【東京大賞典2019 血統】最終予想!オメガパフュームの連覇に期待!

投稿日:

競馬予想

こんにちは!
競馬ブログ「競馬知恵袋」をお読みいただき、ありがとうございます!

この記事では、暮れの大一番「東京大賞典」の最終予想をご紹介します。

ご参考いただけるようしっかりと予想していきますので、ぜひ最後までお読み下さい!




東京大賞典2019の予想のポイント!血統傾向とレース傾向

予想印のご紹介の前に、東京大賞典の予想のポイントとなる血統傾向(好走血統)とレース傾向について簡単に振り返ります。


まず東京大賞典の血統傾向(好走血統)ですが、ポイントとして3点あげられます。

【東京大賞典の血統傾向(好走血統)】

①ヴァイスリージェント系の血統
②父か母父にサンデーサイレンス系の血統
③名牝スペシャルの血統

東京大賞典は、米国的パワースピードが特徴のヴァイスリージェント系が好走するレースです。昨年2着のゴールドドリーム、一昨年2着、一昨々年3着のサウンドトゥルー、一昨々年1着のアポロケンタッキーなど過去3年の3着内に入った好走馬9頭中4頭が血統の3代までにヴァイスリージェント系の血統を持っています。

また東京大賞典は直線が長い大井競馬場のダート2000mで行われることから、瞬発力が特徴のサンデーサイレンス系の血統も好走しています。そして暮れの交流重賞の大一番であることから、大舞台に強い名牝スペシャルの血統も好走傾向です。


【東京大賞典のレース傾向】

①前走チャンピオンズカップ組が走る!
②1番人気が毎年馬券に絡む!
③JRA組が優勢!

血統傾向に続いてレース傾向のポイントも3点。

このレース傾向をすべて満たすのが、1番人気が予想されるゴールドドリームです。このレースを最後に引退の可能性が高いゴールドドリームですが、血統傾向だけでなく、レース傾向からも相性は抜群です。勝って有終の美を飾ることができるかに注目です。



ここまで東京大賞典の予想のポイントについて取り上げました。
予想のポイントで取り上げた血統傾向、レース傾向の詳細については、別の記事で取り上げています。まだお読みいただけていない方は、あわせてご参考下さい。

必見!
競馬知恵袋
【東京大賞典2019 血統分析】予想はヴァイスリージェント系を狙え!

こんにちは!競馬ブログ「競馬知恵袋」をお読みいただき、ありがとうございます! この記事では、暮れの大一番「東京大賞典」の血統傾向をご紹介します。 ご参考いただけるようしっかりと予想していきますので、ぜ ...

続きを見る

必見!
競馬知恵袋
【東京大賞典2019 レース傾向】前走チャンピオンズカップ組が圧倒的成績!

こんにちは!競馬ブログ「競馬知恵袋」をお読みいただき、ありがとうございます! この記事では、暮れの大一番「東京大賞典」のレース傾向をご紹介します。 馬券予想にご参考いただけるよう「厳選のレース傾向」を ...

続きを見る


東京大賞典2019の最終予想!予想印とその根拠

それではここからは、東京大賞典の予想印とその根拠についてご紹介していきます!


◎(本命)⑨オメガパフューム

オメガパフューム 血統表

今年の東京大賞典の本命は連覇を狙う「オメガパフューム」です!


オメガパフュームの血統は、父スウェプトオーヴァーボード、母オメガフレグランス、母父ゴールドアリュールの配合です。

血統のポイントは、「母父ゴールドアリュールの影響とコパノリッキーに似た血統構成です」。

オメガパフュームはスウェプトオーヴァーボード産駒でありながら、スウェプトオーヴァーボード的な馬ではなく、母父ゴールドアリュールの影響が強い馬です。さらに母の母父リアルシャダイも色濃く影響を与えています。その結果、芝・ダートの短距離を中心に活躍するスウェプトオーヴァーボード産駒でありながら、距離適性は2000m以上に出ました。
母父ゴールドアリュールは、ヌレイエフの影響を受けてサンデーサイレンス系でもダートに適性を持つ馬です。ヌレイエフは東京大賞典の好走血統の一つである名牝スペシャルの仔。このような血統背景からゴールドアリュールは東京大賞典で、コパノリッキーやスマートファルコンなどの勝馬を複数送り出しており、高い適性を示しています。

