【菊花賞 2019】血統、レース傾向で導く本命馬|予想印を大公開!

更新日:

競馬予想

こんにちは!KAZUです。
この記事では、牡馬クラシックレース最後の一冠となる「菊花賞(GⅠ)」の予想印をご紹介します。

皐月賞馬サートゥルナーリア、ダービー馬ロジャーバローズの不在により、今年の菊花賞は混戦模様です。難解な菊花賞を血統傾向やレース傾向から、しっかりと予想していきます。

馬券予想にぜひご参考ください!



【菊花賞 2019】血統、レース傾向で導く本命馬|予想印を大公開!

まず初めに、この記事の内容についてご紹介します。

この記事は、前半にレース展開や馬場状態の想定を取り上げ、後半で予想印とその根拠をご紹介する内容となっています。


なお、この記事の内容は動画を制作してYouTubeでも予想を公開しています。動画で予想を確認したいという方は、ぜひ動画をご覧ください!
顔のアイコンをタップいただけるとチャンネル登録ができます。ぜひ、チャンネル登録いただけると嬉しいですm(__)m


それでは予想にまいります!


菊花賞の予想のポイント|レース展開と馬場状態

まず初めに、菊花賞を予想する上で抑えておきたい「レース展開と馬場状態」について考察します。

【レース展開】

・スローペースでレースが進み、2周目の坂の下り坂からレースが動く。

【馬場状態】

・良か稍重を想定。内側に傷みあり。


レース展開は、スローペースでレースが進み、2周目の坂の下り坂からレースが動く展開になると予想します。

今年の菊花賞は、逃げ馬不在で内枠には差し馬が揃いました。ハナを切るのは、押し出されるようにしてシフルマンあるいはユニコーンライオンではないでしょうか。そのような状況ですから、ペースはスローペースが想定されます。

どの馬も初距離となる芝3000mの長距離レースのため、道中はしっかりと折り合いをつけて脚を溜めたいはずです。ゆったりとレースが進み、勝負が動くのは2週目の4コーナーの下り坂からと想定します。

淀の下り坂を利用して、各馬加速しての末脚勝負となりそうです。


続いては、馬場状態について考えます。

レース前々日となる金曜日時点のJRAからの公式発表では、京都競馬場の芝の馬場状態は「良」です。ただし芝の状態については、「先週の降雨での競馬の影響により、コース全体の内側に傷みが出始めました。」というコメントが出されています。

京都競馬場がある伏見区の天気予報は、土曜日が雨で降水確率は70%、レース当日の日曜日は曇りのち晴れとなっています。「土曜日で馬場が渋り、日曜日に回復する」先週と同じ傾向になりそうで、菊花賞開催時の馬場状態は「良か稍重」と予想します。



菊花賞の最終予想!予想印とその理由

それではここからは、菊花賞の予想印とその理由についてご紹介していきます。


◎(本命) ⑬ヴェロックス

【評価のポイント】

  1. 戦ってきた相手と実績が一枚も二枚も上。
  2. 菊花賞で毎年馬券に絡む神戸新聞杯から臨むローテーションが高評価。
  3. 血統的に芝3000mの長距離は問題ない。
  4. 道悪馬場含めて時計がかかる馬場への適性が高い。
  5. 状態は申し分なしのGⅠ仕様。

今年の菊花賞の本命は、⑬ヴェロックスです!

皐月賞馬、ダービー馬が不在の菊花賞のメンバー構成では、ヴェロックスが一枚も二枚も上とみます。何といっても、今まで戦ってきた相手と実績が違いすぎます。

皐月賞ではサートゥルナーリアと僅差の2着、ダービーではロジャーバローズの3着でサートゥルナーリアには先着しています。また神戸新聞杯はこの馬には分が悪い瞬発力勝負となりましたが、それでも2着を確保しています。

菊花賞で毎年馬券に絡む神戸新聞杯から臨むローテーションも高評価です。出走メンバーでの神戸新聞杯の最先着馬ですから、期待が持てます。


血統に目を向けると、ハーツクライの影響を色濃く受け継ぐ父ジャスタウェイに母セルキス、母父Monsunの配合はスタミナを感じさせ評価ができます。母方の血統がMonsun、ダンジグ系のGrand Lodge(グランドロッジ)、ニジンスキー系のKings Lake(キングスレイク)ですから、仮に道悪馬場になっても問題ないです。

菊花賞でハーツクライ産駒が不振であることが唯一気になりますが、その点もジャスタウェイの母父Wild Again(ワイルドアゲイン)の血が解消してくれると考えます。


道悪馬場は若葉ステークスで経験していますし、時計のかかる馬場も同じ京都競馬場の若駒ステークスで経験しており、両レースともに強い内容で勝ちきっています。道悪馬場含めて時計がかかる馬場への適性は高いと捉えています。

1週前追い切り、最終追い切りの内容を見る限り状態も申し分なく、その仕上げはGⅠ仕様です。


あえて難癖をつけるとすれば、直線の瞬発力勝負になった場合にキレ負けする可能性があります。それでも馬券圏内は固いと読みますので、信頼の本命です!


〇(対抗) ⑮ホウオウサーベル

【評価のポイント】

  1. スタミナある血統構成と先行して粘り強い血統。
  2. 典型的なステイヤーの馬体。
  3. 折り合い面に課題がなく芝3000mへの不安が少ない。
  4. 直近2走のパフォーマンスが秀逸。

対抗は、⑮ホウオウサーベルです!

