【フェアリーステークス2020 レース傾向】荒れるレース!予想の鍵は「逃げ馬」!

更新日:

好走血統

こんにちは!
競馬ブログ「競馬知恵袋」をお読みいただき、ありがとうございます!

この記事では、3歳牝馬限定重賞「フェアリーステークス」のレース傾向をご紹介します。

馬券予想にご参考いただけるよう「厳選のレース傾向」をご紹介します。
ぜひ最後までお読み下さい!!




フェアリーステークスの予想のポイント!3つのレース傾向

今回ご紹介するレース傾向は過去10年のフェアリーステークスの人気別成績、枠順別成績、脚質別成績の3点です。

「人気通りに決まるのか、人気薄が馬券に絡み荒れるのか」
「枠順によって有利不利は生じるのか」
「どのような脚質が好走しやすいのか」

フェアリーステークスを予想を進める上で、抑えておきたい基本のレース傾向を取り上げます。

それでは、まいりましょう!


三連複万馬券が多発!荒れるレース!

まずは人気の視点から、フェアリーステークスのレース傾向を考えてみましょう。

フェアリーステークスは、三連複が過去10年で7回万馬券になっており、「荒れるレース」といえます!

過去10年のフェアリーステークスの人気別成績を分析すると、1番人気~3番人気までが6勝、2着2回、3着4回と一定の成績を残している一方で、10番人気が2勝、2着2回、11番人気が2勝と人気薄が大穴をあけています

フェアリーステークスは人気馬を抑えつつ、大穴の人気薄で馬券に絡む馬をいかに見定めるかが重要なレースといえそうです。

フェアリーステークス レース傾向①
フェアリーステークス 人気別成績(過去10年)

トリッキーな中山コースでは内枠がやや有利!

次に枠順の視点から、フェアリーステークスのレース傾向をみていきます。

フェアリーステークスは中山芝1600mのトリッキーなコースで行われるため、基本はロスなく立ち回れる「内枠がやや有利」な傾向が出ています。

過去10年のフェアリーステークスの枠順別成績を分析すると、1枠~4枠までが7勝、2着4回、3着6回と好成績をあげています。

ただし、外枠となる7枠、8枠が合算して2勝、2着4回、3着4回とこちらも好成績をあげていることから、完全な内枠有利とまではいえません。

このような傾向から、フェアリーステークスは「やや内枠有利」と捉えて予想を進めていくのがよいと言えるでしょう。

フェアリーステークス レース傾向②
フェアリーステークス 枠順別成績(過去10年)

逃げ馬が大穴をあける!

最後に脚質の視点から、フェアリーステークスのレース傾向を取り上げます。

フェアリーステークスは、馬券的に「逃げ馬に旨味があり、大穴をあける」傾向が出ています。

過去10年のフェアリーステークスの脚質別成績を分析すると、逃げ馬が3勝、3着1回と成績を残しており、単勝回収率1041%、複勝回収率243%と抜群の配当率を誇ります

2015年は11番人気のノットフォーマルが1着、2013年はクラウンロゼが10番人気で1着と大穴をあけました。

全体の傾向としても、逃げ馬が人気よりも着順がいい傾向が出ています。

フェアリーステークスは、逃げ馬はしっかりと抑えておく必要がありそうです。

フェアリーステークス レース傾向③

フェアリーステークスのレース傾向のまとめ

ここまでフェアリーステークスの予想のポイントとなる人気別、枠順別、脚質別のレース傾向をご紹介しました。

最後にご紹介したレース傾向をまとめます。

【フェアリーステークスのレース傾向】

①三連複万馬券が多発!荒れるレース!
②トリッキーな中山コースでは内枠がやや有利!
③逃げ馬が大穴をあける!



以上、この記事ではフェアリーステークスのレース傾向についてご紹介しました。

なおフェアリーステークスの最終予想については、下記の記事でご紹介しています。ぜひご参考下さい!

必見!
競馬予想
【フェアリーステークス2020 最終予想】血統からは「機動力のある配合」を狙う!

こんにちは!競馬ブログ「競馬知恵袋」をお読みいただき、ありがとうございます! この記事では、注目の3歳牝馬限定重賞「フェアリーステークス」の最終予想をご紹介します。 ご参考いただけるようしっかりと予想 ...

続きを見る


ご紹介した内容が、馬券を予想する上でご参考になれば嬉しいです!

最後までお読みいただきありがとうございました。

こちらの記事もおすすめ

Copyright© 競馬知恵袋 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.