2019年 府中牝馬S 2019年10月2週 KAZUの予想

府中牝馬ステークス 2019 予想|血統傾向とデータ、ラップで導く推奨馬公開!

更新日:

好走血統

こんにちは!KAZUです。
この記事では、注目の重賞レース『府中牝馬ステークス(GⅡ)』の予想を特集します。

プリモシーン、ラッキーライラック、カンタービレ、ソウルスターリング、クロコスミアなどいいメンバーが揃いました。

レース傾向や好走血統、そして推奨馬と府中牝馬ステークスをしっかりと予想していきます。ぜひご参考ください!


なお最終予想となる予想印については、下記の記事でご紹介しています。
こちらもご参考下さい!



府中牝馬ステークス 2019 予想|血統傾向とデータ、ラップで導く推奨馬公開!

まず初めにこの記事の内容についてご紹介します。

この記事は府中牝馬ステークスの予想のポイントとなるレース傾向と血統傾向(好走血統)、そして予想のポイントをふまえた推奨馬をご紹介する3本立ての内容となっています。



なお、この記事の内容は動画を制作してYouTubeでも予想を公開しています。文章よりは動画で予想を確認したいという方は、ぜひ動画をご覧ください!

YouTubeのチャンネルでは重賞レースの最終予想を、毎週動画で分かりやすくご紹介しています。チャンネル登録がまだの方は、ぜひ登録をよろしくお願い致します!


それでは、まずレース傾向からご紹介します!


府中牝馬ステークスの予想のポイント①|レース傾向

府中牝馬ステ―クスのレース傾向で抑えておきたいポイントは3点です。

【府中牝馬ステ―クスのレース傾向】

・4歳勢が好成績。

・人気の信頼度が高い。

・上り3ハロンの瞬発力勝負。


まず最初のレース傾向のポイントは「4歳勢が好成績」であることです。

昨年このレースを勝ったディアドラ、2着のリスグラシューは4歳馬でしたし、一昨年はクロコスミア、ヴィブロス、アドマイヤリードと4歳勢の1着~3着決着となりました。

実際に過去5年の年齢別成績を分析すると、4歳勢が勝率16.7%、複勝率33.3%と他世代を圧倒する成績を残しています。

府中牝馬ステークス 年齢別成績(過去5年)
府中牝馬ステークス 年齢別成績(過去5年)

府中牝馬ステークスは古馬になって競走馬として一番脂の乗り切る4歳勢が活躍するレース、そのように考えてもよいかもしれません。


2つ目のレース傾向のポイントは「人気の信頼度が高い」ことです。

過去5年の府中牝馬Sの人気別成績を分析すると、1番人気の成績は[1-3-1-0/5]と必ず馬券に絡んでいます。2番人気においても[0-2-2-1/5]と好成績です。

またオッズ別の成績をみると、単勝オッズで4倍を切る馬は過去5年で8頭いますが、この8頭も必ず馬券に絡んでいます。

府中牝馬ステークス 単勝オッズ別成績(過去5年)
府中牝馬ステークス 単勝オッズ別成績(過去5年)

この成績は府中牝馬ステークスのコースとなる東京芝1800mの特徴を顕著に反映している成績といえます。東京芝1800mはゆったりと流れて瞬発力勝負になりやすく展開の有利不利が生じないため、競走馬の能力差が反映されやすいコースとなっています。


最後にレース傾向の3つの目のポイントは「上り3ハロンの瞬発力勝負」であることです。

先ほどもご紹介しましたが、府中牝馬ステークスのコースとなる東京芝1800mは展開がゆったりと流れて直線勝負になりやすく、上り3ハロンでの瞬発力が求められます。

実際に府中牝馬ステークスの過去5年のラップ傾向をみても後傾ラップとなっており、昨年ディアドラが勝ったレースを除けば中盤でラップが緩みラスト3ハロンで一気にラップが速くなる瞬発力型の傾向を示しています。

府中牝馬ステークス ラップ傾向(過去5年)
府中牝馬ステークス ラップ傾向(過去5年)

府中牝馬ステークスは瞬発力勝負になりやすく、最後の長い直線で鋭い末脚を使える馬を評価する。この点もしっかりと抑えておきたいレース傾向です。


府中牝馬ステークスの予想のポイント②|血統傾向(好走血統)

ここからは僕が予想において最も重視する血統傾向、府中牝馬ステークスの好走血統についてご紹介していきます。まずは府中牝馬ステークスの過去3年の好走馬の血統について確認しておきましょう。

