血統から競馬を楽しむ!

競馬知恵袋

【愛知杯2020 最終予想】ノーザンF×ルメールのセンテリュオを推奨

更新日:

競馬予想

こんにちは!
競馬ブログ「競馬知恵袋」をお読みいただき、ありがとうございます!

この記事では、注目の重賞レース「愛知杯」の最終予想をご紹介します。

ご参考いただけるようしっかりと予想していきますので、ぜひ最後までお読み下さい!



愛知杯の予想のポイント!血統傾向

はじめに愛知杯の予想のポイントとなる血統傾向(好走血統)についてご紹介します。


今年の愛知杯は、京都競馬場の改修にともなうレース開催の調整によって従来行われていた中京芝2000mから小倉芝2000mに変更してレースが開催されます。

左回りが右回りへ。大箱コースから小回りコースへ変わるため、大きくレースが変わります。
そのため従来の愛知杯の傾向は無視してフラットに考える必要があるでしょう。

そこで抑えておきたいのが、レースの開催コースとなる小倉芝2000mの血統傾向です。


この小倉芝2000mですが、トニービンの血統を内包する馬が好走するコースです。

小倉芝2000mで行われる代表的な重賞レース「小倉記念」では、とにかくトニービンの血を持つ馬が好走しています。昨年の小倉記念も1着がルーラーシップ産駒のメールドグラース、3着がジャングルポケット産駒のノーブルマーズでした。

11秒台から12秒台のラップが持続的に続くコースである小倉芝2000mでは、「スピードの持続力」とラストの踏ん張りの「底力」が求められます。
トニービンはハイペースでも我慢強く、最後のたたき合いに強いHyperionの底力の血とスピードの持続力に優れるNasrullahの血を増強した種牡馬

今年の愛知杯では、トニービンの血統に注目です。


愛知杯の最終予想!予想印とその根拠

それではここからは、愛知杯の予想印とその根拠についてご紹介していきます!


◎(本命)②センテリュオ

本命は、②センテリュオです!

血統は父ディープインパクト、母アドマイヤキラメキ、母父エンドスウィープの配合です。

全兄にきさらぎ賞などを勝ったトーセンスターダムがおり、叔父にはGⅠ馬であるトーセンジョーダンや種牡馬としても活躍するトーセンホマレボシがいます。また牝系からはカンパニーなどのGⅠ馬も出ており、活力ある牝系です。

全兄のトーセンスターダムをはじめ京都コースで良績が多い血統背景で、その点で直線が平坦コースである小倉競馬場は合うでしょう。

実際に、3歳夏に小倉芝2000mで行われた都井岬特別(500万下)を快勝しています。このレースのラップが前半1000mが58.1、後半1000mが59.5。そして道中は、11秒台後半から12秒台前半のラップが持続的に続く、いわゆる小倉芝2000mの典型的なラップ構成となっています。
このように、小倉芝2000mの適性を示していることは高く評価ができます。

前走のエリザベス女王杯も勝馬ラッキーライラックとコンマ3秒差の4着。2着のクロコスミアやラヴズオンリーユーとはコンマ1秒差の僅差です。GⅠ馬のクロノジェネシスや重賞で結果を残しているスカーレットカラーには先着しているわけですから、今回のメンバー構成では能力は抜けています

中間は外厩先ノーザンFしがらきでの調整を挟み、鞍上はルメール騎手。
さらに休み明けでフレッシュなディープインパクト産駒。
「ノーザンFしがらき×ルメール騎手」にフレッシュな状態のディープインパクト産駒ですから、信頼度も高いです。

1番人気想定ですが、ここは逆らわずに本命で推奨します!


〇(対抗)⑯サラキア

対抗には、⑯サラキアを推奨します!

