【朝日杯フューチュリティステークス2019】予想に役立つ!出走馬の血統を徹底解説|競馬知恵袋

更新日:

競馬知恵袋

こんにちは!
競馬ブログ「競馬知恵袋」をお読みいただき、ありがとうございます!

最近はYouTubeチャンネル「KAZUの競馬予想」を開設して、動画でも予想をお伝えするのがマイブームのKAZUです。

この記事では、2歳マイル王者決定戦「朝日杯フューチュリティステークス」の出走予定馬の血統を特集します!

ご参考いただけるよう一頭一頭丁寧に解説していきますので、ぜひ最後までお読み下さい!




朝日杯フューチュリティステークス 出走予定馬の血統解説

それでは朝日杯フューチュリティステークスの出走予定馬の血統解説について、ご紹介していきます。

この血統解説は、netkeibaさんの想定人気の順番にもとづき取り上げていきます。
それではまいりましょう!


サリオス 血統解説(想定1番人気)

サリオス 血統表(3代)
サリオス 血統表(3代)

【血統背景】
父:ハーツクライ
有馬記念(GⅠ)1着、ドバイシーマクラシック(GⅠ)1着など  
母:サロミナ
独オークス(GⅠ)1着、ハンブルク牝馬賞(GⅢ)1着など
母父:ロミタス
オイロパ賞(GⅠ)1着、バーデン大賞(GⅠ)など

【牝系】
母:サロミナ
 サラキア 関西TVローズS(GⅢ)2着、エプソムC(GⅢ)2着
 サラミス サウジアラビアRC(GⅢ)1着


父はハーツクライ、母はサロミナ、母父がロミタスという血統です。

父ハーツクライは国内でディープインパクトを破った唯一の馬。サンデー系の中でもスタミナに優れ、古馬になっての成長力が期待できます。持続力に優れる末脚は大箱の東京コースや新潟外回りコースで存分に発揮され、その豊富なスタミナから長距離戦も得意。産駒には柔らかい体質を伝える特徴があります。

母サロミナはドイツ産生産馬で現役時代芝2200mの独オークスを勝っている活躍馬。サリオスで産駒の初重賞制覇となりましたが、重賞戦線で活躍するディープインパクト産駒のサラキアも送り出しています。

母父ロミタスはドイツで行われた芝2400mのオイロパ賞、バーデン大賞などを勝っており、欧州の中長距離路線で活躍した馬。種牡馬としては歴史的名牝のデインドリームを送り出しています。


血統背景からは欧州の重厚なドイツ牝系にハーツクライを配合しているため、仕上がりが遅くみえます。しかし母の母父がデインヒル系のタイガーヒルで、このデインヒルの血が活きています。

ハーツクライ産駒でデインヒル持ちの馬は、アドマイヤミヤビやグレイルなど仕上がりの早い馬があげられます。この点からサリオスは、2歳の早い時点から活躍できていると考えます。

父も母も母父も、そして母の母父タイガーヒルも中長距離で活躍した馬です。
そのような血統背景から距離適性は中距離以上、本格化は3歳秋以降と考えます。

デインヒルの血を母系に取り込んでいますから、阪神芝1600mの急坂も苦にしないでしょう。あとはハーツクライ産駒の成績が今一つな阪神芝1600mとの相性をどのように捉えるか!?

能力と素質で勝ちきるか、成長分を残している血統から好走に留まるか、その見極めがポイントになりそうです。


レッドベルジュール 血統解説(想定2番人気)

レッドベルジュール 血統表(3代)
レッドベルジュール 血統表(3代)

【血統背景】
父:ディープインパクト
クラシック三冠、ジャパンカップ(GⅠ)1着など  
母:レッドファンタジア
未勝利(9戦0勝)
母父:アンブライドルズソング
BCジュヴェナイル (GⅠ)1着、フロリダダービー(GⅠ)など

【牝系】
母:レッドファンタジア
 レッドベルローズ  フェアリーS(GⅢ) 3着
 レッドベルジュール デイリー杯2歳S(G2) 1着
2代母:Cat Chat ナッソーカウンティS(GⅡ)1着
 インランジェリー  スピンスターS(GⅠ)1着、ブラックアイドスーザンS(GⅡ)1着


