【スワンステークス 2019 予想】血統、レース傾向で導く推奨馬!

更新日:

好走血統

こんにちは!KAZUです。
この記事では、注目の重賞レース「スワンステークス(GⅡ)』の予想を特集します。

実績馬から上り馬まで面白いメンバーが揃った混戦模様の一戦です。

スワンステークスを血統傾向やレース傾向からしっかりと予想していきます。また1週前時点の推奨馬もご紹介します。

馬券予想に、ぜひご参考ください!



【スワンステークス 2019 予想】血統、レース傾向で導く推奨馬!

まず初めにこの記事の内容についてご紹介します。

この記事は、スワンステークスの予想のポイントとなるレース傾向や血統傾向(好走血統)、そして推奨馬をご紹介する3本立ての内容です。



なお、この記事の内容は動画を制作してYouTubeでも公開しています。動画で予想を確認したいという方は、ぜひ動画をご覧ください!
なお、顔のアイコンをタップいただけるとチャンネル登録ができます。チャンネル登録すると最終予想の動画アップの通知などが届きます。この機会に、ぜひチャンネル登録いただけると嬉しいですm(__)m


それでは、まずレース傾向からご紹介します!


スワンステークスの予想のポイント①|レース傾向

スワンステークスのレース傾向で抑えておきたいポイントは3点です。

【レース傾向】

・大型馬が走る。

・10番、11番、12番枠が馬券に絡む。

・逃げ馬が有利。


まず最初のレース傾向のポイントは、「大型馬が走る」ことです。

過去10年のスワンステークスの馬体重別成績を分析すると、複勝率は馬体重が重くなればなるほど上昇傾向にあります(540kg以上は除く)。なかなか面白い傾向ですね。

安易ですが「馬体重=パワー」と考えるのであれば、スワンステークスはパワーが求められるレースと言えるのかもしれません。

スワンステークス 馬体重成績(過去10年)
スワンステークス 馬体重成績(過去10年)

2つ目のレース傾向のポイントは、「10番、11番、12番枠が馬券に絡む」ことです。

こちらも過去10年のスワンステークスの馬番別成績を分析すると、10番、11番、12番枠が抜けて好成績となっています。10番枠が勝率10.0%・複勝率30.0%、11番枠が勝率30.0%、複勝率40.0%、12番枠が勝率22.2%、複勝率44.4%。11番枠、12番枠については、単複回収率ともに100%を超えています。

スワンステークスは、特にこの3つの好枠に入った馬に注意が必要といえるでしょう。

スワンステークス 馬番別成績(過去10年)
スワンステークス 馬番別成績(過去10年)

最後にレース傾向の3つの目のポイントは、「逃げ馬が有利」であることです。

同様に、過去10年のスワンステークスの脚質別成績を分析すると、逃げ馬が勝率20.0%、複勝率60.0%、単勝回収率230%、複勝回収率276%と驚異的な数字を叩き出しています。しかもこの逃げ馬ですが、人気薄でも馬券に絡む傾向にあります。

なお、この傾向は京都芝1400mのレース全体で言える傾向であり、過去5年の京都芝1400mの逃げ馬の勝率は20.2%、複勝率42.2%、単複回収率は150%を超えています。

スワンステークスを含め、とにかく京都芝1400mで行われるレースは逃げ馬を必ず抑えておく必要があります。

スワンステークス 脚質別成績(過去10年)
スワンステークス 脚質別成績(過去10年)

ご紹介した3点の他に、スワンステークスの過去10年のレース傾向として抑えておきたいその他のポイントとしては、「前走安田記念組の馬の複勝率が50%を超える」、「前走京成杯オータムハンデ組の馬の単複回収率が100%を超える」、「矢作厩舎の馬が9頭出走しており、内4頭が馬券に絡んでいる」ことがあげられます。


スワンステークスの予想のポイント②|血統傾向(好走血統)

ここからは僕が予想において最も重視する血統傾向、スワンステークスの好走血統についてご紹介していきます。この好走血統は、過去のスワンステークスで3着内に入った馬を好走馬と位置付け、血統を分析することで導いています。

【好走血統】

・父ディープインパクト

スワンステークスは、ディープインパクト産駒がとにかく走ります。

昨年のスワンステークスはディープインパクト産駒がいませんでしたが、2017年はサングレーザーが1着。2016年はサトノアラジンが1着、サトノルパンが2着。2015年はフィエロが2着。2014年はミッキーアイルが1着、フィエロが3着。ディープインパクト産駒は出走した場合、毎年必ず馬券に絡んでいます。

過去10年のスワンステークスのディープインパクト産駒の成績を分析すると、勝率27.3%、複勝率54.5%、単複回収率100%超えと非常に好成績です。


スワンステークスは、ディープインパクト産駒の特徴である「しなやかでストライドな走り」が活きる舞台といえそうです。



スワンステークスのレース傾向・好走血統にもとづく推奨馬!

それでは、ここまでご紹介したレース傾向・好走血統にもとづく推奨馬を一頭ご紹介します!

【推奨馬】

・ダイアトニック


1週前時点で考える今年のスワンステークスの推奨馬は、ダイアトニックです!このダイアトニックは血統的な魅力が大きい馬です。

血統は父がロードカナロア、母がトゥハーモニー、母父がサンデーサイレンスの配合です。

父ロードカナロアは好走血統のディープインパクトに似た「柔らかな体質やしなやかでストライドな走りを産駒に伝える傾向があります。母方の血統では、 リボー系のTom Rolfe(トムロルフ)でロードカナロアの柔らかさを締めつつ、Halo(ヘイロー)の母であるCosmah(コスマー)の4×5のクロスで、父ロードカナロアの長所を伸ばす。妙味のある配合です。

またダイアトニックの血統全体で、Storm Bird(ストームバード)の4 x 4のクロスが発生しており、このクロスが京都芝1400m適性を飛躍的に高めます。京都芝1400mはStorm Birdの後継種牡馬Storm Cat(ストームキャット)の血がとにかく走ります。このクロスは、ダイアトニックをスワンステークスの推奨馬とする上でキーブラッドになっています。

兄妹では、半兄に京王杯スプリングカップ2着のレオプライムがおり、レオプライムは京都芝1400mを4戦して1着1回2着1回(競走中止除く)と得意にしていました。このダイアトニックも京都芝1400mは4戦して4勝と相性は抜群です。

前走の安土城ステークス(L)は、2着のリバティハイツとはクビ差と僅差での勝利でしたが、鋭い末脚と最後まで抜かせない勝負根性は評価ができます。

以上の理由から、今年のスワンステークスはダイアトニックを推奨馬とします!


スワンステークス 予想のポイントと推奨馬のまとめ

最後にスワンステークスの予想のポイントと推奨馬をまとめます。

<予想のポイントと推奨馬のまとめ>

【レース傾向】

・大型馬が走る。

・10番、11番、12番枠が馬券に絡む。

・逃げ馬が有利。


【好走血統】

・父ディープインパクト


【推奨馬】

・ダイアトニック


なお最終予想となる予想印については、下記記事でご紹介しています。こちらもご参考下さい!

以上、この記事ではスワンステークスの予想のポイントと推奨馬についてご紹介しました。ご紹介した内容が馬券予想のご参考になれば嬉しいです!

最後までお読みいただきありがとうございました。


こちらの記事もおすすめ

Copyright© 競馬知恵袋 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.