【アーモンドアイ 血統分析】歴史的名牝の強さを探る!

投稿日:

競馬予想

こんにちは!KAZUです。
この記事では、歴史的名牝アーモンドアイの血統を特集します。



父や母、母父はもちろんのこと配合までしっかりと分析して、アーモンドアイの血統・配合を診断します。

ぜひご参考ください!



アーモンドアイの血統の基本情報

まず初めに、アーモンドアイの血統の基本情報をご紹介します。

アーモンドアイ 血統表(5代)
アーモンドアイ 血統表(5代)

父はロードカナロア、母はフサイチパンドラ、母父はサンデーサイレンスの配合です。

父ロードカナロアは、現役時代19戦13勝2着5回3着1回と馬券圏外を外したことがないパーフェクトホースです。香港スプリント連覇やスプリンターズステークス連覇など国内外のGⅠを6勝。マイルの安田記念も制覇しました。2013年年度代表馬で歴史的スプリンターです。

母フサイチパンドラは、現役時代21戦4勝。2006年のエリザベス女王杯を制覇しました。その他にも札幌記念1着やオークス2着、秋華賞3着など活躍をみせています。

曾祖母の名繁殖Sex Appealからは種牡馬として活躍したトライマイベストやEl Gran Senorが生まれています。また4代母のBest in Showの牝系からは、欧州でGⅠ2勝のザールが出ています。

父ロードカナロア×母父サンデーサイレンスの配合馬は、アーモンドアイの他にダイアトニックやルガールカルムなどがいます。勝ち上がり率もロードカナロア産駒の平均値を大きく上回っており、ニックス配合に近いと言えます。


アーモンドアイの血統診断|配合分析

父ロードカナロアの種牡馬としての特徴を考える上で重要となるのが、母レディブラッサムが持つセクレタリアト=シリアンシーの3×4の全兄妹クロスです。 このクロスが影響して、ロードカナロアは産駒に柔らかな体質やしなやかでストライドな走りを伝える傾向があります。

そのため配合でポイントとなるのは、ロードカナロアの柔らかさを硬めの血統で引き締めることです。

その点で考えると、アーモンドアイはパワフルで前向きな気性を伝えるNureyevの5×3のクロスや頑強なNortern Dancerの5×4のクロスを持っています。またパワーが特徴のBuckpasserの娘で名繁殖Sex Appealの6×3のクロスも発生しています。このSex Appealの血量はNortern Dancerの血量よりも多くなっており、一つのキーブラッドとなっています。

また血統を活性化する意味で大きく貢献しているのが、血統を父の父、父の母、母の父、母の母と4分割してみた場合に、3/4でNorthern Dancerのクロスが発生しており、残りの1/4が非Nortern Dancerのサンデーサイレンスであることです。この1/4異形的な配合は、配合論として優秀で競走馬の能力を飛躍的に高めます。


父系の柔らかさを基盤にして、母のフサイチパンドラからスタミナを補完する。そして、母方の血統全体のパワーや頑強さで父系の柔らかさをいい意味で引き締める。さらに1/4異形的配合で、血統全体を活性化。

アーモンドアイの血統は、血統全体のバランスとアクセントが秀逸で、歴史的名馬たるゆえんが詰まっています。



以上、この記事ではアーモンドアイの血統について特集しました!

最後までお読みいただきありがとうございました。


こちらの記事もおすすめ

Copyright© 競馬知恵袋 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.