父はディープインパクト、母はレッドファンタジア、母父がアンブライドルズソングという血統です。

父ディープインパクトは現役時代クラシック三冠などGⅠ7勝の名馬。サンデー系の中でも瞬発力に優れ、鋭い末脚が武器です。産駒の特徴としては、仕上がりも早く2歳時から活躍し、日本の主流コースで行われるクラシックでは強さを発揮します。また柔らかめの体質を伝え、しなやかなストライドの走りを伝える点が特徴的です。

母レッドファンタジアは現役時代は9戦して0勝、未勝利に留まっています。しかし繁殖牝馬としては、初年度からフェアリーステークス3着のレッドベルローズを送り出しており、ここまで産駒はいずれも2勝以上と繁殖牝馬としての高い能力を発揮しています。

母父アンブライドルズソングは米国で生産され、現役時代2歳の牡馬頂点を決めるBCジュヴェナイル、3歳時にはフロリダダービーを勝っています。種牡馬としてもアロゲートなど多数の活躍馬を送り出しており、2017年北米リーディングサイヤーを獲得しました。体高は173cmにも及び、巨大な馬で馬格に優れる点も特徴的です。


レッドベルジュールは、全姉にレッドベルローズ、レッドベルディエスがおり、その姉2頭と同じ個性を持った馬です。基本的には早い時期から活躍でき、1600m~2000mを距離適性として、脚質は末脚を活かす競馬を得意とします。

ディープインパクト×アンブライドルズソングの配合でみれば、GⅠ馬ダノンプラチナがおり、レッドベルジュールの同世代ではコントレイルもいます。ダノンプラチナを考えれば、やはり距離はマイルから中距離がベストでしょう。

姉2頭の成績が中山コースに良績が集中しているため、レッドベルジュールも急坂コースは得意と考えられます。その点で阪神芝1600mのコース形態はプラスに働きそうです。

仕上がりが早い血統のため、ここでも好走が期待できそうです。ただし牝系の力強さがいまひとつなため、GⅠを勝ちきる馬かといわれると少し疑問がつきます。


タイセイビジョン 血統解説(想定3番人気)

タイセイビジョン 血統表(3代)
タイセイビジョン 血統表(3代)

【血統背景】
父:タートルボウル
ジャンプラ賞 (G1)1着
母:ソムニア
函館2歳S 3着
母父:スペシャルウィーク
日本ダービー(G1)1着、ジャパンカップ(G1)1着など

【牝系】
母:ソムニア
 タイセイビジョン 京王杯2歳S(G2) 1着
4代母:代母:ドリームビジョン
 アロハドリーム 中京記念(G3)1着、函館記念(G3)1着
 ユートピア  南部杯(G1)1着、全日本2歳優駿(G1)1着など


父はタートルボウル、母はソムニア、母父がスペシャルウィークという血統です。

父タートルボウルは現役時代、フランスの3歳マイル王決定戦であるジャンプラ賞を制するなど欧州のマイル路線で活躍しました。日本でもトリオンフなど活躍馬を出していますが、基本的にはマイルを中心にスピード能力に優れた産駒を送り出します。欧州血統にしては、仕上がりが早いことも特徴的です。

母ソムニアは函館2歳S3着がある実績馬。スペシャルウィーク×エルコンドルパサーの配合に反して、スプリント適性が高く仕上がりもかなり早熟です。現役時代の成績は1400mになると一気に落ちることから、スプリンターといえます。

母父スペシャルウィークは、種牡馬としてブエナビスタやシーザリオなどGⅠ馬を送り出す活躍をみせましたが、ブルードメアサイヤーになるとさらに優秀です。シーザリオ一族のエピファネイア、サートゥルナーリアや海外G1を勝ったディアドラなどがあげられ、多くの活躍馬を母系から底支えしています。サンデー系らしい瞬発力を活かして、中距離前後のレースで活躍する馬が多いのが特徴といえます。


