2019年10月1週 KAZUの予想 毎日王冠

毎日王冠 2019 予想|血統で選ぶ本命馬公開!

投稿日:

競馬予想

こんにちは!KAZUです。
この記事では、天皇賞(秋)に向けた注目のトライアルレース『毎日王冠(GⅡ)』の予想を特集します。

連覇を目指すアエロリット、今年の安田記念勝馬のインディチャンプ、GⅠ馬ペルシアンナイト、モズアスコット、ダービー2着の3歳馬ダノンキングリーなど超豪華メンバーが集まりました。

血統を軸にしっかりと予想していきます。ぜひご参考ください!


なお、この記事の内容は動画を制作してYouTubeでも予想を公開しています。文章よりは動画で予想を確認したいという方は、ぜひ動画をご覧ください!

YouTubeのチャンネルでは重賞レースの最終予想を、毎週動画で分かりやすくご紹介しています。チャンネル登録がまだの方は、ぜひ登録をよろしくお願い致します!




毎日王冠 2019 予想|血統で選ぶ本命馬公開!

まず初めにこの記事の内容についてご紹介します。

この記事は毎日王冠の予想のポイントとなる好走血統と想定展開、そのポイントをふまえた最終予想の3本立ての内容となっています。



なお僕の予想法は、血統を軸にして、その上で展開やラップ、出走馬の状態、馬場傾向などをふまえた予想法を取っています。その点をふまえて予想をご確認いただければと思います。

それでは予想にまいります!


毎日王冠 予想のポイント(好走血統)

まず初めに毎日王冠を予想する上で抑えておきたい好走血統をご紹介します。この好走血統については、毎日王冠の好走馬(3着内馬)の血統を分析して導いています。

【毎日王冠の好走血統】

・ストームキャットの血


毎日王冠ではマイル寄りの豊かなスピードが特徴のストームキャットの血を内包する馬が走ります。

2017年の勝馬リアルスティール、2着のサトノアラジンは父ディープインパクト×母父ストームキャットのニックス配合ですし、2015年勝馬のエイシンヒカリも同じ血統背景です。

過去10年の毎日王冠で母父にストームキャットを持つ馬は5頭出走していますが、1着2回、2着1回と好成績。馬券圏内を外した2頭についても、4着と6着ですからそれなりには結果を残しています。

その中でも注目なのは、父ディープインパクト×母父ストームキャットのニックス配合です。この配合馬は過去10年でリアルスティール、サトノアラジン、エイシンヒカリと3頭出走していますが、1着2回、2着1回と必ず馬券に絡んでいます。

好走血統は『ストームキャットの血統』。
毎日王冠を予想する上でしっかりと抑えておきたい血統傾向といえます。


毎日王冠の想定展開

つぎに毎日王冠の想定される展開を予想します。

ハナを切るのは③アエロリットでしょう。海外レースを除く直近4走はいずれもハナを切って逃げています。ワンペースでペースを緩ませず、11秒台前半のラップを刻んで粘り切るのがこの馬の逃げのスタイルです。

参考となるのがアエロリットが勝った昨年の毎日王冠で、昨年は前半3ハロン11.7、中間3ハロン11.8、後半3ハロンが11.2となっています。終始11秒台のラップを刻み、上り3ハロン33.8でまとめています。

今年については昨年の毎日王冠で出走したキセキのような力のある先行馬が不在のメンバー構成です。マイネルファンロンの出方は気になりますが、アエロリットに競り掛けていくシーンは想定しづらく、すんなりとアエロリットがハナを切っていくでしょう。
アエロリットが逃げるのでペースが極端に緩むことはないと思いますが、レース全体のペースは昨年よりも中間3ハロンが緩み、スローペースよりのミドルペースを想定します。


毎日王冠 最終予想!予想印とその根拠

それではここからは、好走血統や想定展開など予想のポイントをふまえて毎日王冠の最終予想として予想印をご紹介します。


◎(本命) ⑨ダノンキングリー

本命は⑨ダノンキングリーです

父ディープインパクト×母父ストームキャットの配合のダノンキングリー。好走血統でもご紹介しましたが、この配合馬は毎日王冠で過去3頭の馬が出走しており、いずれも連対しています。

東京芝1800mのレースを分析しても、父ディープインパクト×母父ストームキャットの馬は単複回収率が100%を超えていますし、重賞になればさらにその成績は跳ね上がります。

血統的に距離適性は芝1600m~2000mがベストな馬で、ダービーからの距離短縮はこの馬にとって好材料です。3歳馬のため斤量も54kgと恵まれました。

展開としてはアエロリットを射程圏内に抑える3,4番手の位置付け、レースを進めると予想しています。アエロリットが作るであろうワンペースの展開は前走のダービーで経験済みで既に対応力を示しています。

ピッチ走法の機動力を活かして直線手前から徐々に進出、直線でアエロリットを捕まえに行き、ラスト1ハロンで終いがキレる分だけアエロリットを捉え、抑え込む。そのような競馬を期待しています!


