【富士ステークス 2019 予想】血統、レース傾向、ラップで導く推奨馬!

更新日:

競馬予想

こんにちは!KAZUです。
この記事では、マイルチャンピオンシップへ向けたトライアルレース『富士ステークス(GⅢ)』の予想を特集します。

GⅠ馬・アドマイヤマーズやノームコアなど豪華なメンバーが揃いました。

注目の富士ステークスを血統傾向やレース傾向、ラップからしっかりと予想していきます。また後半には、投稿日時点の推奨馬もご紹介します。

馬券予想に、ぜひご参考ください!



【富士ステークス 2019 予想】血統、レース傾向、ラップで導く推奨馬!

まず初めにこの記事の内容についてご紹介します。

この記事は、富士ステークスの予想のポイントとなるラップを含むレース傾向や血統傾向(好走血統)、そして推奨馬をご紹介する3本立ての内容です。



なお、この記事の内容は動画を制作してYouTubeでも予想を公開しています。動画で予想を確認したいという方は、ぜひ動画をご覧ください!


それでは、まずレース傾向からご紹介します!


富士ステ―クスの予想のポイント①|レース傾向

富士ステークスのレース傾向で抑えておきたいポイントは3点です。

【富士ステ―クスのレース傾向】

・4歳勢が好調

・逃げ馬は不振

・淀みないペースが続く持続力勝負


まず最初のレース傾向のポイントは、「4歳勢が好調」であることです。

過去10年の富士ステ―クスの年齢別成績を分析すると、4歳馬が[4-3-2-14/23]で勝率17.4%・複勝率39.1%と好成績です。複勝回収率が100%を超えている点からも信頼がおけます。

富士ステークスは「競走馬として脂の乗り切る4歳秋の馬を狙う」、そのようなレースと言えます。


2つ目のレース傾向のポイントは、「逃げ馬が不振」です。

こちらも過去10年の富士ステ―クスの脚質別成績を分析すると、逃げ馬が[0-0-0-10/10]と1度も馬券に絡めていません。着順の内容をみても、2桁着順が多く、まったく奮いません。

一方で好調なのは先行馬、差し馬で、9頭の勝馬を出しています。

先行馬、差し馬を優先して、逃げ馬は割り引いて評価する必要がありそうです。


最後にレース傾向の3つの目のポイントは、「淀みないペースが続く持続力勝負」のレースであることです。

過去5年の富士ステ―クスのラップを分析すると、不良馬場で行われた2017年を除き、レースのラップはスタートからゴールまで緩まず、淀みないペースが続く傾向となっています。

富士ステ―クス ラップ傾向(過去5年)

前半3ハロン、中間2ハロン、後半3ハロンの平均ラップが、いずれも11秒台ですから、息を入れづらいレース展開となっています。この厳しい展開が、先ほどご紹介した「逃げ馬不振」につながっている可能性が高いです。

ラップ傾向から考えれば、先行あるいは、先行を見る形の差しに位置取ることができ、持続力勝負でも十分に末脚を発揮できる馬を狙っていきたいところです。


富士ステ―クスの予想のポイント②|血統傾向(好走血統)

ここからは僕が予想において最も重視する血統傾向、富士ステークスの好走血統についてご紹介していきます。この好走血統は、過去5年の富士ステークスで3着内に入った馬を好走馬と位置付け、血統を分析することで導いています。

【富士ステークスの好走血統】

・父ディープインパクト

「よくあるディープインパクト」で恐縮なのですが、富士ステークスはディープインパクト産駒が走ります。

昨年の2018年2着ワントゥワン、3着レッドアヴァンセ、2016年3着、2015年勝馬のダノンプラチナ、2015年2着のサトノアラジン、2014年勝馬のステファノスなど、2017年の不良馬場で行われた富士ステークスを除けば、毎年、ディープインパクト産駒が必ず馬券に絡んでいます。

過去5年の富士ステークスの成績を分析すると、17頭のディープインパクト産駒が出走しています。成績は[3-4-2-8/17]、勝率17.6%・複勝率52.9%、単勝回収率・複勝回収率ともに100%を超えており、抜群の成績を残しています。

日本の主流コースの一つである東京芝1600mでは、やはり主流血統のディープインパクト産駒をしっかりと評価するというのは避けて通れません。



富士ステークスのレース傾向・好走血統にもとづく推奨馬!

それでは、ここまでご紹介したレース傾向・好走血統にもとづく推奨馬を一頭ご紹介します!

【富士ステークスの推奨馬】

・レッドオルガ


1週前時点で考える今年の富士ステークスの推奨馬は、レッドオルガです!

前走、ヴィクトリアマイル11着から臨む一戦です。前走は直線に入り、馬群の中からいい脚で伸びてきているところで、ソウルスターリングとミッキーチャームに挟まれる大きな不利を受けています。このレースは度外視していいでしょう。

前々走の阪神牝馬ステークスは、7着ながら勝ったミッキーチャームとは僅差です。大外一気の末脚は凄みがありました。また3走前の東京新聞杯は、インディチャンプと半馬身差の2着。レース内容は高く評価できます。

血統は、父が好走血統のディープインパクトで母がエリモピクシー、母父がダンシングブレーヴの配合です。母エリモピクシーからは、クラレント、サトノルパン、レッドアヴァンセなど活躍馬が多数出ています。

全姉のレッドアヴァンセは、昨年の富士ステークスで3着と好走しています。またレッドオルガ自身も、東京芝1600mは過去5戦して[2-1-1-1/5]と好成績。馬券圏外の1戦も、大きな不利を受けたヴィクトリアマイルです。東京芝1600mとの相性は抜群です。

東京マイル戦での淀みないラップは、東京新聞杯で経験済みで2着と好走しています。

アドマイヤマーズ、ノームコアと強いメンバーが揃いましたが、レッドオルガのレース適性は高く、十分に好走が期待できます。


富士ステークス 予想のポイントと推奨馬のまとめ

最後に富士ステークスの予想のポイントと推奨馬をまとめます。

<富士ステークス 予想のポイントと推奨馬のまとめ>

【レース傾向】

・4歳勢が好調

・逃げ馬は不振

・淀みないペースが続く持続力勝負


【好走血統】

・父ディープインパクト


【推奨馬】

・レッドオルガ



以上、この記事では富士ステークスの予想のポイントと推奨馬についてご紹介しました。ご紹介した内容が馬券予想のご参考になれば嬉しいです!

なお菊花賞の最終予想については、下記の記事でご紹介しています。予想印とその根拠をしっかりと特集しています。ぜひご確認下さい!

最後までお読みいただきありがとうございました。


こちらの記事もおすすめ

Copyright© 競馬知恵袋 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.