タイセイビジョンは、母父スペシャルウィーク、母の母父エルコンドルパサーの影響から中距離前後で活躍しそうな印象を受ける血統背景ですが、母ソムニアが早熟性の高いスプリンターであったこと、父タートルボウルも欧州のマイル路線で早いうちから活躍したことをふまえると、仕上がりの早いスプリンターからマイラーと捉えるのが妥当でしょう。

母系はスペシャルウィーク、エルコンドルパサー、ノーザンテーストなど日本的な血統となっています。そこに父系はタートルボウル、ダイヒムダイヤモンド、ナイトシフトの零細血統を配合しています。

この配合からはパワーが豊富な印象を受けますし、スピード能力も豊富でしょう。レースではサンデー系らしい瞬発力もみせていますので、今の阪神芝1600mの高速馬場やラストの急坂への適応も問題ないでしょう。

ただ、この馬が朝日杯フューチュリティステークスを勝ちきれるようなレースであれば、サリオスが素質で勝ちきるというのが僕の見解です。2着、3着あるいは掲示板の好走止まりが可能性としては高いと考えています。


ラウダシオン 血統解説(想定4番人気)

ラウダシオン 血統表(3代)
ラウダシオン 血統表(3代)

【血統背景】
父:リアルインパクト
安田記念(G1)1着、ジョージライダーS(G1)1着
母:アンティフォナ
未勝利勝ち 6戦1勝
母父:ソングアンドアプレイヤー
ファウンテンオヴユースS (G1)1着など

【牝系】
2代母:スナッチド
 スナッチマインド  京都牝馬S(G3)3着
3代母:Christmas Star
  Cuvee 米フューチュリティS(G1)1着、サラトガスペシャルS(G2)1着など


父はリアルインパクト、母はアンティフォナ、母父がソングアンドアプレイヤーという血統です。

父リアルインパクトは現役時代3歳で安田記念を勝利し、その後7歳で豪州のG1ジョージライダーSを勝つなど息の長い活躍をみせました。2019年が初年度産駒のデビュー年となります。産駒の特徴は、父ディープインパクトよりは母トキオリアリティーがよく出ており、ダートも含めてマイル前後で米国的なスピードを活かした競馬が得意。馬格も恵まれており、パワーを活かした競馬も向きます。仕上がりが早いマイラーが基本路線ですが、古馬になっての成長力も期待でき、産駒は息の長い活躍をみせてくれそうです。

母アンティフォナは現役時代、ダートの短距離を中心に走りました。戦績としては6戦1勝。未勝利勝ちに留まっています。産駒にはラウダシオンの他にクロッカスS2着のアンブロジオがおり、叔父にはG1・米フューチュリティSを勝ったキュヴィーがいます。

母父ソングアンドアプレイヤーはアンブライドルズソングの後継種牡馬。3歳時に米国G1・ファウンテンオヴユースSを制覇するなど活躍をみせています。種牡馬としては、米国G2・ベスト・パルSを勝ったホワットアソングなどを送り出していますが、産駒はG2止まりとなっています。


ラウダシオンは、父系・母系双方から米国的なパワースピードを豊富に受け継いでおり、パワーで押し切る形の競馬を得意とします。米国的な要素が強いことから、ダートを走らせても活躍が見込めます。また、その豊富なパワーから芝での道悪は「鬼と化す」と考えます。

父リアルインパクト、母父ソングアンドアプレイヤーともに現役時代は仕上がりが早かったことを加味すると、ラウダシオンも仕上がりが早く2歳戦から活躍が期待できます。また距離は1400m~1600mがベストでしょう。

そのような点から考えれば、初の芝1600mとなる阪神芝1600mも無難にこなしてくると考えます。ただし高速馬場で速い脚を使えるかというと、そうではないタイプの馬と捉えていますので良馬場になると少し厳しいのでは!?というのが見解です。重や不良といった道悪馬場になれば、浮上の可能性を秘めます。


ペールエール 血統解説(想定5番人気)

ペールエール 血統表(3代)
ペールエール 血統表(3代)

【血統背景】
父:ダイワメジャー
皐月賞(G1)1着、マイルCS(G1)1着など
母:アピールⅡ
海外7戦3勝
母父:セルカーク
クイーンエリザベス二世S(G1)1着など

