【ワーケア 血統診断】デインヒルを内包するハーツクライ産駒の大物!競馬知恵袋

更新日:

好走血統

こんにちは!
競馬ブログ「競馬知恵袋」をお読みいただき、ありがとうございます!

この記事では「ワーケア」の血統について特集します。

ご参考いただけるよう丁寧に解説していきますので、ぜひ最後までお読み下さい!




【ワーケア 血統診断】デインヒルを内包するハーツクライ産駒の大物!

ワーケア 血統表
【インブリード】
Northern Dancer 6.25% 5 x 5
Nijinsky 6.25% 5 x 5

【血統背景】
父:ハーツクライ
有馬記念(G1)1着、ドバイシーマクラシック(G1)1着など  
母:チェリーコレクト
伊オークス (G1)1着、伊1000ギニー (G3)1着など
母父:オラトリオ
エクリプスS(G1)1着、愛チャンピオンS (G1)など

【牝系】
母:チェリーコレクト
 ダノングレース 福島牝馬S(G3) 3着
 ワーケア 
2代母:Holy Moon 
  シーオブクラス ヨークシャーオークス(G1)1着、愛オークス(G1)1着など


父はハーツクライ、母はチェリーコレクト、母父がオラトリオという血統です。

父ハーツクライは国内でディープインパクトを破った唯一の馬。サンデー系の中でもスタミナに優れ、古馬になっての成長力が期待できます。持続力に優れる末脚は大箱の東京コースや新潟外回りコースで存分に発揮され、その豊富なスタミナから長距離戦も得意。産駒には柔らかい体質を伝える特徴があります。

母チェリーコレクトはアイルランド生産馬で現役時代、イタリアオークス(G1)などを勝った活躍馬。2代母Holy Moonからは、ヨークシャーオークス(G1)を勝ったシーオブクラスが出ています。産駒としても福島牝馬S3着のダノングレースを送り出しており、全ての産駒は勝ち上がっています。繁殖牝馬としては及第点です。

母父オラトリオはアイルランド生産馬で、現役時代はエクリプスS(G1)や愛チャンピオンSなどG13勝の活躍をみせています。種牡馬としても、香港でQエリザベス二世Cを勝ったミリタリーアタックなどを送り出しており、一定の活躍をみせています。


血統背景からは欧州の重厚なイギリス牝系にハーツクライを配合しているため、仕上がりが遅くみえます。しかし母父がデインヒル系のオラトリオで、このデインヒルの血が活きています。

ハーツクライ産駒でデインヒル持ちの馬は、グレイルや同世代のサリオスなど2歳時から活躍をみせる馬が多いです。このデインヒルの血統がハーツクライの若い時期の緩さを締め、その結果、ワーケアは2歳の早い時点から活躍できていると考えます。

父も母も母父も、そして母の母父エルナンドも中長距離で活躍した馬です。
そのような血統背景から距離適性は中距離以上と考えます。
またニジンスキーの5×5のクロスを内包していること、2代母のHoly Moonがバックパサーの5×5のクロスを内包していることから、パワーは十分で道悪も得意とします。

2歳時から活躍をみせている同馬ですが、晩成血統のハーツクライ産駒ですから、本質的には3歳秋以降に本格化すると考えます。

今後のワーケアの活躍に期待します!



以上、この記事ではワーケアの血統についてご紹介しました。
ご紹介した内容が、ご参考になれば嬉しいです!

最後までお読みいただきありがとうございました。

こちらの記事もおすすめ

Copyright© 競馬知恵袋 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.