ラップ×血統で予想!

競馬知恵袋

【ターコイズステークス2019】血統データで予想!穴馬から狙いたい一戦|競馬知恵袋

投稿日:

競馬予想

こんにちは!
競馬ブログ「競馬知恵袋」をお読みいただき、ありがとうございます!

最近はYouTubeチャンネル「KAZUの競馬予想」を開設して、動画でも予想をお伝えするのがマイブームのKAZUです。

この記事では、土曜日の中山メインの重賞レース「ターコイズステークス」の最終予想をご紹介します。

ご参考いただけるようしっかりと予想していきますので、ぜひ最後までお読み下さい!




ターコイズステークスの予想のポイント

まず初めにターコイズステークスの予想のポイントについて確認しておきます。
この予想のポイントでご紹介するのは「血統傾向」と「馬場傾向」の2点です。


まず血統傾向ですが、ターコイズステークスは直近2年のミスパンテールの連覇により、ダイワメジャー産駒が2連勝中です。今年も有力馬シゲルピンクダイヤ、ウインシャトレーヌと2頭のダイワメジャー産駒が出走予定です。ダイワメジャー産駒の三連覇も十分に考えられ、好走血統としてしっかりと抑えておく必要があります。

また過去3年の好走馬の血統を見る限り、欧州型ノーザンダンサー系のサドラーズウェルズやニジンスキーの血統も好走傾向です。そのため、このサドラーズウェルズ、ニジンスキーの血統についても、好走血統としてしっかりと抑えておく必要があります。

ターコイズステークス 好走血統(過去3年)
ターコイズステークス 好走血統(過去3年)

一方で主流血統のディープインパクトについては、過去5年のターコイズステークスで11頭出走していますが、全て馬券圏外と不振です。今年はコントラチェックなど5頭のディープインパクト産駒が出走していますので、この点は予想を進める上でしっかりと抑えておきたいポイントです。


次に予想のポイントとして、今開催の中山芝コースの馬場傾向を取り上げます。
この馬場傾向に目を向けると、「内枠、逃げ・先行有利」の傾向が顕著に出ています。

今開催の中山芝コースの枠順別成績を分析すると、最内枠の1枠の成績が勝率18.8%・複勝率34.4%と抜群の成績をあげています。

今開催の中山芝コース 枠順別成績
今開催の中山芝コース 枠順別成績

また脚質別成績においては、逃げが勝率22.7%・複勝率40.9%、先行が勝率14.5%・複勝率38.2%と好成績です。

今開催の中山芝コース 脚質別成績
今開催の中山芝コース 脚質別成績

もちろん今週開催から馬場傾向が変わり、外差しが決まりやすくなる可能性もありますが、土曜日のレースであるターコイズステークスの予想を考える上では、先週までの馬場傾向を前提においた方がよいでしょう。


ここまでターコイズステークスを予想する上でポイントとなる血統傾向、馬場傾向について取り上げました。
このポイントをふまえて、次からは最終予想となる予想印をご紹介していきたいと思います!


ターコイズステークスの予想印

それではここからは、ターコイズステークスの予想印とその根拠についてご紹介していきます!


◎(本命)①メイショウグロッケ

本命は、好走血統のサドラーズウェルズ系であるメイショウサムソン産駒「メイショウグロッケ」です!


血統は父がメイショウサムソン、母がメイショウグラナダ、母父がマンハッタンカフェです。

父メイショウサムソンは昨年・一昨年と2年連続3着のデンコウアンジュや一昨年2着のフロンテアクイーンなど、このレースで複数の産駒が好走しており、期待が持てる種牡馬です。

今年のターコイズステークスには、メイショウグロッケ、デンコウアンジュ、フロンテアクイーンの3頭のメイショウサムソン産駒が出走していますが、その中でも近走条件戦ながら連勝して勢いがあるメイショウグロッケを最上位評価としました。

前々走の柏崎特別、前走のユートピアステークスは好位3番手からレースを進め、早め先行抜け出しで差し馬を寄せ付けない強い競馬でした。このレース内容は高く評価ができます。

有利な内枠にも入りましたし、今回は展開もある程度流れてサドラーズウェルズ系の底力が活きるレースになると考えています。
そして斤量も前走から2㎏減の53kg。

かなり条件が揃ったので、ここは思い切って本命で推奨します!


