ラップ×血統で予想!

競馬知恵袋

【リゲルステークス2019 血統】予想はとにかく「ディープ産駒」!|競馬知恵袋

投稿日:

競馬予想

こんにちは!
競馬ブログ「競馬知恵袋」をお読みいただき、ありがとうございます!

最近はYouTubeチャンネル「KAZUの競馬予想」を開設して、動画でも予想をお伝えするのがマイブームのKAZUです。

この記事では、土曜日の阪神メインレース「リゲルステークス」の最終予想を特集します!
血統傾向を軸にしっかりと予想していきます。馬券予想に、ぜひご参考下さい!




リゲルステークスの予想のポイント

まず初めに、リゲルステークスの予想のポイントとなる血統傾向を取り上げます。


阪神芝1600mは「とにかくディープ産駒」のコース!

リゲルステークスが行われる阪神芝1600mは「ディープインパクト産駒」が圧倒的に走るコースです!

過去5年の阪神芝1600m特別戦の種牡馬成績から、勝利数・複勝率をグラフ化した「種牡馬マップ」により成績を分析をすると、ディープインパクトが勝利数24勝、複勝率34.3%と圧倒的な成績をあげています。

種牡馬マップ(阪神芝1600m 特別戦)
種牡馬マップ(阪神芝1600m 特別戦)
※縦軸勝利数、横軸複勝率で上位種牡馬10頭をグラフ化

平場を含む形で過去5年の種牡馬別成績を分析すると、ディープインパクト産駒が60勝!2位のダイワメジャー産駒が13勝ですから、阪神芝1600mのディープインパクト産駒の成績は際立っているといえます!


過去5年のリゲルステークスの3着内に入った好走馬の血統を分析しても、昨年こそグリュイエールが1番人気で7着と凡走しましたが、2017年2着のサトノアーサーをはじめ、過去5年で5頭の馬が馬券に絡む好成績です。

リゲルS 好走馬(過去5年)
リゲルS 好走馬(過去5年)

このような血統傾向から、リゲルステークスの好走血統は「ディープインパクト産駒」といえます。


この予想のポイントとなる好走血統をふまえて、最終予想となる予想印へと進めていきたいと思います!


リゲルステークスの予想印

それではここからは、リゲルステークスの本命とその根拠、本命以降の予想印についてご紹介していきます!


◎(本命)サウンドキアラ

本命は、好走血統のディープインパクト産駒で阪神芝コース3戦して全て3着内と高いコース適性を示す「サウンドキアラ」です!


フィリーズレビューを勝ったサウンドバリアーを母に持ち、好走血統のディープインパクト産駒であるサウンドキアラ。

阪神芝1600mコースは、過去1000万下のレースを3戦して2着2回、3着1回。ラスの急坂で末脚が甘くなって勝ちきれない点は気になりますが、きっちりと適性を示している点は評価できます。


前々走のGⅠ・ヴィクトリアマイルは条件馬ながら7着と好走して、前走の長岡京ステークスは素質馬ミッキーブリランテを完封。
勢いのあるディープインパクト産駒ですから、昇級初戦のリステッド競走となっても勝ち負けまで十分に期待できる一頭です!

メンバー中、ディープインパクト産駒の最有力馬ですから、ここは本命で推奨します!


〇(対抗)以下の予想印

ここからは本命サウンドキアラ以降の対抗以下の予想印について、ダイジェスト形式でご紹介します。

【リゲルステークスの予想印】

◎サウンドキアラ
〇カリビアンゴールド
▲フロンティア
☆ブルベアトリュフ
△エントシャイデン

対抗には、ディープインパクトに継ぐ形で阪神芝1600m特別戦が得意のステイゴールド産駒「カリビアンゴールド」を推奨します!

単穴には、ダイワメジャー産駒で阪神芝1600mの適性が見込め、久々の好走に期待したい「フロンティア」!

以降は特注馬としては「ブルベアトリュフ」、連下にエントシャイデンを抑えます。



以上、この記事ではリゲルステークスの予想印をご紹介しました。ご紹介した内容が、馬券を予想する上でご参考になれば嬉しいです!


また冒頭ご紹介しましたが、現在、KAZUはYouTubeチャンネル「KAZUの競馬予想」を開設して、動画での予想配信に力を入れて取り組んでいます。

チャンネル登録がまだの方は、ぜひこれを機会にチャンネル登録いただき、動画の方もチェック下さい!重賞レースの予想のポイントや最終予想となる予想印をわかりやすくご紹介しています!!

YouTube|KAZUの競馬予想

最後までお読みいただきありがとうございました。

こちらの記事もおすすめ

Copyright© 競馬知恵袋 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.