またオメガパフュームはG111勝のコパノリッキーと血統構成が似ている点も評価ができます。両馬ともに「ミスタープロスペクター×ゴールドアリュール×リアルシャダイ」を内包する馬で、大井ダート2000mでは抜群の成績を誇ります。コパノリッキーは、7戦して3勝、2着2回、4着1回、5着1回。オメガパフュームは現在までに3戦して2勝2着1回。このような成績から、「ミスタープロスペクター×ゴールドアリュール×リアルシャダイ」の配合は、大井ダート2000mの適性が非常に高い血統といえます。

このような血統的な根拠と今回の距離延長での上積みを見込み、ゴールドドリームを抑えてオメガパフュームを本命とします。


〇(対抗)⑫ゴールドドリーム

ゴールドドリーム 血統表

対抗は高い血統適性を誇る「ゴールドドリーム」です!


ゴールドドリームの血統は父ゴールドアリュール、母モンヴェール、母父フレンチデピュティの配合です。

血統のポイントは、「東京大賞典の好走血統の塊」であること。

ゴールドドリームは父がこの東京大賞典で結果を残しているサンデーサイレンス系のゴールドアリュール、母父がヴァイスリージェント系のフレンチデピュティ、そして名牝スペシャル4×5のクロスと東京大賞典の好走血統の3点をいずれも満たしています。

母モンヴェールは地方交流重賞の関東オークスで3着がある実績馬。牝系からも地方交流重賞への適性を底支えしており力強いです。

ベストな舞台は左回りの1600m~1800mと捉えており、今回の距離延長はプラス材料にはならないため、本命のオメガパフュームの上積みを評価してゴールドドリームは2番手評価としました。
ただし、この2頭の能力・血統適性を考慮した総合評価は僅差で拮抗しており、どちらが勝ってもおかしくありません。


△(連下)②ケイティブレイブ、⑤モジアナフレイバー

最後に連下で抑えておきたいのが、「ケイティブレイブ」、「モジアナフレイバー」の2頭です!


まずケイティブレイブですが、5代母のGlamour牝系からは名種牡馬ウッドマンが出ており、牝系に活力があります。新ひだか町の生産馬で近親馬には地味な配合が多いのですが、それでもビーマイナカヤマなど重賞馬が複数出ています。これは牝系の活力がなせる業でしょう。
牝系以外は血統的な魅力は乏しい同馬ですが、大井ダート2000mは6戦して1勝、2着3回、3着2回と抜群の相性を示しています。ここでも外せない一頭です。


「地方の雄」であるモジアナフレイバーは、母父が好走血統のヴァイスリージェント系のフレンチデピュティであることがまず評価できます。また牝系はゴーンウエスト、エタン、日本ではセイウンコウセイが出ているミクストマリッジ牝系で、米国的なパワースピードが特徴です。父がエンパイアメーカー系のバトルプランであることからも、ダートでのスピード勝負になれば浮上の可能性を秘めます。



東京大賞典2019の予想のまとめ

それでは最後に、東京大賞典の予想印をまとめて締めくくります!

【東京大賞典の予想印】

◎⑨オメガパフューム
〇⑫ゴールドドリーム
△②ケイティブレイブ
△⑤モジアナフレイバー


以上、この記事では東京大賞典の予想印をご紹介しました。ご紹介した内容が、馬券を予想する上でご参考になれば嬉しいです!

最後までお読みいただきありがとうございました。

こちらの記事もおすすめ

Copyright© 競馬知恵袋 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.