【ラピスラズリステークス2019 予想】中山巧者と好走血統から馬券を狙う!|競馬知恵袋

投稿日:

競馬予想

こんにちは!
最近はYouTubeチャンネル「KAZUの競馬予想」を開設して、動画でも予想をお伝えするのがマイブームのKAZUです。
(たくさんの方にチャンネル登録、ご視聴をいただいています!)

この記事では、ラピスラズリステークスの最終予想として予想印をご紹介します。
馬券予想に、ぜひご参考下さい!




ラピスラズリステークスの血統予想(予想印)!

それでは早速ですが、ラピスラズリステークスの予想印をご紹介します!

【ラピスラズリステークスの予想印】

◎⑦ナックビーナス
〇⑨ハウメア
▲①アンフィトリテ
△⑥トウショウピスト

◎(本命)⑦ナックビーナス

ラピスラズリステークスの本命は、⑦ナックビーナスです!

ここは牝馬ながら斤量58kgでも、中山芝1200m巧者のナックビーナスを1番手と取ります。このナックビーナスですが、中山芝1200mは過去9戦して連対率88.9%[2-6-0-1/9]と抜群の成績を残しています。まさに中山スプリント巧者といえます。

血統的には、父ダイワメジャー×母レディトゥプリーズの配合で、ヘイローの3x4x5のクロスを内包しており、機動力・俊敏性を活かした先行力に長けています。

気になる斤量58kgですが、今年1月のカーバンクルステークスで同コース・同斤量を背負って2着と結果を残しており、気にはなるものの大きく割引く必要はないでしょう。

スプリントGⅠでも通用する力を持っている同馬。
このメンバーでは、きっちりと結果を残してくると予想します!


〇(対抗)⑨ハウメア
▲(単穴)①アンフィトリテ

対抗、単穴には好走血統のミスプロ系の、⑨ハウメア、①アンフィトリテを推奨します!

過去のラピスラズリステークスでは、父か母父にミスプロ系の血統を持つ馬が好走しています。昨年の1着ダイメイフジはアグネスデジタル産駒。2着のモズスーパーフレアはスパイツタウン産駒。3着のリョーノテソーロも母父がスパイツタウン。馬券に絡んだ3頭いずれも父か母父に大系統ミスプロ系の血統を持っています。

このような血統傾向の中で、今年の出走予定馬で父か母父にミスプロ系の血統を持つ馬は、キングカメハメハ産駒のハウメアとロードカナロア産駒のアンフィトリテの2頭。

直近のレース内容からハウメアを上位評価の対抗評価、近走奮わないアンフィトリテを単穴評価とします。


△(連下)⑥トウショウピスト

最後に連下で抑えるのが、⑥トウショウピストです!

このトウショウピストを抑える理由は、小頭数でペースが落ち着きそうな展開想定の中で前残りを想定しての連下評価です。

近走の成績は今一つですが、母父サクラバクシンオーのスプリント血統も気になりますので、抑えておいていい一頭かと思います。



以上、この記事では、ラピスラズリステークスの予想印をご紹介しました。ご紹介した内容が、馬券を予想する上でご参考になれば嬉しいです!


また冒頭ご紹介しましたが、現在、KAZUはYouTubeチャンネル「KAZUの競馬予想」を開設して、動画での予想配信に力を入れて取り組んでいます。

チャンネル登録がまだの方は、ぜひこれを機会にチャンネル登録いただき、動画の方もチェック下さい!重賞レースの予想のポイントや最終予想となる予想印をわかりやすくご紹介しています!!

YouTube|KAZUの競馬予想

最後までお読みいただきありがとうございました。

こちらの記事もおすすめ

Copyright© 競馬知恵袋 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.