【ノームコア 血統分析】一刀両断の重みある末脚が特徴|その強さを探る!

投稿日:

好走血統

こんにちは!KAZUです。
この記事では、GⅠ馬ノームコアの血統を特集します。



父や母、母父はもちろんのこと配合までしっかりと分析して、ノームコアの血統・配合を診断します。

ぜひご参考ください!



ノームコアの血統の基本情報

まず初めに、ノームコアの血統の基本情報をご紹介します。

ノームコア 血統表(5代)
ノームコア 血統表(5代)

父はハービンジャー、母はクロノロジスト、母父はクロフネの配合です。

父ハービンジャーは、英国生産馬で現役時代は9戦6勝。主な勝鞍はキングジョージⅥ&クイーンエリザベスS。同レースでは、2着にキングジョージ最大着差となる11馬身差をつけてレコードタイムで圧勝しました。

母クロノロジストは、現役時代2戦1勝。ノームコアの他に秋華賞を勝ったクロノジェネシスを生み出しています。

曾祖母のラスティックベルの牝系からは、フサイチエアデールやライラプス、フサイチリシャールなど活躍馬が多数出ています。

父ハービンジャー×母父クロフネの配合馬はノームコアの他に活躍馬がおらず、勝ち上がり率もハーツクライ産駒の平均を上回るわけではありませんので、好配合とは言えません。


ノームコアの血統診断|配合分析

父ハービンジャーは馬体にゆるさがあるため、母方にはそれを引き締める硬めの血を入れるのがセオリーと言われています。その点で、ノームコアは母父が頑強なDeputy Ministerの血を受け継ぐクロフネです。まず、ここでハービンジャーのゆるさを解消しています。

またクロフネはNasrullahとHyperionのクロスを内包する馬です。一方、父系のハービンジャーも同様にNasrullahとHyperionのクロスを内包しています。このNasrullah×Hyperionの血の増強は、重みのあるナタの切れ味的な末脚を生み出します。
ノームコアの重みがあるがキレも兼備する末脚は、このNasrullah×Hyperionの血の増強に由来するものと考えます。

また血統表を父の父、父の母、母の父、母の母と1/4に分割して考えた場合、父の父、父の母、母の父はいずれもNortern Dancerが主体の血統となっている一方で、母の母インディㇲユニゾンは非Nortern Dancerで、サンデーサイレンスやMr. Prospectorが主体です。
この血統全体で見た場合のNortern Dancerの緊張と緩和はバランスがよく、血統全体に活力をもたらすと考えます。


ノームコアの血統をまとめると、父ハービンジャーのゆるさを母父クロフネで解消して、Nasrullah×Hyperionの血の増強によりナタの切れ味的な末脚を生み出す。そして血統全体でNortern Dancerの緊張と緩和がバランスよく、活力を与える。

活躍馬ならではの秀逸な配合と考えます!



以上、この記事ではノームコアの血統について特集しました!

最後までお読みいただきありがとうございました。


こちらの記事もおすすめ

Copyright© 競馬知恵袋 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.