【天皇賞秋 2019 予想】有力馬を血統診断|スワーヴリチャード、アルアイン編

更新日:

好走血統

こんにちは!KAZUです。
この記事では、超豪華メンバーが揃った『天皇賞(秋)(GⅠ)』の有力馬の血統診断を特集します。

有力馬の血統について、S、A、B、C、Dの5段階評価で診断していきます。

なお天皇賞秋の最終予想となる予想印については、別記事でご紹介しています!「まず予想印が気になる!」という方は、下記記事からご確認下さい!



【天皇賞秋 2019 予想】有力馬を血統診断|スワーヴリチャード、アルアイン編

まず初めに、今回血統を診断する有力馬についてご紹介します。

今回特集する有力馬は、スワーヴリチャード、アルアインの2頭です。


なお今回特集する2頭以外の出走予定馬については、下記の関連記事で特集しています。関連記事も、ぜひご参考下さい!


また、この記事の内容は動画を制作してYouTubeでも公開しています。動画で予想を確認したいという方は、ぜひ動画をご覧ください!
なお、顔のアイコンをタップいただけるとチャンネル登録ができます。チャンネル登録すると最終予想の動画アップの通知などが届きます。この機会に、ぜひチャンネル登録いただけると嬉しいですm(__)m


それではスワーヴリチャード、アルアインの血統診断にまいります!


天皇賞(秋) 血統診断|スワーヴリチャード

まずは、スワーヴリチャードについて取り上げます。

血統は父ハーツクライ、母ピラミマ、母父アンブライドルズソングの配合です。

父ハーツクライはサンデー系でもスタミナに優れ、産駒は中長距離を中心に活躍します。ハーツクライ同様に脚長の馬が多く、スピードの持続力に優れ、末脚を活かす競馬が向きます。ハーツクライ産駒は、ストライドな走りが特徴的で器用さには欠けるので、基本的には大箱向きです。また成長力が素晴らしく、産駒は古馬になって本格化します。

母ピラミマは、現役時代2戦0勝。目立った活躍はできませんでしたが、繁殖牝馬としては、スワーヴリチャードの他にバンドワゴンを送り出しています。

配合を考えると、父サンデー系と母父アンブライドルズソングの組み合わせは非常に相性がよく、スワーヴリチャード、トーホウジャッカル、ダノンプラチナといったGⅠ馬を生み出しています。

小回りコースの阪神芝2200mで行われた宝塚記念3着から臨む大箱の東京芝2000mは間違いなくプラス材料です。馬場状態は稍重程度までであれば十分にこなすでしょう。

東京コースであれば、ハーツクライ譲りのストライドな走りが多いに活きるはずです。

血統評価は「A」です。


天皇賞(秋) 血統診断|アルアイン

続いては、アルアインについて取り上げます。

血統は父ディープインパクト、母ドバイマジェスティ、母父エッセンスオブドバイの配合です。

父ディープインパクトは現役時代を彷彿とさせる「しなやかでストライドな走りから繰り出されるキレ味鋭い末脚」を産駒に伝えるのが特徴です。産駒は直線が長いコースを得意としており、スロー×瞬発力のレースになると持ち前の瞬発力を武器に恐ろしいほどの活躍をみせます。一方で末脚のキレが削がれる道悪馬場は苦手です。また馬格やパワーに課題があるとされており、配合ではその点を補うことが重要です。

母ドバイマジェスティは、現役時代は米国で活躍した馬で通算成績は34戦12勝。ダート7ハロンで行われるBCフィリー&メアスプリントを制覇しています。産駒はアルアインの他に、素質馬ダノンマジェスティがいます。

父ディープインパクト×母父エーピーインディ系の配合は、アルアインの他にグランアレグリアやハートレーがいます。基本的にはマイルから中距離を舞台に、小回り適性が高い血統です。

今回は、前走得意とする小回り阪神コースの宝塚記念4着から臨む一戦です。距離短縮は歓迎ですが、小回りから大箱に変わる点は正直マイナスと言わざるを負えません。ディープインパクトのキレ味を俊敏性に変えて、機動力のある操縦性とトップスピードに達するまでの早さで勝負する馬です。末脚勝負になる東京芝2000mではどうでしょうか。

最終的な血統評価は「B」です。



以上、この記事では天皇賞(秋)の有力馬スワーヴリチャード、アルアインの血統診断を特集しました。ご紹介した内容が馬券予想のお役に立てれば嬉しいです!

最後までお読みいただきありがとうございました。


こちらの記事もおすすめ

Copyright© 競馬知恵袋 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.