【牝系】
母:アピールⅡ
  ペールエール 新潟2歳S(G3)2着


父はダイワメジャー、母はアピールⅡ、母父がセルカークという血統です。

父ダイワメジャーは現役時代28戦9勝。皐月賞、天皇賞(秋)、マイルチャンピオンシップ、安田記念などG1を5勝しました。仕上がりが早いながらもマイルから中距離路線で息の長い活躍を見せました。種牡馬としても優秀でアドマイヤマーズやメジャーエンブレム、レーヌミノルなど複数のG1馬を送り出しています。産駒の特徴はスピードの持続力と先行力。そして父サンデーサイレンスだけでなく、母父ノーザンテーストの影響も色濃いため、芝の道悪馬場やダートもこなす特徴があります。

母アピールⅡはアイルランド生産馬で現役時代7戦3勝。アイルランドやイギリスを中心に競走馬として活躍しました。1番仔のタングルウッド 、2番仔のマロリンともに勝ちあがっており、3番仔のペールエールは重賞で好走しています。繁殖牝馬として及第点の活躍をみせています。

母父セルカークはシャーペンアップの後継種牡馬。現役時代はイギリスのアスコット競馬場で行われるG1・クイーン・エリザベス2世ステークスなどを制覇しました。 種牡馬としても優秀で2002年のイギリス・サイアーラインランキングで1位に輝きました。産駒は欧州のマイルから中距離路線で活躍して、大物こそ送り出せなかったのものの産駒の92頭がステークスウイナーになっています。


ペールエールの血統を考える際に配合の肝となっているのが、父ダイワメジャーと母の母父リナミックスの組み合わせです。

リナミックスは1990年代の欧州の種牡馬で、競走馬としては仏2000ギニーを勝利する活躍をみせました。また種牡馬として2度のフランス・リーディングサイヤーに輝くなど活躍した馬です。1998年の凱旋門賞を勝ったサガミックスが代表産駒です。

母系にこのリナミックスを持つダイワメジャー産駒はペールエールを含み5頭しかいませんが、うち3頭ペールエール、アドマイヤマーズ、プレストウィックは重賞でも馬券に絡む活躍をみせています。アドマイヤマーズはGⅠ3勝馬ですし、プレストウィックもOP競走を勝つ活躍馬です。

配合馬が少ないながらニックス配合に近いといえるでしょう。


アドマイヤマーズと配合が似ている点を考慮するなら、この朝日杯フューチュリティステークスでのペールエールの走りには期待が持てます。瞬発力勝負になると分が悪いですが、ビアンフェなど距離延長で臨んでくるテンの早い馬が複数いますから、タフな競馬になることが想定されます。そうなれば、ダイワメジャー譲りのスピードの持続力を存分に発揮してくれるでしょう。

血統的には期待したい一頭です。

ビアンフェ 血統解説(想定6番人気)

ビアンフェ 血統表(3代)
ビアンフェ 血統表(3代)

【血統背景】
父:キズナ
日本ダービー(G1)1着、大阪杯(GⅡ)1着など
母:ルシュクル
すずらん賞(OP)1着
母父:サクラバクシンオー
スプリンターズステークスS(G1)1着など

【牝系】
母:ルシュクル
 ブランボヌール 函館2歳S(G3)1着、キーンランドC(G3)1着
 ビアンフェ 函館2歳S(G3)1着
2代母:アジアンミーティア
 ダコール 新潟大賞典(G3)1着
3代母:Trolley Song
 Unbridled's Song  BCジュヴェナイル(G1)1着、フロリダダービー(G1)1着など


父はキズナ、母はルシュクル、母父がサクラバクシンオーという血統です。

父キズナは現役時代14戦7勝。2013年の日本ダービーを制覇。その年の凱旋門賞に挑戦して4着と健闘しました。古馬になって以降はケガに泣かされましたが、当時G2の大阪杯を勝っています。種牡馬としての産駒の特徴は、母父ストームキャット譲りのレースに対する前向きな気性とパワー、そして父ディープインパクトから譲り受けた豊富なスピードです。ただし、そのスピードについてはキレる瞬発力というよりは長くいい脚を使う持続力に長けた印象です。また、母系の特徴を引き出すタイプの種牡馬と捉えています。

