【中山金杯2020 血統】最終予想!ステイゴールド産駒で攻める!!

更新日:

競馬予想

こんにちは!
競馬ブログ「競馬知恵袋」をお読みいただき、ありがとうございます!

この記事では、2020年の競馬予想を占う意味で重要な一戦 「中山金杯」 の最終予想をご紹介します。

ご参考いただけるようしっかりと予想していきますので、ぜひ最後までお読み下さい!



【中山金杯2020 血統】最終予想!ステイゴールド産駒で攻める!!

それでは早速ですが、中山金杯の予想印とその根拠についてご紹介していきます!


◎(本命) ③クレッシェンドラヴ

クレッシェンドラヴ 血統表
クレッシェンドラヴ 血統表

今年の中山金杯の本命は、クレッシェンドラヴです!

クレッシェンドラヴの血統は、父ステイゴールド、母ハイアーラヴ、母父Sadler's Wells(サドラーズウェルズ)の配合です。

予想のポイントは「好走血統のステイゴールド産駒であること。そして中山芝2000mの高い適性」です。

まず「好走血統のステイゴールド産駒」ですが、直近3年の中山金杯では2019年1着のウインブライト、2着のステイフーリッシュ、2018年2着のウインブライト、2017年1着のツクバアズマオーと、ステイゴールド産駒がいずれの年も連対する好走をみせています。
冬場の中山のタフな馬場状態においては、パワーとスタミナに長け、欧州指向の強いステイゴールドは信頼が置ける血統です。
また、クレッシェンドラヴの母父Sadler's Wellsもタフな馬場を得意とします。その点からも、信頼度が高い血統背景といえます。

次に「中山芝2000mの高い適性」についてですが、クレッシェンドラヴはここまで中山芝2000mは美浦ステークス、霞ヶ浦特別と2戦して2勝。条件戦ながら、その高い適性は評価ができます。父ステイゴールド×母父Sadler's Wellsの配合らしく持続力勝負に強く、このコースでは能力をしっかりと発揮してきます。

唯一気になる点をあげるとすれば、「進路をうまく確保できるかどうか」です。本来は絶好枠である2枠に入りましたが、出足の悪いこの馬にとっては4枠あたりが枠順としてはよかったのではないでしょうか。
内枠から直線で前が詰まって前々走のオールカマーのような消化不良のレースにならないか、という点は気になります。


〇(対抗)⑧ウインイクシード

ウインイクシード 血統表
ウインイクシード 血統表

対抗は、ウインイクシードです!

ウインイクシードの血統は、父マンハッタンカフェ、母イクスキューズ、母父ボストンハーバーの配合です。

予想のポイントは「中山巧者であること、そして展開の利が期待できること」です。

まず「中山巧者であること」ですが、ウインイクシードはここまで中山芝2000mを4戦して2着2回、3着1回、5着1回と勝ちきれないものの安定して好走しています。中山コース自体も8戦して2勝、2着3回、3着1回と好成績をあげており、中山巧者といえる成績内容です。
非根幹距離に強いマンハッタンカフェ産駒であることから、ベストは中山芝1800mと考えますが、中山芝2000mも十分に力を発揮できる舞台です。

次に「展開の利が期待できること」についてですが、今回はブラックスピネルやタニノフランケル、イレイションのいずれかがハナを切ることが想定されます。いずれの馬も前半から飛ばして逃げるタイプではありませんので、ペースはミドルペースに落ち着くでしょう。そのような点で考えれば、先行できて自ら仕掛けていけるウインイクシードに展開の利があると読みます。

また斤量も55㎏と恵まれました。4枠8番という枠順もこの馬にとってベストでしょう。条件が揃いましたので、ここは好走が期待できると予想します。



▲(単穴)⑤レッドローゼス

レッドローゼス 血統表
レッドローゼス 血統表

単穴には、レッドローゼスを推奨します!

レッドローゼスの血統は、父ステイゴールド、母リヴィアローズ、母父Galileo(ガリレオ)の配合です。

予想のポイントは、本命クレッシェンドラヴ同様に「好走血統のステイゴールド産駒であり、中山芝2000mの適性が高いことです。

まず「好走血統のステイゴールド産駒」ですが、本命クレッシェンドラヴの根拠の際にもお伝えしましたが、ステイゴールド産駒は直近3年連続で連対しており、信頼が置ける血統です。
レッドローゼスは父ステイゴールド×母父サドラーズウェルズ系のGalileoの配合で、母系にナスルーラの血統を内包しています。この血統構成は本命のクレッシェンドラヴと似ており、血統的に考えるならクレッシェンドラヴとレッドローゼスはセットで考えるべきでしょう。

次に「中山芝2000mの適性が高いこと」についてですが、レッドローゼスはここまで中山芝2000mは5戦して1勝、2着1回、3着2回と高い適性を示しています。この適性の高さも魅力といえます。

あとは、どのようにレースを進めていくかでしょう。
陣営からは後ろからレースを進める話が出ているそうですが、極端に脚を溜める競馬に出ると差し届かないでしょう。ある程度好位から終いの脚を活かす競馬を期待したいです。


△(連下)②ブラックスピネル、⑦トリオンフ

最後に連下でブラックスピネル、トリオンフの2頭を抑えます!

まずブラックスピネルですが、ステイゴールド産駒とならんでこのレースの好走血統「ロベルト系」である父タニノギムレットが評価できます。前走のチャレンジカップは好スタートを決めたにも関わらず、抑えて逃げないという完全な消化不良のレースでした。キレる脚はありませんが、終いの粘り強さが武器の馬ですので、すんなりハナを取って逃げれれば馬券圏内も十分に考えられます。

次にトリオンフについてですが、父タートルボウル×母父ダンスインザダークの血統からこのコースは向くと考えています。また牝系が小岩井農場の基礎牝馬であるアストニシメント牝系であり、このレースの3つ目の好走血統である「日本牝系」に当たる点も魅力です。斤量58kgとなりますが、斤量が重いほど好走傾向の中山金杯においては、さほど気になりません。




【中山金杯2020 血統】最終予想のまとめ!

それでは最後に、中山金杯の予想印をまとめて締めくくります!

【中山金杯の予想印】

◎③クレッシェンドラヴ
〇⑧ウインイクシード
▲⑤レッドローゼス
△②ブラックスピネル
△⑦トリオンフ


予想の全体像としては、中山金杯の好走血統である「ステイゴールド産駒」のクレッシェンドラヴを本命に、レッドローゼスを単穴で推奨。中山巧者で安定感があるウインイクシードを対抗評価。
「ステイゴールド産駒」同様に好走血統である「ロベルト系」の父タニノギムレット産駒のブラックスピネル、そして同じく好走血統である「日本牝系」に該当するトリオンフ、この2頭を連下で抑えています。

以上、この記事では中山金杯の最終予想をご紹介しました。ご紹介した内容が、馬券を予想する上でご参考になれば嬉しいです!

最後までお読みいただきありがとうございました。

こちらの記事もおすすめ

Copyright© 競馬知恵袋 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.