〇(対抗) ③アエロリット

対抗は③アエロリットです!

ヴァイスリージェント系の父クロフネの影響が色濃く出ているアエロリット。米国血統らしくテンから飛ばしてワンペースで逃げて、ゴールまで粘り切る競馬が好走パターンです。

右回りコースになると適性から若干不安を覚えますが、左回りコースでの信頼度は高く、海外遠征のペガサスワールドカップを除けば過去8戦して[3-3-0-2/8]と好成績。馬券圏外を外した2戦もヴィクトリアマイルの僅差の4着と5着です。

昨年の毎日王冠ではステルヴィオやキセキを逃げて完封しており、レース適性も高いです。休み明けも好走しており、まったく問題ありません。また今回は昨年のキセキといった力のある先行馬がいないため展開も進めやすいと考えています。

その中で懸念材料をあげるとすれば初騎乗となる津村騎手との相性でしょう。アエロリットは、この馬のペースで逃げることが好走パターンですから、先行馬や差し馬と違い、初騎乗ではより難しさが生じます。またアエロリットの特徴を知る戸崎騎手がダノンキングリーに騎乗するのも気になるところです。

この不安材料を考慮してダノンキングリーを上位と取り、アエロリットは対抗評価としました。


▲(単穴)⑩モズアスコット

単穴で推奨するのが⑩モズアスコットです。

父がサドラーズウェルズ系のFrankel(フランケル)のモズアスコット。Frankelはサドラーズウェルズの影響が大きく、そのサドラーズウェルズは名牝系であるSpecial(スペシャル)の影響が大きいです。

このSpecialは気性が前向きで毎レース真面目に走るのが血の特徴で、そのためFrankel産駒は一度調子を崩すと、立て直すのが難しいと言われています。

その中でモズアスコット自身は直近4戦連続で掲示板を外しており、現在は不調期です。ただし直近の追い切りを見ると春よりも動きがいい印象で、秋初戦で走りに対する持ち直しを感じさせます。

アエロリットが作るであろうワンペースの持続力勝負の展開は、スタミナと底力が特徴のサドラーズウェルズの血統と相性はいいはずです。

精神面からくる課題が休養を挟んでリフレッシュし、解消されることを期待してモズアスコットの激走に期待します。


△(連下) ④インディチャンプ

連下は④インディチャンプです。

祖母は名牝系の礎を築きつつあるトキオリアリティーで、この牝系からはインディチャンプの他にリアルインパクト、ネオリアリズム、アイルラヴァゲインといった活躍馬が輩出されています。

In Reality(インリアリティ)の影響を強く受ける牝系で優れたスピードを産駒に伝えるのが特徴です。そのためインディチャンプもステイゴールド×キングカメハメハの配合ながらマイルを適性距離としています。

叔父にあたるリアルインパクトは毎日王冠で2着と好走しており、インディチャンプ自身も3歳春に芝1800mの重賞レース毎日杯(GⅢ)で3着と好走しているため距離は問題ありません。また休み明けでも走ります。

前走の安田記念ではアエロリットが作るワンペースの展開で勝ちきっているわけですから、アエロリットが作る持続力勝負の展開も向きます。
またステイゴールド産駒で4歳秋になっての成長力も期待できます。

最終的に追い切りがもう少し動いてほしかったので評価は連下としましたが、上位馬と能力は拮抗しており、侮れない一頭です!


その他では、前走の札幌記念で5着と復調を感じさせるGⅠ馬のペルシアンナイト、ディープインパクト産駒で舞台適性が高いケイアイノーテック、ギベオン、この3頭についても評価をしておきたい馬です。
ただし、そこまで予想印を回すと多くなりすぎるため自重しています。その点も補足をしておきます。



毎日王冠 予想印のまとめ

それでは最後に毎日王冠の予想印をまとめます!

【毎日王冠 予想印 まとめ】

◎⑨ダノンキングリー
〇③アエロリット
▲⑩モズアスコット
△④インディチャンプ



以上、この記事では毎日王冠の最終予想をご紹介しました。ご紹介した内容が馬券予想のお役に立てれば嬉しいです!
最後までお読みいただきありがとうございました。


こちらの記事もおすすめ

-2019年10月1週, KAZUの予想, 毎日王冠

Copyright© 競馬知恵袋 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.