JBCクラシック2019 血統予想!ここは鉄板の本命馬【競馬知恵袋】

投稿日:

競馬予想

こんにちは!KAZUです。
いつも競馬ブログ「競馬知恵袋」をお読みいただき、ありがとうございます!

この記事では、JBCクラシックの最終予想として予想印をご紹介します。馬券予想に、ぜひご参考下さい!

まず初めに、記事の内容についてご紹介します。
この記事は、前半にJBCクラシックを予想する上で鍵となる「浦和競馬場ダート2000mのコースの特徴」と「レース傾向」を取り上げ、後半に予想印をご紹介する2本立ての内容です。

浦和競馬場は地方競馬の中で特殊なコースです。予想印を確認する前に、「コースの特徴」と「レース傾向」をしっかりと抑えておきましょう!



JBCクラシックの予想の鍵|コースの特徴とレース傾向

それでは、まずJBCクラシックが行われる「浦和ダート2000m」のコースの特徴とレースの傾向について見ていきましょう。

まず浦和競馬場の特徴は地方競馬屈指の小回りで直線が約200mと短いこと。以前から不均一な路盤が不評であったため、今回のJBC開催をふまえて改修工事が行われ、路盤が改善されたことで現在はレースの高速化が進んでいます。

浦和ダート2000mコースについては、スタート地点が向こう正面からとなり、レースではコーナーを6つ回ります。角度のきついコーナーを6回も回るということで、JBCスプリントやJBCレディスクラシックが行われるダート1400m以上に逃げ・先行馬が有利です。

スタート後に先手もしくは好位につけれるダッシュ力、コーナリングでスピードを落とさないスピードの柔軟性が求められるレースです。この能力を持った馬から狙いたいレースといえます!

JBCクラシック2019|血統とレース傾向で選ぶ予想印!

それではここからは、JBCクラシックの予想印とその根拠についてご紹介していきます!

◎(本命) ⑧チュウワウィザード

今年のJBCクラシックの本命は、⑧チュウワウィザードです!

デビューから12戦して1着7回、2着3回、3着2回と馬券圏外が一度もない信頼がおける馬で、今回も馬券圏内を外すことは考えづらいです。

父キングカメハメハは芝・ダート兼用の種牡馬ですが、小回り適性が高い馬。産駒成績も枠順が内枠に入ると成績が上昇します。母チュウワブロッサムは機動力を高めるノーザンテーストのクロスを持っています。
この父と母の配合ですから、小回り適性は非常に高くコーナリングスピードに優れた血統背景といえるでしょう。

先行しても良し、差しても良しの馬で大崩れがない馬。

実力的に対抗馬となるオメガパフュームが小回り適性と左回りコースに不安を抱えるため、チュウワウィザードはゆるがぬ本命でしょう!

ここは信頼の本命です!!

〇(対抗)⑨ロードゴラッソ

対抗は⑨ロードゴラッソです!

シリウスステークスを勝利して臨む初GⅠ挑戦。
晩成血統のハーツクライ産駒らしく、ここにきての成長は著しいものがあります。

もともとは芝の中距離レースを使われていた馬のため、スピード能力は十分。ダートに転向後、目覚しい活躍をみせるのは米国重賞馬の祖母トラバーズシティの影響でしょうか。

前走のシリウスステークスの3コーナーから4コーナーにかけての捲りを見る限り、小回り適性も高く、コーナーでのスピードの乗りはいい馬です。

この時期のハーツクライ産駒の成長力を見込んでも面白い馬なので、対抗評価で推奨します!

▲(単穴) ③オメガパフューム

単穴で推奨するのが、③オメガパフュームです!

GⅠ2勝馬で実績から考えればナンバー1の評価ができるオメガパフューム。前走の帝王賞はチュウワウィザード、ノンコノユメ、ミツバ、そしてインティを力でねじ伏せる圧巻の競馬。上り3ハロンは2位のチュウワウィザードに1秒の差をつける36.7。何と言ってもダートにおける豪脚が魅力の馬です。

ただし、今回は極端な小回りコースとなる浦和競馬場。地方でも大井競馬場で好走するこの馬にとっては適性が疑問視されます。

また左回りコースは今年のフェブラリーステークス、昨年のチャンピオンズカップ、3歳時の青竜ステークスと3戦して青竜ステークスの3着が最高成績。個人的に左回りの適性に若干の課題があると感じています。

本命のチュウワウィザードに不安がない一方で、オメガパフュームは実力がありながらも複数の不安を抱えています。
その点を考慮して、今回は単穴評価としました。

△(連下)⑦アンデスクイーン

最後に連下で抑えておきたいのが、⑦アンデスクイーンです!

父タートルボウルといえば、トリオンフが代表産駒で芝血統のイメージが強い種牡馬ですが、アンデスクイーンの他にビックリシタナモーなどダートで活躍する馬も送り出しています。 近親馬にはインティライミ、スマートギア、ワンモアチャッターなどがおり、小回り適性の高さを感じさせる血統背景です。

直近2走はブリーダーズゴールド、レディースプレリュードと牝馬交流重賞連勝して勢いがあります。中央よりも地方で好走傾向でその点も魅力。

牝馬ながら今回も好走が期待でき、馬券的には抑えておく必要があります。



JBCクラシック2019の血統予想|まとめ

それでは最後に、JBCクラシックの予想印をまとめて締めくくります!

【JBCクラシック2019の予想印】

◎⑧チュウワウィザード
〇⑨ロードゴラッソ
▲③オメガパフューム
△⑦アンデスクイーン

以上、この記事では、JBCクラシックの予想印をご紹介しました。ご紹介した内容が、馬券を予想する上でご参考になれば嬉しいです!

また同日のJBCシリーズの最終予想も必見です!
ぜひご参考いただければと思います!!

必見!
競馬知恵袋
JBCレディスクラシック2019 血統予想!浦和ならこの馬だ!!【競馬知恵袋】

こんにちは!KAZUです。競馬ブログ「競馬知恵袋」をお読みいただき、ありがとうございます! この記事では、JBCレディスクラシックの最終予想として予想印をご紹介します。馬券予想に、ぜひご参考下さい! ...

続きを見る

必見!
競馬予想
JBCスプリント2019 血統予想!浦和でもこの馬が馬券の軸【競馬知恵袋】

こんにちは!KAZUです。競馬ブログ「競馬知恵袋」をお読みいただき、ありがとうございます! この記事では、JBCスプリントの最終予想として予想印をご紹介します。馬券予想に、ぜひご参考下さい! まず初め ...

続きを見る

最後までお読みいただきありがとうございました。

こちらの記事もおすすめ

Copyright© 競馬知恵袋 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.