東京スポーツ杯2歳ステークス2019|好走血統!ディープ産駒が走る|競馬知恵袋

更新日:

好走血統

こんにちは!
最近はYouTubeチャンネル「KAZUの競馬予想」を開設して、動画でも予想をお伝えするのがマイブームのKAZUです。
(たくさんの方にチャンネル登録、ご視聴いただいています)

この記事では、「東京スポーツ杯2歳ステークス」を予想する上で抑えておきたい血統傾向を特集します。過去の血統傾向から導く「好走血統」は必見です。

馬券予想に、ぜひご参考ください!



東京スポーツ杯2歳ステークス2019の好走血統

それでは早速ですが、東京スポーツ杯2歳ステークスを予想する上で抑えておきたい好走血統をご紹介します!

【東京スポーツ杯2歳ステークスの好走血統】

ディープインパクト産駒

今年の東京スポーツ杯2歳ステークスの好走血統は、「ディープインパクト産駒」です!

東京スポーツ杯2歳ステークスは、400mで割り切れない非根幹距離の芝1800mで行われるレースとはいえ、日本競馬の主流コースである東京競馬場で行われる重賞レース。やはり主流血統のディープインパクト産駒が走ります。

過去10年の東京スポーツ杯2歳ステークスの種牡馬別成績を分析すると、ディープインパクト産駒が2勝と勝利数トップ、成績は[2-2-3-12/19]。勝率10.5%、連対率21.1%、複勝率36.8%と好成績です。

東京スポーツ杯2歳ステークス 種牡馬別成績(過去10年)
東京スポーツ杯2歳ステークス 種牡馬別成績(過去10年)

特筆すべきは直近5年の成績で、11頭のディープインパクト産駒が出走していますが、半数以上の6頭の馬が馬券に絡んでいます。また、この直近5年はいずれの年もディープインパクト産駒が馬券に絡む好調ぶりです。

東京スポーツ杯2歳ステークス ディープインパクト産駒成績(直近5年)
東京スポーツ杯2歳ステークス ディープインパクト産駒成績(直近5年)

ニックス配合のディープインパクト産駒が走る!

次に好走血統であるディープインパクト産駒の中でも、好走・凡走を分ける配合パターンはあるのかどうかについて考えてみます。

先ほどご紹介した好調の直近5年成績で出走頭数が11頭とサンプル数が少ないため、精度はそこまでといった印象ですが、基本的にはディープインパクト産駒のニックス配合が好走傾向と捉えています。

具体的には「ディープインパクト×ストームキャット」、「ディープインパクト×キングカメハメハ」、「ディープインパクト×フレンチデピュティ」などです。

「ディープインパクト×ストームキャット」 の該当馬には2015年2着のプロディガルサン、「ディープインパクト×キングカメハメハ」の該当馬は2017年勝馬のワグネリアン、「ディープインパクト×フレンチデピュティ」の該当馬は2014年2着のアヴニールマルシェがあげられます。

来年のクラシックを占う東京芝1800mで行われる2歳限定重賞レース。
やはり主流血統の中でも主流の配合が走ると考えます。

東京スポーツ杯2歳ステークスの好走血統の該当馬

今年の東京スポーツ杯2歳ステークスの出走予定馬で、好走血統のディープインパクト産駒は3頭。

アルジャンナ、コントレイル、ラインベックです!

【東京スポーツ杯2歳ステークスの好走血統】

ディープインパクト産駒

  1. アルジャンナ
  2. コントレイル
  3. ラインベック

この3頭の中でも、特に注目なのは「ディープインパクト×キングカメハメハ」のニックス配合であるラインベックでしょう。この配合からは、2017年勝馬のワグネリアンを送り出しています。

要チェックの一頭です!


以上、この記事では東京スポーツ杯2歳ステークスの予想する上で抑えておきたい好走血統について特集しました。ご紹介した内容が馬券を予想する上でご参考になれば嬉しいです!

なお、最終予想を含む東京スポーツ杯2歳ステークスの予想については、下記のページに関連記事を全てまとめています。

ぜひ、ご参考下さい!!


また冒頭ご紹介しましたが、現在、KAZUはYouTubeチャンネル「KAZUの競馬予想」を開設して、動画での予想配信に力を入れて取り組んでいます。

チャンネル登録がまだの方は、ぜひこれを機会にチャンネル登録いただき、動画の方もチェック下さい!重賞レースの予想のポイントや最終予想となる予想印をわかりやすくご紹介しています!!

YouTube|KAZUの競馬予想

最後までお読みいただきありがとうございました。

こちらの記事もおすすめ

Copyright© 競馬知恵袋 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.