2019年 京都大賞典 2019年10月1週 KAZUの予想

京都大賞典 2019 予想|血統で選ぶ本命馬公開!

投稿日:

競馬予想

こんにちは!KAZUです。
この記事では、注目の重賞レース『京都大賞典(GⅡ)』の予想を特集します。

最強の1勝馬エタリオウや天皇賞(春)2着のグローリーヴェイズ、安定感抜群のダンビュライト、大阪杯5着のエアウィンザーなど好メンバーが揃いました。

血統を軸にしっかりと予想していきます。ぜひご参考ください!


なお、この記事の内容は動画を制作してYouTubeでも予想を公開しています。文章よりは動画で予想を確認したいという方は、ぜひ動画をご覧ください!

YouTubeのチャンネルでは重賞レースの最終予想を、毎週動画で分かりやすくご紹介しています。チャンネル登録がまだの方は、ぜひ登録をよろしくお願い致します!




京都大賞典 2019 予想|血統で選ぶ本命馬公開!

まず初めにこの記事の内容についてご紹介します。

この記事は京都大賞典の予想のポイントとなる好走血統と展開想定、そのポイントをふまえた最終予想の3本立ての内容となっています。



なお僕の予想法は、血統を軸にして、その上で展開やラップ、出走馬の状態、馬場傾向などをふまえた予想法を取っています。その点をふまえて予想をご確認いただければと思います。

それでは予想にまいります!


京都大賞典 予想のポイント(好走血統)

まず初めに京都大賞典を予想する上で抑えておきたい好走血統をご紹介します。この好走血統については、京都大賞典の好走馬(3着内馬)の血統を分析して導いています。

【京都大賞典の好走血統】

・リファールの血統


京都大賞典はスピードの持続力に優れ、先行して粘り強さが武器のリファールの血統が好走傾向です。

2017年の勝馬スマートレイア―はLyphard(リファール)の4x4x5のクロスを持っていますし、2016年の勝馬キタサンブラックもLyphard(リファール)の4x4のクロスを持っています。

また2014年、2013年に3着と好走したトーセンラーもLyphard(リファール)の4x4のクロス持ちです

好走血統は『リファールの血統』。
京都大賞典を予想する上でしっかりと抑えておきたい血統傾向といえるでしょう。


京都大賞典の展開想定

次に京都大賞典の想定される展開を予想します。

今回の京都大賞典のメンバーでは、強くハナを主張する馬は見当たりません。その中でハナを切ってペースを握るのはパリンジェネシスかドレッドノータスと考えています。

有力馬のグローリーヴェイズ、エタリオウは中段、エアウィンザーはその2頭よりは前につけるのではないかと予想します。

ペースはスローペースが想定され、開幕週の馬場状態を考えると前残りが想定されます。この点も予想にしっかりと反映していきたいところです。


京都大賞典 最終予想!予想印とその根拠

それではここからは、好走血統や展開の想定など予想のポイントをふまえて京都大賞典の最終予想として予想印をご紹介します。


◎(本命) ⑭ダンビュライト

本命は⑭ダンビュライトです

父ルーラーシップ×母父サンデーサイレンス、母はタンザナイトの血統構成のダンビュライト。叔母にはクリソプレーズがおり、従兄妹にはクリソライトやマリアライト、リアファル、クリソベリルといった活躍馬がいます。

父ルーラーシップ×母父サンデーサイレンスの配合馬はダンビュライトの他にメールドグラースやムイトオブリガードなどの活躍馬がおり、キレる末脚というよりはいい脚を長く使う脚質が多い血統です。

前走大阪杯はメンバーレベルが高く9着と敗れましたが、ルーラーシップ産駒らしく毎レース淡々と自分の力を発揮してくるのがダンビュライトの個性です。大掛けはありませんが、GⅠレベルから一段メンバーレベルが落ちる重賞では好走が確実に期待できます。

今回の京都大賞典は6か月半の長期休養明けとなりますが、中間の追い切りは乗り込み十分で力はしっかりと発揮できる状態です。開幕週の早い時計が出やすい馬場との相性が懸念材料ですが、一方で前残りの馬場状態ともいえ、その点は先行脚質のダンビュライトにとってプラスに働きます。

ペースもスローペースになりそうですから、先行して早め先頭で直線を迎えればルーラーシップ産駒らしい長くいい脚が発揮できます。京都も相性のいいコースですから好走を期待して本命とします!


〇(対抗) ⑯グローリーヴェイズ

対抗は⑯グローリーヴェイズです!

