【エリザベス女王杯2019 馬場傾向】キンカメ系、ディープ系に特注!|競馬知恵袋

更新日:

競馬予想

こんにちは!
いつも競馬ブログ「競馬知恵袋」をお読みいただき、ありがとうございます!

この記事では、「エリザベス女王杯」を予想する上で抑えておきたい馬場傾向を特集します。先週の京都開催の芝レースの傾向を把握することは、エリザベス女王杯を予想する上で大きなポイントとなります。

馬券予想に、ぜひご参考ください!



エリザベス女王杯2019|予想のポイントとなる馬場傾向

まず初めに先週の京都開催芝コースの基本情報を確認しておきましょう。

先週の京都開催芝コースはAコースからBコースに変わり、土日ともに秋開催初めての良馬場で行われました。芝の含水率は土曜日がゴール前9.9%、4コーナー9.8%、日曜日はゴール前9.3%、4コーナー9.1%となっています。

それでは次に、先週の京都開催芝コースの馬場傾向の特徴について取り上げます!

今回ご紹介するポイントは2点です。

【馬場傾向】

  1. 先行馬有利!
  2. キングカメハメハ系、ディープ系が好走!

先行馬有利!

まず1つ目のポイントは、「先行馬有利!」です。

先週の京都開催芝コースは、先行馬が勝率18.8%、連対率29.2%、複勝率37.5%と最も成績が良い傾向です。次いで、並ぶかたちで逃げ(勝率7.7%、連対率15.4%、複勝率23.1%)と差し(勝率6.3%、連対率16.7%、複勝率27.1%)が続きます。追込みについては、勝率0%、連対率4.7%、複勝率11.6%と不振です。

先週の京都芝コース脚質別成績
先週の京都芝コース脚質別成績

「前に行き過ぎれば粘り切るのが難しく、後ろから行けば差し届かず」といった傾向で、好位から末脚を活かす競馬が好走傾向です。

キングカメハメハ系、ディープ系が好走!

次に2つ目のポイントは、「キングカメハメハ系、ディープ系が好走です。

先週の京都開催芝コースは、キングカメハメハ産駒が5頭出走して1着2回、2着2回、勝率40.0%、連対率80.0%、複勝率80.0%と非常に好成績[2-2-0-1/5]でした。キングカメハメハ系のロードカナロア産駒も9頭出走して、1着1回、3着1回とそれなりの成績をあげています。

またディープ系のキズナも好調で12頭出走して4頭が馬券に絡む好成績[2-1-1-8/12]。勝率16.7%、連対率25.0%、複勝率33.3%と走っています。また大本のディープインパクト産駒自体も8頭出走して半数の4頭が馬券に絡んでいます。この成績 [1-3-0-4/8] も評価すべきでしょう。

先週の京都芝コース種牡馬別成績
先週の京都芝コース種牡馬別成績

キングカメハメハ系、ディープ系といった主流血統をしっかりと抑えておく必要があります!


以上、この記事ではエリザベス女王杯を予想する上でポイントとなる馬場傾向について特集しました。ご紹介した内容が馬券予想のご参考になれば嬉しいです!

なお、エリザベス女王杯の最終予想については下記の記事でご紹介しています。ぜひご参考下さい!

最終予想!
競馬予想
エリザベス女王杯2019 血統予想!ヘイローのニアリークロスで馬券を狙う|競馬知恵袋

こんにちは!最近はYouTubeチャンネル「KAZUの競馬予想」を開設して、動画でも予想をお伝えするのがマイブームのKAZUです。(たくさんの方にチャンネル登録、ご視聴をいただいています!) この記事 ...

続きを見る

最後までお読みいただきありがとうございました。

こちらの記事もおすすめ

Copyright© 競馬知恵袋 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.