【富士ステークス 2019】血統で導く本命馬|予想印を大公開!

更新日:

競馬予想

こんにちは!KAZUです。
この記事では、注目の重賞レース「富士ステークス(GⅢ)」の最終予想となる予想印をご紹介します。

GⅠ馬・アドマイヤマーズやノームコアなど、豪華なメンバーが揃った重賞レースです。
しっかりと予想していきます。馬券予想にぜひご参考ください!



【富士ステークス 2019】血統で導く本命馬|予想印を大公開!

まず初めに、この記事の内容についてご紹介します。

この記事は、前半にレース展開や馬場状態の想定を取り上げ、後半で予想印とその根拠をご紹介する内容となっています。


なお、この記事の内容は動画を制作してYouTubeでも予想を公開しています。動画で予想を確認したいという方は、ぜひ動画をご覧ください!
顔のアイコンをタップいただけるとチャンネル登録ができます。ぜひ、チャンネル登録いただけると嬉しいですm(__)m


それでは予想にまいります!


富士ステークスの予想のポイント|レース展開と馬場状態

まず初めに、富士ステークスを予想する上で抑えておきたい「レース展開と馬場状態」について考察します。

【レース展開】

・淀みないペースが続く持続力勝負。

【馬場状態】

・稍重から重馬場を想定。


今年の富士ステークスのレース展開は、例年同様にスタートからゴールまでペースが緩まず、持続力勝負になると予想します。

先手については、イレイションもしくはトミケンキルカスのどちかが取るのではないでしょうか。ラップで考えると、前半3ハロン、中間2ハロン、後半3ハロンの平均ラップは、おそらく11秒台後半から12秒台前半で推移すると想定します。

そのような展開から、直線での速い脚だけでなく、追走力やある程度の底力も必要となってくると読みます。


続いては、馬場状態について考えます。

レース前日となる金曜日時点のJRAからの公式発表では、東京競馬場の芝の馬場状態は「稍重」です。芝の状態は「降雨の中での競馬により傷みは進みましたが、全体的に概ね良好な状態です。」とのコメントが出されています。

レース当日の府中市の天気予報は雨で降水確率は80%と高くなっています。馬場が回復することはないでしょうから、富士ステークス開催時の馬場状態は「稍重か重」と予想します。



富士ステークスの最終予想!予想印とその理由

それではここからは、富士ステークスの予想印とその理由についてご紹介していきます。


◎(本命) ⑮ロジクライ

【評価のポイント】

  1. 血統背景から東京マイルの適性が非常に高い。
  2. 近走のレース内容は着順ほど悪くなく、出走メンバーでは能力上位で評価。
  3. 追いきりの動きがよく、休み明けとは言え状態は万全。
  4. 道悪馬場で3戦2勝と道悪適性が高い。

今年の富士ステークスの本命は、⑮ロジクライです!

父ハーツクライの緩さを解消する血統背景で、東京マイルコースの適性が非常に高いことが大きな魅力です。

ロジクライは、東京芝1600mを過去4戦していますが[2-0-0-2/4]と好成績です。馬券圏外を外した今年の東京新聞杯、安田記念も悲観する内容ではありません。

父ハーツクライは東京芝1600mではディープインパクトやロードカナロア、ダイワメジャー同様に信頼できる種牡馬です。特に母方に、RobertやMachiavellianといった機動力に優れる血統を持ってくると課題の機動力が改善され好走傾向です。
ロジクライは父ハーツクライに母父Machiavellianの配合で、加えてHalo3x4、Northern Dancer5x4、Natalma5×5のクロスを内包しています。緩くなりがちなハーツクライの特徴をうまくカバーした好配合で、血統的にも東京マイルでの適性を感じさせます。


また近走のレース内容は着順ほど悪くなく、出走メンバーでは能力上位で評価できる馬です。

前走は、有力馬に大迷惑をかけてしまった安田記念9着となりますが、勝ったインディチャンプとは0.5秒差です。着差で換算すると約3馬身差となり、悲観する内容ではありません。前々走の京王杯スプリングカップは、勝馬のタワーオブロンドンと0.1秒差の3着ですから評価ができます。

今回はアドマイヤマーズやノームコアがいるとはいえ、前走の安田記念からは一気にメンバーのレベルが落ちます。それであれば、ロジクライを上位評価したいところです。


その他、追いきりの動きがよく、休み明けとは言え状態は万全であること道悪馬場で3戦2勝と道悪適性が高いこともプラス材料です。

このような点から、今年の富士ステークスはロジクライを本命で推奨します!


〇(対抗) ⑦アドマイヤマーズ

【評価のポイント】

  1. ダイワメジャー産駒らしく持続力勝負に強い。レース適性が非常に高い。
  2. 追いきりの動きがよく状態が万全。一夏を超えた成長も感じさせる。
  3. ダイワメジャー産駒は道悪を苦にしない。
  4. 2歳、3歳の限定重賞を除くと、過去5年の東京芝1600mの重賞でダイワメジャー産駒が馬券に絡めていない。

対抗は、⑦アドマイヤマーズです!

