【天皇賞秋 2019 予想】有力馬を血統診断|ユーキャンスマイル、ウインブライト編

更新日:

競馬予想

こんにちは!KAZUです。
この記事では、超豪華メンバーが揃った『天皇賞(秋)(GⅠ)』の有力馬の血統診断を特集します。

有力馬の血統について、S、A、B、C、Dの5段階評価で診断していきます。

なお天皇賞秋の最終予想となる予想印については、別記事でご紹介しています!「まず予想印が気になる!」という方は、下記記事からご確認下さい!



【天皇賞秋 2019 予想】有力馬を血統診断|ユーキャンスマイル、ウインブライト編

まず初めに、今回血統を診断する有力馬についてご紹介します。

今回特集する有力馬は、ユーキャンスマイル、ウインブライトの2頭です。


なお今回特集する2頭以外の出走予定馬については、下記の関連記事で特集しています。関連記事も、ぜひご参考下さい!


それではユーキャンスマイル、ウインブライトの血統診断にまいります!


天皇賞(秋) 血統診断|ユーキャンスマイル

まずは、ユーキャンスマイルについて取り上げます。

血統は父キングカメハメハ、母ムードインディゴ、母父ダンスインザダークの配合です。

父キングカメハメハは母方の特徴を引き出すキングマンボ系に分類され、万能型の種牡馬です。芝・ダート兼用で距離も中長距離から短距離までこなします。また馬場状態も不問です。そのため、産駒の個性は多岐に渡ります。その他、精神的にも前向きでとにかく真面目であることも産駒の特徴としてあげられます。

母ムードインディゴは、現役時代24戦3勝。重賞の府中牝馬SやOP競走の忘れな草賞を勝ちました。GⅠでも秋華賞2着と好走しており、実績馬です。

父キングカメハメハと母父ダンスインザダークの配合では、ユーキャンスマイルの他にGⅠ2勝馬ラブリーデイ、重賞3勝馬ショウリュウムーンがいます。

菊花賞3着やダイヤモンドSの勝利からステイヤーの印象が強く、馬体も胴長なのですが、血統的には中距離のGⅠレースも十分こなせる背景です。

右回りが苦手なので新潟記念に続く左回りはプラス材料ですし、道悪馬場になっても苦にするイメージは湧きません。
あとは能力的にどこまで通用するかでしょう。

血統評価は「B」です。


天皇賞(秋) 血統診断|ウインブライト

続いては、ウインブライトについて取り上げます。

血統は父ステイゴールド、母サマーエタニティ、母父アドマイコジーンの配合です。

父ステイゴールドは気性が激しく、荒ぶる闘争心を兼ね備えます。ステイゴールド産駒は、距離が延びるほど良く、サンデー系の中でもパワーに優れており、道悪や力のいる馬場を得意とします。また、パワーに加えて機動力も兼ね備えているため、中山や阪神など小回りで直線に急坂があるコースを得意とします。
(ただし、東京など大箱コースが苦手なわけではありません。)

母サマーエタニティは、現役時代21戦3勝。1000万下止まりの条件馬でしたが、母父アドマイヤコジーンの影響を受け、芝の短距離からマイル路線で活躍しました。

ウインブライトの全姉には、阪神ジュベナイルフィリーズ2着のウインファビラスがいます。近親馬にはコスモドリームやオースミシャダイなど中長距離路線で活躍した馬もいますが、ウインブライトについては母サマーエタニティの影響もあり、距離適性は1600mから2000mです。

「中山コースが鬼」であることを踏まえると、父ステイゴールドのパワーと機動力を色濃く受け継いでいます。中山コースに代表される小回り急坂適性と東京コースの大箱で緩やかな坂は、コースとしては相反します。
ステイゴールド産駒らしく個性が強い馬でもあるので、強みを活かせる舞台でこその馬と感じます。

今回は適性が向かないと考え、血統評価は「C」とします。



以上、この記事では天皇賞(秋)の有力馬ユーキャンスマイル、ウインブライトの血統診断を特集しました。ご紹介した内容が馬券予想のお役に立てれば嬉しいです!

最後までお読みいただきありがとうございました。


こちらの記事もおすすめ

Copyright© 競馬知恵袋 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.