母ルシュクルは2歳時にすずらん賞を勝ち、G3のファルコン賞3着の実績馬。父サクラバクシンオー譲りの豊富なスピードのスプリンターです。母父のアンブライドルドの米国血統の影響を受けて仕上がりが早い早熟馬でもあります。またルシュクルの母アジアンミーティアが、名種牡馬アンブライドルズソングの全妹であることも注目です。

母父サクラバクシンオーは1993年・1994年とスプリンターズステークスを連覇した日本の名スプリンター。種牡馬としてもショウナンカンプ、グランプリボス、ビッグアーサーといったG1馬を送り出しています。プリンスリーギフト系らしい豊富なスピードと、その持続力に優れ、スプリント適性を高めます。


血統からビアンフェの競走馬としての個性を考えると、キズナが母系の良さを引き出す種牡馬と仮定するなら、まず母系に目を向けるべきかと思います。

母は早熟性の高いスプリンターのルシュクル。母父はスプリンターのサクラバクシンオー。そこにストームキャットの前向きな気性やパワーが前面に出るディープインパクトの後継種牡馬キズナを配合したわけですから、基本的には米国的な血統馬と捉えるのがよいのではないでしょうか。

仕上がり早く、レースに対する前向きな気性、持続力に優れる豊富なスピード、重ための馬場もこなす力強いパワー、これがビアンフェの競走馬としての個性と考えます。

距離適性はスプリントを基本としつつも、ディープインパクトのスタミナから2歳時、3歳時の若い時期であれば、マイルから1800mまではこなせるかもしれません。その点で考えれば、阪神芝1600m外回りコースもギリギリ持ちそうな気もします。

距離延長、距離延長で臨むG1レースですから、期待以上に不安が先行してしまうのはしょうがないところかと思いますが、今の逃げ圧倒的有利の馬場状態がハマれば面白い一頭だとは思います。


穴馬の血統解説

今回取り上げた有力馬3頭、上位馬3頭以外に、穴馬として血統的に面白いと感じるのはトリプルエース、ジュンライボルトの2頭です。

トリプルエースは、2代母シャターが仏1000ギニー2着、3代母Savannah Dancerがハリウッドダービー2着、4代母Valorisが英オークスや愛1000ギニーを勝っており、牝系がいいです。そこに欧州で2歳世代が大活躍する父シャマーダルを配合しています。前走のデイリー杯2歳Sではマイルの距離でも適性を示しており、馬券圏内も考えられる1頭です。

ジュンライボルトはダイナカール牝系の母スペシャルグルーヴにキングカメハメハを配合した良血馬。半兄にはグルーヴィットがいる血統で、1勝馬とはいえ大舞台のGⅠレースで好走しても驚きません。牝系の力強さが大舞台で発揮される可能性を秘め、注目したい馬です。



以上、この記事では朝日杯フューチュリティステークスの出走予定馬の血統診断についてご紹介しました。ご紹介した内容が、馬券を予想する上でご参考になれば嬉しいです!

なお、その他の出走予定馬の血統診断については順次更新していきます!

なお、朝日杯フューチュリティステークスの最終予想となる予想印については、下記の記事でまとめています。ぜひご参考下さい!

必見!
競馬予想
【朝日杯フューチュリティステークス2019 血統】最終予想!ペールエールに配合の妙あり|競馬知恵袋

こんにちは!競馬ブログ「競馬知恵袋」をお読みいただき、ありがとうございます! この記事では、2歳マイル王者決定戦「朝日杯フューチュリティステークス」の最終予想をご紹介します。 ご参考いただけるようしっ ...

続きを見る


また冒頭ご紹介しましたが、現在、KAZUはYouTubeチャンネル「KAZUの競馬予想」を開設して、動画での予想配信に力を入れて取り組んでいます。

チャンネル登録がまだの方は、ぜひこれを機会にチャンネル登録いただき、動画の方もチェック下さい!重賞レースの予想のポイントや最終予想となる予想印をわかりやすくご紹介しています!!

YouTube|KAZUの競馬予想

最後までお読みいただきありがとうございました。

こちらの記事もおすすめ

Copyright© 競馬知恵袋 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.