【府中牝馬ステークス 2019 予想】血統で選ぶ本命|穴馬を狙いたい一戦!

投稿日:

競馬予想

こんにちは!KAZUです。
この記事では、注目の重賞レース『府中牝馬ステークス(GⅡ)』の予想を特集します。

プリモシーン、ラッキーライラック、カンタービレ、ソウルスターリング、クロコスミアなどいいメンバーが揃いました。

血統を軸にしっかりと紐解き、予想していきます。馬券予想にぜひご参考ください!


なお、この記事の内容は動画を制作してYouTubeでも予想を公開しています。文章よりは動画で予想を確認したいという方は、ぜひ動画をご覧ください!

YouTubeのチャンネルでは重賞レースの最終予想を、毎週動画で分かりやすくご紹介しています。チャンネル登録がまだの方は、ぜひ登録をよろしくお願い致します!




【府中牝馬ステークス 2019 予想】血統で選ぶ本命|穴馬のあの馬を狙いたい!

まず初めに、この記事の内容についてご紹介します。

この記事は、前半で以前の予想記事で特集した府中牝馬ステークスの予想のポイントとなるレース傾向と好走血統を簡単に振り返ります。その後、後半には予想のポイントをふまえた予想印をご紹介する内容です。



なお僕の予想法は、血統を軸にして、その上で展開、追い切りによる出走馬の状態、馬場傾向などをふまえた予想法を取っています。その点をふまえて予想をご確認いただければと思います。

それでは予想にまいります!


府中牝馬ステークス 予想のポイント|レース傾向や好走血統

まず初めに、府中牝馬ステークスを予想する上で抑えておきたいレース傾向についてご紹介します。府中牝馬ステークスのレース傾向のポイントは3点です。

【府中牝馬ステークスのレース傾向】

・4歳勢が好成績

・人気の信頼度が高い

・上り3ハロンの瞬発力勝負

府中牝馬ステークスは、昨年このレースを勝ったディアドラ、2着のリスグラシューをはじめとする4歳馬勢が活躍するレースです。一昨年のレースでは、クロコスミア、ヴィブロス、アドマイヤリードと4歳勢が1着から3着を独占しています。

また人気の信頼度が高いレースで、直近5年は1番人気の成績が[1-3-1-0/5]と必ず馬券に絡んでいます。

展開としては、例年、ゆったりと流れて直線勝負になりやすく、上り3ハロンでの瞬発力が求められる傾向です。最後の長い直線で鋭い末脚を使える馬を評価していきたいところです。


それでは、レース傾向の次に僕が予想をする上で最も重視するレースの血統傾向、府中牝馬ステークスの好走血統について確認しておきます。

【府中牝馬ステ―クスの好走血統】

・ナスルーラの血統を内包。

・スピードや瞬発力を増強するHaloのクロスやニアリークロス。

過去5年の3着内に入った好走馬の血統を分析すると、府中牝馬ステークスは、血統の3代までに大系統ナスルーラ系の種牡馬を内包する馬が毎年馬券に絡んでいます。

加えて抑えておきたいのが、2017年1着のクロコスミアの血統に代表されるように、Haloのクロスやニアリークロスを持つ馬が好走傾向であることです。

この点をふまえて、最終予想へと進めていきたいと思います。


なお、ここまでご紹介した予想のポイントについては、過去の府中牝馬ステークスの予想記事で詳細に解説しています。予想のポイントの詳細を確認したい方は、下記に記事をご紹介します。ご参考下さい。



府中牝馬ステークス 最終予想!予想印とその根拠

それではここからは、予想のポイントをふまえた府中牝馬ステークスの予想印と、その根拠についてご紹介していきます。


◎(本命)②ディメンシオン

今年の府中牝馬ステークスの本命は、②ディメンシオンです。

血統は、父がディープインパクト、母がミスペンバリー、母父がサドラーズウェルズ系のモンジューの配合です。近親馬には、クロコルージュなど欧州で活躍した馬が目立ちます。

ディメンシオンの血統で注目したいのは、Special(スペシャル)とThatch(サッチ)の5×5の全兄妹クロスです。名牝Specialは名種牡馬ヌレイエフの母であり、サドラーズウェルズやフェアリーキングの祖母でもあります。前向きな気性と大崩れしない安定性、そしてパワースピードが特徴の血統です。

ディメンシオンも母父モンジューを通じて、この能力を大きく受け継いでおり、ディープインパクト産駒でありながら"道悪は鬼"です。

今回の府中牝馬ステークスは、休み明けの馬が多い中で夏の関屋記念を使って、前走京成杯AH2着から臨むローテーションは好感が持てます。追い切りもいい動きを見せており、前走同様に状態はよさそうです。

馬場が渋ればより信頼度は高まりますし、馬場が良馬場でも好走は十分に期待できます。プリモシーンやラッキーライラックを押しのけて、本命で狙ってみたい馬です。


〇(対抗) ⑭プリモシーン

対抗は、⑭プリモシーンです!