府中牝馬ステークス 好走馬血統表(過去3年)

こちらは過去3年の府中牝馬ステークスで3着内に入った馬を好走馬と位置付け、血統の3代までと血統の5代までに発生しているクロスを一覧にまとめた表です。

ポイントは血統の3代までにピンクに色付けした大系統ナスルーラ系の種牡馬を内包する馬が毎年馬券に絡んでいることです。

加えて個人的に抑えておきたいのは2017年1着のクロコスミアの血統で、このクロコスミアの血統ではHalo≒Red God3×5のニアリークロスが発生しています。

このニアリークロスは、Halo的な身のこなしが柔らかく、スピードや機敏性、瞬発力を増強させる効果が見込めます。

なおニアリークロスとは血統研究家の笠雄二朗(りゅう ゆうじろう)氏が掲げる理論で、血統において約4分の3が同血の馬同士のクロスを意味します。このニアリークロスは、通常の同血クロスよりも威力が大きいと言われています。


この血統傾向のポイントをまとめると、府中牝馬ステークスの好走血統は2点に集約されると考えます!

【府中牝馬ステークスの好走血統】

・ナスルーラの血統を内包。

・スピードや瞬発力を増強するHaloのクロスやニアリークロス。


今年の府中牝馬ステークスの好走血統はこれでいきたいと思います!



府中牝馬ステークスのレース傾向・好走血統にもとづく推奨馬!

それでは、ここまでご紹介したレース傾向・好走血統にもとづく推奨馬を一頭ご紹介します!

【府中牝馬ステークスの推奨馬】

・プリモシーン


1週前時点で考える今年の府中牝馬ステ―クスの推奨馬はプリモシーンです!

父がディープインパクト、母が豪州の名牝モシーン、母父がFastnet Rock(ファストネットロック)の配合です。血統表の5代になりますが大系統ナスルーラ系のBlushing Groom(ブラッシンググルーム)の血統を持っています。

この馬の血統で特筆すべきなのは、Halo≒Sir Ivor≒Red Godの3×6・6のニアリークロスを持っていることです。このニアリークロスはHalo的な身のこなしの柔らかさやスピードや機敏性、瞬発力をかなり増強させている印象を受けます。

プリモシーンが繰り出す切れ味鋭い末脚は、このニアリークロスが大きく影響してると考えます。

初の芝1800mのレースとなりますが、3歳時には芝2000mの秋華賞に出走して4着サラキアと差のない7着と走っています。また母モシーンは豪州でスプリントからクラシックディスタンスで活躍した名牝です。
レースのラップ的にも、緩やかに流れてラスト3ハロンの瞬発力勝負になると予想しており、距離は問題ないと判断しています。

人気を集めそうですが、人気馬が安定して走るレースでもあります。
推奨馬としては最適でしょう!

なお一昨年の勝馬クロコスミアについても既にレース適性は示しており、ナスルーラの血統、そしてHalo≒Red God3×5のニアリークロスを内包していますので、期待値は高いです。

その他でいくと、ヴィクトワールピサ産駒でHaloのクロスを持つスカーレットカラーや父ディープインパクトで母系にMill Reefの血統を内包するディメンシオン、同じくディープインパクト産駒で母系にBlushing GroomやMill Reefの血統を内包するレッドランディーニ、この3頭も血統的に狙い目の馬と考えています。


府中牝馬ステ―クス 予想のポイントと推奨馬のまとめ

最後に府中牝馬ステ―クスの予想のポイントと推奨馬をまとめて振り返りを行います。

<府中牝馬ステ―クス 予想のポイントと推奨馬のまとめ>

【府中牝馬ステ―クスのレース傾向】

・4歳勢が好成績。

・人気の信頼度が高い。

・上り3ハロンの瞬発力勝負。


【府中牝馬ステークスの好走血統】

・ナスルーラの血統を内包。

・スピードや瞬発力を増強するHaloのクロスやニアリークロス。


【府中牝馬ステークスの推奨馬】

・プリモシーン



以上、この記事では府中牝馬ステ―クスの予想のポイントと推奨馬についてご紹介しました。ご紹介した内容が馬券予想のお役に立てれば嬉しいです!

なお府中牝馬ステ―クスの最終予想については枠順確定後に別の記事でご紹介します。そちらもぜひご確認下さい!

最後までお読みいただきありがとうございました。


こちらの記事もおすすめ

-2019年 府中牝馬S, 2019年10月2週, KAZUの予想

Copyright© 競馬知恵袋 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.