関東勢、そしてハーツクライの産駒が不振の菊花賞で、あえてこの馬を対抗で推したいと思います。

父ハーツクライ、母バランセラ、母父Acatenangoのスタミナ溢れる血統構成は、菊花賞で大きな魅力を感じます。またLyphard4×5のクロスは、先行して粘り強さを発揮する効果が見込めます。

ハーツクライ産駒といえば、3歳のこの時期はトモが緩く後ろからいく馬が多い傾向にありますが、ホウオウサーベルは先行できる強みがあります。

スタミナある血統構成と先行できる脚質、そして前で受けての粘り強いクロスは高く評価したいです。


馬体に目を向けると、典型的なステイヤーの馬体をしており、おっとりとした性格から折り合い面の不安もありません。まさに長距離向きですね。


また直近2走のパフォーマンスも素晴らしく、特に前走の阿賀野川特別の快勝は圧巻でした。道中しっかりと折り合い、直線早め先頭から突き抜けて、2着とは5馬身差。2勝クラスのレースとはいえ、評価ができるレース内容です。

今年の菊花賞は既に馬場の内側に傷みがみられ、良馬場となってもスタミナが求められるレースと予想しています。そうなれば、ホウオウサーベルに大きな期待を寄せざる負えません!


▲(単穴)⑤ワールドプレミア

【評価のポイント】

  1. 好走血統のディープインパクト産駒。
  2. 好走傾向の神戸新聞杯組。
  3. 長期休養明けの前走を叩いての上積みは大きい。
  4. 気性面に課題を残す点が不安。

単穴で推奨するのが、⑤ワールドプレミアです。

菊花賞の好走血統である父ディープインパクトであることが魅力の一頭です。全兄には、マイルから中距離路線で活躍したワールドエースがいますが、この馬は馬体が胴長で距離適性が中長距離に出ました。

ズブさもある馬なので、1800mや2000mよりは2400m以上のレースがいいでしょう。

また菊花賞で好走傾向の神戸新聞杯組であることも魅力です。前走の神戸新聞杯では、上り3ハロン32.3の鋭い末脚をみせて3着と好走しました。一度末脚のギアがトップまで入れば、鋭く長くいい脚を使えます。

京都の外回りはコースは2戦して2勝、この点も評価できます。

さらに、前走の神戸新聞杯は若葉ステークスから6か月半の長期休養明けで臨んだ一戦です。いくら休み明けが走るディープインパクト産駒でも、さすがに半年以上のレース間隔が空いての1戦ですから、叩いての上積みが期待できます。

色々とプラス材料が多いワールドプレミアですが、懸念材料は気性面です。神戸新聞杯でもレース前からチャカついていましたし、道中も鞍上の武豊騎手が折り合いに苦労していました。

その点を割り引いて単穴評価としましたが、血統背景は魅力ですし、レース適性も高いので期待したい一頭ではあります!


続いては、特注馬として抑えておきたい"星評価"の馬をご紹介します。


☆(星) ⑦ヒシゲッコウ

【評価のポイント】

  1. スタミナ溢れる血統構成は魅力。
  2. 力の要る馬場は持って来い。
  3. 追える鞍上のスミヨン騎手とは手が合うはず。

特注馬として抑えておきたいのが、⑦ヒシゲッコウです!

条件戦を2連勝中と勢いに乗るヒシゲッコウ。

父ルーラーシップ、母父ファルブラヴのスタミナ溢れる血統構成が魅力です。ルーラーシップ産駒ですから、距離が延びていい馬でしょう。また母方のトウショウボーイ、テスコボーイと続くプリンスリーギフト系の血統は、淀の下り坂適性を高めて好印象です。

ルーラーシップ産駒は力の要る馬場を得意としていますから、多少馬場が傷んでいようと道悪馬場になろうと問題ありません

そして鞍上は追えるスミヨン騎手。ヒシゲッコウは不器用な馬で、道中は後方に控えてのロングスパート大外マクリが勝ちパターンです。鞍上と馬の脚質は間違いなく合うはずです。

メンバーレベルが一気に上がりますが、どこまで勝負できるか楽しみな一頭です!


△(連下) ⑫レッドジュニアル、⑭サトノルークス、②ニシノデイジー

連下には、⑫レッドジュニアル、⑭サトノルークス、②ニシノデイジーの3頭を抑えます。

まずレッドジュニアルですが、京都外回りコースを得意としています。また血統も父キングカメハメハ×母父マンハッタンカフェの配合で、母方の影響が出ると考えれば距離はこなしてくるでしょう。菊花賞で好走傾向の神戸新聞杯組であることも魅力です。

次にサトノルークスは、好走血統のディープインパクト産駒であることが評価できます。晩成血統で古馬になってよくなる馬と考えていますが、豊富なスタミナを感じさせます。早め早めで仕掛けて、ラストの粘り合いになれば面白い一頭です。

連下の最後の一頭は実力馬のザダルとニシノデイジーで悩みましたが、最終的にはニシノデイジーとしました。両馬ともに距離不安を抱える中で、内枠に入ったのはプラス材料です。その中で既に傷んでいる馬場状態を考えると、ハービンジャー産駒のニシノデイジーの方が好走する確率が高いと読みました。



菊花賞の予想印(まとめ)

それでは最後に菊花賞の予想印をまとめます!

【菊花賞の予想印(まとめ)】

◎⑬ヴェロックス
〇⑮ホウオウサーベル
▲⑤ワールドプレミア
☆⑦ヒシゲッコウ
△⑫レッドジュニアル
△⑭サトノルークス
△②ニシノデイジー



以上、この記事では、菊花賞の最終予想となる予想印をご紹介しました。
ご紹介した内容が、馬券を予想する上でご参考になれば嬉しいです!

また菊花賞については、好走血統や有力馬血統診断などの記事も書いています。下記の関連記事でご紹介しますので、まだお読みいただけていない方はぜひご確認下さい!

最後までお読みいただきありがとうございました。


こちらの記事もおすすめ

Copyright© 競馬知恵袋 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.