1週前の予想のポイントをまとめた記事でも、推奨馬としてあげたプリモシーン。

血統は、父がディープインパクト、母が豪州の名牝モシーン、母父がFastnet Rock(ファストネットロック)の配合です。血統表の5代になりますが、好走血統のナスルーラ系のBlushing Groom(ブラッシンググルーム)の血統を持っています。

プリモシーンの血統で、個人的に高く評価しているのは、Halo(ヘイロー)≒Sir Ivor(サーアイヴァー)≒Red God(レッドゴッド)の3×6・6のニアリークロスを持っていることです。このニアリークロスはHalo的な身のこなしの柔らかさ、スピードや機敏性、瞬発力をかなり増強させている印象です。

このニアリークロスを基盤とした切れ味鋭い末脚は、府中牝馬ステークスで間違いなく活きてくるでしょう。

距離としては、初の芝1800mのレースとなりますが、3歳時には芝2000mの秋華賞に出走して、4着サラキアと差のない7着と走っています。また母モシーンは豪州で、スプリントからクラシックディスタンスの幅広い距離で活躍した名牝です。

レースの展開としても、ジョディーが逃げると想定していますが、緩やかに流れてラスト3ハロンの瞬発力勝負になると予想しています。
そのため距離は問題ないと判断しています。

人気を集めそうですが、人気馬が安定して走るレースでもあります。馬券圏外になることは考えづらく、対抗ながら信頼がおけます。


▲(単穴) ⑮ラッキーライラック

単穴で推奨するのが、⑮ラッキーライラックです!

母の母父に好走血統のSeattle Slew(シアトルスルー)を持ち、この点は高評価です。父オルフェーヴルは、東京コースが相性がよいというわけではありませんが、芝1800mの非根幹距離自体は得意としています。

ラッキーライアックは東京コースで3走しており、アルテミスSの1着、オークスの3着、前走となるヴィクトリアマイルの4着と好走傾向です。デビュー戦も、左回りの新潟コースを快勝している点から、右回りよりは左回りの方が安定感があります。

ヴィクトリアマイル以来の5か月の長期休養明けとなりますが、最終追い切りは栗東CWで6ハロン85秒4-ラスト1ハロン11秒7と抜群の動きを見せています。状態は非常に良さそうです。

オルフェーヴル産駒は、現状の産駒の成績を見る限り、おそらくは晩成型の種牡馬ではないでしょうか。その点で考えれば、4歳秋になってのもう一段階の成長が見込めます。

今回のレースは非常に楽しみです。


続いては、特注馬として抑えておきたい"星評価"の馬をご紹介します。


☆(星) ⑫レッドランディーニ

特注馬として抑えておきたいのが、⑫レッドランディーニです!

血統は、父がディープインパクト、母がレッドメデューサ、母父がゴーンウエスト系のMr. Greeley(ミスターグリーリー)の配合です。母方にBlushing Groom(ブラッシングルーム)やMill Reef(ミルリーフ)といった好走血統のナスルーラ系の血統を、複数持つことが魅力です。

キレキレのディープインパクト産駒というわけではありませんが、ラスト4ハロンの持続力勝負かつ速い脚が求められるレースになれば、浮上が期待できます。

また仮にタフな馬場となれば、本命ディメンシオン同様にレッドランディーニも評価が高まります。

今年に入って、メキメキと力をつけてきたレッドランディーニ。前走のマーメイドステークスは、格上挑戦での重賞レースとなりましたが10番人気で2着と好走しました。

勢いのあるディープインパクト産駒は怖いですから、前走よりもメンバーレベルが上がったとしても侮れません。


△(連下) ⑬クロコスミア、⑧スカーレットカラー

連下には、⑬クロコスミア、⑧スカーレットカラーの3頭を抑えます。

まず⑬クロコスミアですが、2017年のこのレースの勝馬で、既にレース適性を示しています。予想のポイントの点で簡単に触れましたが、Halo≒Red Godの3×5のニアリークロスを内包しており、高評価です。

前走の札幌記念は手応えよく直線を迎えましたが、勝ったブラストワンピースに進路をカットされる大きな不利を受けての7着です。度外視していい一戦と考えています。戸崎騎手との相性もよく、ここでも好走が期待できます。

⑧スカーレットカラーは、マーメイドステークス3着、クイーンステークス2着と近走の充実ぶりは目を見張るものがあります。機動力のある父ヴィクトワールピサに、Haloの4 x 5のクロスを持っており、操縦性に優れる馬です。レース展開に応じた岩田騎手の立ち回り一つで、上位も十分に考えられる一頭です。



府中牝馬ステークス 予想印のまとめ

それでは最後に府中牝馬ステークスの予想印をまとめます!

【府中牝馬ステークス 予想印 まとめ】

◎②ディメンシオン
〇⑭プリモシーン
▲⑮ラッキーライラック
☆⑫レッドランディーニ
△⑬クロコスミア
△⑧スカーレットカラー



以上、この記事では、府中牝馬ステークスの最終予想となる予想印をご紹介しました。ご紹介した内容が、馬券を予想する上でご参考になれば嬉しいです!
最後までお読みいただきありがとうございました。


こちらの記事もおすすめ

Copyright© 競馬知恵袋 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.