オパールステークス 2019 予想|血統で選ぶ馬券の狙い目!

更新日:

競馬予想

こんにちは!KAZUです。
この記事では、祝日の月曜日の京都メインレース“オパールステークス”の推奨馬をご紹介します。

なお、今回は重賞クラス以外のレースとなるため、推奨馬を一頭あげその根拠をご紹介する、簡易形式でご紹介します。

推奨馬については、しっかりとその根拠を解説しています。
馬券予想に、ぜひご参考下さい!


オパールステークスの予想に入る前に、一点ご紹介させて下さい。

現在、ブログ「競馬知恵袋」にて競馬予想を配信していますが、より分かりやすく読者の方に予想を伝えるために、"YouTube"でチャンネルを開設しました!
チャンネル名は「KAZUの競馬予想」です。

毎週、重賞レースを中心に動画で分かりやすく予想をご紹介しています。チャンネル登録がまだの方は、下記チャンネルへのリンクボタンより、ぜひチャンネル登録をよろしくお願い致します!

YouTube|KAZUの競馬予想


オパールステークス 血統で選ぶ推奨馬

それでは、オパールステークスの推奨馬についてご紹介します。

オパールステークス 推奨馬

⑥ミラアイトーン

ミラアイトーンは、父が豪州でリーディングサイヤーにも輝いたLonhro(ロンロ)、母がタイタンクイーン、母父がTiznow(ティズナウ)の配合です。半兄には、鳴尾記念(GⅢ)を勝ったストロングタイタンがいます。

ミラアイトーン 血統表
ミラアイトーン 血統表

父Lonhroは、現役時代に豪州でGⅠ10勝をあげた名馬で 1100mから2000mまでの距離で活躍しました。「南半球のノーザンダンサー」とも言われる、Sir Tristram(サートリストラム)の血を受け継ぐ種牡馬で、柔らかく軽いスピードを伝えると考えます。

一方、母方の血統をみるとDanzig(ダンジグ)、In Reality(インリアリティ)、Buckpasser(バッグパサー)を持っており、パワーとスピードに長けた血統構成です。

ミラアイトーンの血統全体で考えれば、平坦コースよりは直線に急坂もしく坂があった方がよいと思いますが、平坦コースの京都競馬場でも問題なくこなしてくるでしょう。

過去、京都コースは2戦して2勝。芝1200mも鞍馬ステークスでカラクレナイなどを抑えて勝ちきっています。前走の北九州記念は、大外枠という厳しい枠に入りながら僅差の5着と重賞レベルでも通用する力を示しました。

最終追い切りは栗東CWで行われ、6ハロン83.1-ラスト1ハロン11.7と抜群の動きを見せており、状態は申し分ありません。

ここはミラアイトーンで固いレースと予想します。



この記事では、オパールステークスの血統を軸に選ぶ本命馬をご紹介しました。
最後までお読みいただきありがとうございました。


こちらの記事もおすすめ

Copyright© 競馬知恵袋 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.