スタミナ豊富なメジロ牝系の母メジロツボネにディープインパクトを配合したグローリーヴェイズ。好走血統のLyphardの4x5のクロスを持つことが大きな魅力です。 母父は短距離適性の高いスウェプトオーヴァーボードですが、メジロ牝系の影響が強くスタミナが豊富で中長距離に適性があります。

今年初戦で勝利した日経新春杯は強い競馬でしたし、京都芝2400mでの適性を示しました。リファールらしい器用な立ち回りと早め先頭で粘り切るレース内容は高評価できます。

前走の天皇賞(春)は敗れたとはいえ、フィエールマンと僅差の2着。直線手前からラストまで繰り広げられたフィエールマンとの叩き合いはこの馬の粘り強さや持続力を感じさせます。

今回は既に実績のある京都芝2400mで行われるレース。メンバーの中では、最もコース適性が高い馬と考えています。

ディープインパクト産駒にとって開幕週で時計の出やすい馬場は持ってこいの舞台ですし、俊敏性に加えて接戦での強さを兼ね備える馬です。

ここでの馬券圏外は個人的に考えづらく、対抗とはいえ信頼度は非常に高いです!


▲(単穴) ⑨エアウィンザー

単穴では⑨エアウィンザーを推奨します

父キングカメハメハに母エアメサイアの血統構成で、母エアメサイアが京都で行われる牝馬クラシックの秋華賞を勝ったように仔も京都でよく走ります。

全兄のエアスピネルは4勝中2勝が京都で行われた重賞レースですし、エアウィンザーも京都で5戦して1着3回、2着2回と連対を外しておらず抜群の成績を残しています。

京都芝2400mへの距離延長が若干不安視されますが、兄エアスピネルが菊花賞で好走したように、この血統は距離適性が幅広く距離に対する柔軟性を持っていいます。距離延長にも十分に対応できるでしょう。

前目につけることができる脚質も魅力ですし、キングカメハメハ産駒らしく小回りが効く機動力を持っています。
16戦して馬券圏外は前走の大阪杯5着と3歳時の共同通信杯の6着の2戦のみ。この堅実性は高く評価したいところです!


続いては、要注意の特注馬として星で推奨する馬をご紹介します。


☆(星)①ノーブルマーズ

星の特注馬として推奨したいのが①ノーブルマーズです。

グレイゾヴリン系の父ジャングルポケット×ロベルト系の母父Silver Hawk(シルヴァーホーク)の配合が示す通り、機動力に優れ、いい脚を長く、そして粘り強く使える点がこの馬の個性です。

本来は急坂があって小回りの中山や阪神の内回りコースでの適性が高い馬ですが、今回のスローペースの展開と前残りの馬場状態を考えれば本命のダンビュライト同様に面白い一頭ではないかと考えています。

ダンビュライト同様に先行して積極的に仕掛けていって、馬券圏内への粘り込み、あわよくば連対を期待したい一頭です!


△(連下) ⑥シルヴァンシャー、④エタリオウ

最後に連下として抑えておきたいのが、⑥シルヴァンシャーと④エタリオウの2頭です!

シルヴァンシャーは3勝クラス勝利後に6か月半の休養を挟んでいきなり臨む重賞レースですが、好走血統のLyphardの4x5のクロスを持っている血統は魅力です。 全兄のロイカバードも京都を得意としていましたし、コース適性は高いといえます。メンバーレベルが一気に上がって、どこまで力が通用するか楽しみな一頭です。

実績馬エタリオウは近走は奮いませんが、メンバー中でも能力は1、2を争います。不器用な脚質とスローペース、前残りで時計が出やすい馬場との咬み合わせが悪いと判断して連下まで評価は下げましたが、実力から無印というわけにはいきません。何より鞍上の横山典弘騎手が不気味です。



京都大賞典 予想印のまとめ

それでは最後に京都大賞典の予想印をまとめます!

【京都大賞典 予想印 まとめ】

◎⑭ダンビュライト
〇⑯グローリーヴェイズ
▲⑨エアウィンザー
☆①ノーブルマーズ
△⑥シルヴァンシャー
△④エタリオウ



以上、この記事では京都大賞典の最終予想をご紹介しました。ご紹介した内容が馬券予想のお役に立てれば嬉しいです!
最後までお読みいただきありがとうございました。


こちらの記事もおすすめ

-2019年 京都大賞典, 2019年10月1週, KAZUの予想

Copyright© 競馬知恵袋 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.