンターズステークスの出走予定馬の外厩情報をチェック!

まず初めにスプリンターズステークスの出走予定馬の外厩情報についてチェックしておきましょう!



【スプリンターズステークス 外厩情報】

〇ノーザンファーム
リナーテ

〇ノーザンファームしがらき
ディアンドル

〇吉澤S-WEST
モズスーパーフレア

〇グリーンウッド
アレスバローズ

〇阿見トレセン
ノーワン

〇小国スティーブル
レッツゴードンキ


※その他の出走予定馬は在厩調整。


スプリンターズステークスの有力馬の最終追い切りを評価!

この外厩情報をふまえた上でスプリンターズステークスの有力馬であるダノンスマッシュ、タワーオブロンドン、モズスーパーフレア、ディアンドル、ミスターメロディの5頭を中心に追切内容を交えながら状態を考察していきます。

状態の評価については、『S』『A』『B』『C』『D』の5段階評価で行います。


ダノンスマッシュ:評価A

【最終追い切り】
川田 栗東坂路 馬なり
52.3-37.3-24.0-12.0 

1週前追い切りが同じく栗東坂路でラスト強めに追って4ハロン52.5-ラスト1ハロン12.0。最終追い切りは馬なりで時計を詰めてきました。短距離馬にしてはピッチよりはストライド寄りの走りですが、躍動感があって高評価です。
懸念されている急坂対応についても、坂路馬なりで加速ラップ的な時計が出せるのですから問題は感じません。

仕上がり十分で状態評価は『A』です。


タワーオブロンドン:評価B

【最終追い切り】
北村宏 美浦南W 馬なり
68.9-53.2-39.5-12.7[8]

藤沢厩舎お馴染みの馬なり調教で判断がしづらい部分がありますが、首を上下にリズミカルに動かしながら走る"軽快なフットワーク”は好印象です。時計も外目を通り、馬なりであることを考えれば評価できます。

あとはローテーションによる疲労度をどう捉えるかです。個人的には母系がMill ReefやSadler's Wellsといった重厚な欧州血統であるため、逆に間隔を詰めて叩いていい馬ではないかと考えています。

最終的な状態評価は『B』です。


モズスーパーフレア:評価A

【最終追い切り】
松若 栗東坂路 終い強め
52.1-37.6-23.9-11.7

1週前追切は栗東坂路で早めから仕掛けて、最後鞭を入れ一杯に追って5ハロン49.7-ラスト1ハロン12.8の好時計。ラスト1ハロンがバテた印象を受けますが、全体時計は好時計ですので高評価です。
最終追い切りは同じく栗東坂路で、馬なりから最後強めに追って5ハロン52.1-ラスト1ハロン11.7。こちらも好時計でかなり状態はよさそうです。

追い切り内容に加えて注目は前走から馬体重をどこまで絞ってくるかです。前走が+26㎏で506kgですから、少なくとも490kg台には乗せてきてほしいところ。

状態自体は間違いなく好仕上がりです。評価は『A』とします。


ディアンドル:評価A

【最終追い切り】
助手 栗東坂路 馬なり
52.4-36.9-23.6-11.7

1週前追い切り、最終追い切りともに栗東坂路で行われました。どちらも馬なりで追い切りが行われていますが終い重点の内容で、ラスト1ハロンは11秒台ですから評価ができます。
もともと調教で走る馬ではありませんが、今回は動き、時計ともに抜群です。状態は非常に良いと感じますので、状態評価は『A』です。


ミスターメロディ:評価C

【最終追い切り】
福永 栗東芝 馬なり
62.8-47.4-34.4-11.9

最終追い切りは栗東芝で行われたミスターメロディ。動き自体はパワフルでこの馬らしさが出ていて悪くありません。またローテーションとしても前走セントウルステークスの長期休養明けから叩いての上積みが期待できるでしょう。

ただし気になるのが右回りコースの適性で、この最終追切でもずっと右手前で走っていました。通常であれば直線に入ったところで左手前に手前を変えるはずなのですが・・・。成績を見ても右回りでのレースは左回りよりも成績が劣っており、今回の最終追切でも、その適性を露呈した印象です。

そのような意味から厳しめとなりますが評価は『C』とします。



ここまでダノンスマッシュ、タワーオブロンドン、モズスーパーフレア、ディアンドル、ミスターメロディの有力馬5頭の状態に対する評価をご紹介しました。



以上、この記事では外厩情報や調教内容からスプリンターズステークスの有力馬の状態を特集しました。最後までお読みいただき、ありがとうございました。




こちらの記事もおすすめ

-2019年 スプリンターズS, 2019年9月4週, KAZUの予想

Copyright© 競馬知恵袋 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.