〇(対抗)⑦シゲルピンクダイヤ

対抗には、GⅠでも実績を残す3歳馬「シゲルピンクダイヤ」を推奨します。


父はダイワメジャー、母はムーンライトベイ、母父はハイシャパラルの血統です。

父ダイワメジャーは、ターコイズステークス2連覇中の好走血統。

母系も2代母ムーンライトダンスは愛インターナショナルSを勝った活躍馬で、牝系からは香港のGⅠ6勝馬デザインズオンロームや欧州のカルティエ賞最優秀2歳牡馬に輝いたザールが出ています。牝系の質の良さも目立ちます。

ダイワメジャー産駒で牝系が欧州型であることをふまえれば、芝1600mの急坂コースはこの馬にとってベストな舞台と考えます。実際に急坂のマイル戦の阪神芝1600mで見せるパフォーマンスは高いです。

前走の秋華賞から斤量が1㎏減ることも魅力ですし、枠も7番枠といい枠に入りました。展開もある程度流れることを想定すれば、この馬の差し脚も活きてきます。

ここでは勝ち負けが期待できます!


▲(単穴)⑥フロンテアクイーン

単穴には、本命のメイショウグロッケと同じメイショウサムソン産駒の「フロンテアクイーン」を推奨します!


血統は父がメイショウサムソン、母がブルーボックスボウ、母父がサンデーサイレンスです。

ベストは中山芝1800mの非根幹距離のレースと考えますが、中山芝1600mで行われるターコイズステークスにおいても一昨年は2着、昨年は4着と力を示しています。レース適性は申し分ないでしょう。

6歳馬となりますが、前々走の府中牝馬ステークスで2着と好走するなど力の衰えも見られません。

今の前有利の馬場傾向で、ある程度好位につけれる脚質も有利に働くと考えますし、6番枠という好枠にも入りました。

得意舞台の中山コースでの好走が期待できます!



☆(星) ⑯トロワゼトワル

特注馬で推奨するのが、この中山開催芝コースで好走が目立つロードカナロア産駒の「トロワゼトワル」です。

血統は父がロードカナロア、母がセコンドピアット、母父がハーツクライです。

この中山開催の芝コースではキングマンボ系の産駒の成績が好調で、ロードカナロア産駒についても8頭中3勝、3着1回と好走しています。
トレンド血統といえる活躍です。

そのような点で考えれば、ロードカナロア産駒のトロワゼトワルには大きな期待を抱きます。

前走の同舞台で行われた京成杯オータムハンデも圧勝していますので、この点も高評価です。

過去掲示板を外していない堅実性をふまえると大外枠という難しい枠に入ったものの、このレースでも好走が期待でき、ハマれば一着まで考えられる一頭です!


△(連下)⑤デンコウアンジュ

最後に連下で抑えておきたいのが、3頭目のメイショウサムソン産駒となる「デンコウアンジュ」です!


血統は父メイショウサムソン、母デンコウラッキー、母父マリエンバードです。

好走血統の父メイショウサムソンは本命のメイショウグロッケ、単穴のフロンテアクイーン同様に評価したい血統背景です。

また2年連続でこのレース3着と好走しているわけですから、抑えておく必要がある一頭です!



ターコイズステークスの予想のまとめ

それでは最後に、ターコイズステークスの予想印をまとめて締めくくります!

【ターコイズステークスの予想印】

◎①メイショウグロッケ
〇⑦シゲルピンクダイヤ
▲⑥フロンテアクイーン
☆⑯トロワゼトワル
△⑤デンコウアンジュ


以上、この記事ではターコイズステークスの予想印をご紹介しました。ご紹介した内容が、馬券を予想する上でご参考になれば嬉しいです!


また冒頭ご紹介しましたが、現在、KAZUはYouTubeチャンネル「KAZUの競馬予想」を開設して、動画での予想配信に力を入れて取り組んでいます。

チャンネル登録がまだの方は、ぜひこれを機会にチャンネル登録いただき、動画の方もチェック下さい!重賞レースの予想のポイントや最終予想となる予想印をわかりやすくご紹介しています!!

YouTube|KAZUの競馬予想

最後までお読みいただきありがとうございました。

こちらの記事もおすすめ

Copyright© 競馬知恵袋 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.