ダイワメジャー産駒らしく、持続力勝負に強くレース適性が非常に高いことが評価できます。

GⅠ勝ちした2戦、朝日杯FS、NHKマイルCはいずれも道中のペースが緩まず、持続力勝負の展開となりました。その展開で粘って抑え込む・差し切るレース内容は、いかにも末脚の持続力に優れるダイワメジャー産駒らしい個性です。

今年の富士ステークスも持続力勝負の展開になる可能性が高いです。そうなれば、アドマイヤマーズのいい脚を長く使う脚質が多いに活きます。

また、アドマイヤマーズも本命のロジクライともに追いきりの動きがよく、状態が万全であることはプラス材料です。その内容からは、一夏を越えた成長分も感じさせます。

今回は初めての道悪馬場となりそうですが、ダイワメジャー産駒ですから苦にはしないでしょう。


一方でダイワメジャー産駒で気になるのが、2歳、3歳の限定重賞を除くと、過去5年の東京芝1600mの重賞でダイワメジャー産駒が馬券に絡めていないことです。富士ステークスも過去10年で6頭のダイワメジャー産駒が出走していますが、いずれも馬券には絡めていません。

特別、平場のレース全体で捉えるとダイワメジャー産駒は、東京芝1600mで信頼のおける種牡馬ですが、古馬の重賞レースになると不振です。これは、気になる血統傾向です。

そのため、少し評価を割り引きました。しかし、アドマイヤマーズほどの馬ですから馬券圏内を外すことは考えづらく、最終的には対抗で評価したいと思います!


▲(単穴)②レッドオルガ

【評価のポイント】

  1. 富士ステークスで毎年馬券に絡む好走血統のディープインパクト産駒。
  2. 全姉のレッドアヴァンセは、昨年の富士ステークスで3着と好走。
  3. 東京芝1600mは過去5戦して[2-1-1-1/5]と好成績。
  4. 道悪馬場は[1-0-1-1/3]とこなす。

単穴で推奨するのが、②レッドオルガです。

何と言っても、富士ステークスで毎年馬券に絡む好走血統のディープインパクト産駒であることが魅力の一頭です。

前走、ヴィクトリアマイル11着から臨む一戦となりますが、前走は直線に入り、馬群の中からいい脚で伸びてきているところで、内外馬から挟まれる大きな不利を受けています。このレースは度外視していいでしょう。

全姉のレッドアヴァンセは、昨年の富士ステークスで3着と好走しています。

またレッドオルガ自身も、東京芝1600mは過去5戦して[2-1-1-1/5]と好成績。馬券圏外の1戦も、大きな不利を受けたヴィクトリアマイルです。東京芝1600mとの相性は抜群です。

とにかく血統的な後押しが大きく、コース適性も高い馬です。
また道悪馬場は過去3戦して、[1-0-1-1/3]とこなす点もプラス材料です。道悪の鬼である母父ダンシングブレーヴの血が活きるといったところでしょうか!

血統的魅力が大きく、ここは単穴以上で推奨します!


続いては、特注馬として抑えておきたい"星評価"の馬をご紹介します。


☆(星) ⑯ノームコア

【評価のポイント】

  1. 前走のレース内容は圧巻で能力上位。
  2. ハービンジャー産駒は稍重、重馬場が得意。
  3. 骨折明けのレースで斤量56kgは割り引き。

特注馬として抑えておきたいのが、⑯ノームコアです!

前走のヴィクトリアマイルは、スタートで後手を踏みながら上り3ハロン33.2の末脚でまとめて1着。勝ち時計は1分30秒5という圧巻のレース内容で、このメンバーでは能力上位です。

またハービンジャー産駒は、芝レースの稍重・重馬場が得意で勝率が10%を超えてきます。馬場状態も、ノームコアにはプラスに働くでしょう。

気になるのは、今回のレースが骨折明けのレースであることと斤量が56kgで牡馬と変わらない点です。先を見据えての復帰戦ですから、ここは無理をさせないとも感じますので、星評価としました。


△(連下) ⑨レイエンダ、⑩カテドラル

連下には、⑨レイエンダ、⑩カテドラルの2頭を抑えます。

まずレイエンダですが、レイデオロの弟ということで能力は高いと思いますが、ムラが大きく難しい馬です。ただし、道悪適性は高そうでレース展開次第では、馬券圏内は十分に考えられる一頭かと思います。

カテドラルについてもレイデオロ同様に、好走と凡走が極端に別れ掴みどころがない馬です。精神面に課題を感じます。ただ血統的には、父ハーツクライで母方の血統にDanzigやRibotの血が流れており、東京マイルの適性は高そうです。道悪になった時の馬場との相性が気になりますが、連下では抑えておきたいと思います。



富士ステークスの予想印(まとめ)

それでは最後に富士ステークスの予想印をまとめます!

【富士ステークスの予想印(まとめ)】

◎⑮ロジクライ
〇⑦アドマイヤマーズ
▲②レッドオルガ
☆⑯ノームコア
△⑨レイデオロ
△⑩カテドラル



以上、この記事では、富士ステークスの最終予想となる予想印をご紹介しました。ご紹介した内容が、馬券を予想する上でご参考になれば嬉しいです!

また富士ステークスについては、好走血統など予想のポイントをまとめた記事も書いています。下記の関連記事でご紹介しますので、まだお読みいただけていない方はぜひご確認下さい!

最後までお読みいただきありがとうございました。


こちらの記事もおすすめ

Copyright© 競馬知恵袋 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.