2019年 白山大賞典 2019年10月1週 KAZUの予想

白山大賞典 2019 予想|血統から選ぶ本命馬を公開!

更新日:

競馬予想

こんにちは!KAZUです。
この記事では交流重賞『白山大賞典(JpnⅢ)』の予想を特集します。

今年の白山大賞典には、グリムやテルペリオンといった実績馬、上り馬のリアンヴェリテ、3歳馬デルマルーヴルやノーヴァレンダなど好メンバーが揃いました。

注目の白山大賞典をしっかりと予想していきます。ぜひご参考ください!


白山大賞典の最終予想!予想印公開

それでは早速ですが、白山大賞典の予想印についてご紹介します。


【白山大賞典 予想印】

◎⑤リアンヴェリテ
〇④デルマルーヴル
▲⑩グリム
△⑧テルペリオン



今年の白山大賞典の本命は⑤リアンヴェリテです。

今春以降メキメキと力をつけてきたリアンヴェリテ。3走前の大沼ステークス、前々走マリーンステークスを快勝して臨んだ前走のエルムステークスは先行馬総崩れの超ハイペースの中で先行して5着と粘りを発揮しました。
先行しながらリアンヴェリテよりも後ろにつけたタイムフライヤーやグリムが掲示板を外す中で、積極的に攻めた上で5着に粘ったレース内容は評価ができます。

血統に目を向けると父がゴールドアリュールで母がルミエールヴェリテ、母父がCozzene(コジーン)の配合。父ゴールドアリュールは母父Nureyev(ヌレイエフ)から豊富なパワーを受け継ぎ、 砂質が重い地方の交流重賞でも活躍馬を送り出す種牡馬です。この点は高評価です。

母系が母父Cozzene(コジーン)、母の母父ダンチヒ系のHonor Grades(オナーグレイズ)と続くため2100mの距離適性に不安を覚えますが、小回り平坦コースでコーナーが多い金沢ダート2100mであれば"距離は持つ"と判断しました。
この金沢競馬場の小回り平坦コースは、リアンヴェリテにとって大きなプラスに働くと考えています。

テルペリオンとの先行争いが気にはなりますが、リアンヴェリテのテンの速さは現在のダート中距離路線ではトップクラスです。その個性を活かしてハナを切りレースの主導権を握れば、軽快に飛ばして味のある競馬ができるはずです。

今年の白山大賞典はリアンヴェリテの初重賞制覇に期待したいと思います。


なお本命であるリアンヴェリテ以降の予想印については、対抗④デルマルーヴル、単穴⑩グリム、連下⑧テルペリオンに印を打ちました。

デルマルーヴルは、今年の3歳ダート世代はクリソベリルを筆頭にレベルが高いと感じています。またエーピーインディ系のパイロ産駒であることも魅力です。

グリムは昨年のこのレースを勝っていることからレース適性は高いと考えますが、外枠になったため割り引いて単穴まで。テルペリオンは連下評価ですが、上位拮抗の評価ですので侮れません。



以上、この記事では白山大賞典の最終予想を特集しました。馬券予想にご参考になれば嬉しいです。
最後までお読みいただきありがとうございました。



こちらの記事もおすすめ

-2019年 白山大賞典, 2019年10月1週, KAZUの予想

Copyright© 競馬知恵袋 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.