血統は父ディープインパクト、母サロミナ、母父Lomitasの配合です。

昨年の朝日杯フューチュリティステークスを勝ったサリオスの半姉にあたり、母サロミナは現役時代ドイツオークスを勝った活躍馬。ドイツ牝系に父ディープインパクトという配合はワールドプレミアなどがおり、トレンドの配合の一つといえます。

母父Lomitasはニジンスキー系の種牡馬で、父ディープインパクト×母父ニジンスキー系の配合馬は、サラキアの他にフィエールマンやダノンシャークがいます。若いうちはテンの行き脚がつかず末脚を活かす競馬が基本ですが、成長とともに先行力をつけて前で受けて粘り強くなる、そのような配合と捉えています。またディープインパクト産駒ながら成長力がある点も、この配合の特徴といえるでしょう。

フィエールマン、ダノンシャークと同じ血統背景のサラキアですから、平坦コースは向くと考えますし、実際に過去小倉芝1700mで行われた条件戦を圧勝しています。

前走のエリザベス女王杯では、直線の勝負所で前がつまる不利がありながらも僅差の6着。能力的には、本命のセンテリュオ同様に抜けています。

センテリュオ同様に、中間は外厩先のノーザンファームしがらきで調整されての一戦。休み明けのフレッシュな状態のディープインパクト産駒はよく走ります。

大外枠となりましたが、地力に期待して対抗評価とします。


▲(単穴)⑦アロハリリー

単穴は、⑦アロハリリーです!

アロハリリーの血統は、父ハーツクライ、母ハワイアンウインド、母父キングカメハメハの配合です。

まず、父が愛知杯の好走血統である「トニービンの血統」を内包するハーツクライであることが評価できます。今年の愛知杯が行われる小倉芝2000mは、道中のペースが緩まず11秒台のラップが続くレースですから、父ハーツクライから譲り受けたスピードの持続力が活きるレースです。

また、アロハリリーはLyphardの4×5のクロスを持っており、このLyphardのクロスを持つハーツクライ産駒には昨年の年度代表馬リスグラシューや北九州記念を勝ったツルマルレオン、ホープフルステークスを勝ったタイムフライヤーなどがいます。ハーツクライ産駒ながら小回り適性が高いことが特徴で、Lyphardらしいワンペースへの強さも感じさせます。

ここまでアロハリリーは小倉芝中距離戦は3戦して1勝、2着2回と抜群の適性を示しており、その点も高く評価したいです。

前走の福島記念は15着と大敗しましたが、この馬にとって若干ペースが速く、馬場もタフでした。

この馬も、中間はノーザンファームしがらきで調整されていますから、前走大敗の尾を引きづらず、得意舞台の小倉コースでの好走を期待します。



△(連下)⑧パッシングスルー、⑬レッドランディーニ

連下で抑えておきたいのが、⑧パッシングスルー、⑬レッドランディーニの2頭です!

まず⑧パッシングスルーですが、父が好走血統のトニービンの血統を内包するルーラーシップ産駒で、母父がワンペースに強いクロフネと配合的にこのレースで高い適性を感じます。母の母父がSeattle Slewというのも好印象。淀みないペースでレースが流れた際に力を発揮してきそうな血統背景です。
「ノーザンファーム天栄」仕上げというのも買い材料で、連下では抑えておきたい馬です。

次にレッドランディーニについてですが、母系はNasrullahの血量が豊富で、父は休み明けに強いディープインパクト。斤量についても、マーメイドステークス2着の実績がありながら52.0kgとかなり恵まれました。さらに中間は外厩先のノーザンファームしがらきで調整。最終的にどこまで人気を集めるかが読めませんが、面白い一頭かと思います。

最後に予想印が回らなかったですが、好走血統のトニービンの血統を内包するルーラーシップ産駒のフェアリーポルカも注目の一頭。前走の秋華賞の大敗から、休み明けを挟んでどこまで立て直してくるかに注目したいです。



愛知杯の最終予想のまとめ

それでは最後に、愛知杯の予想印をまとめて締めくくります!

【愛知杯の予想印】

◎②センテリュオ
〇⑯サラキア
▲⑦アロハリリー
△⑧パッシングスルー
△⑬レッドランディーニ


以上、この記事では愛知杯の予想印をご紹介しました。ご紹介した内容が、馬券を予想する上でご参考になれば嬉しいです!

なお同日の中山メイン「ニューイヤーステークス」の最終予想については、下記の記事でご紹介しています。あわせてご参考下さい!

必見!
競馬予想
【ニューイヤーステークス2020 予想】ディープ×A.P. Indyの血統を狙う

こんにちは!競馬ブログ「競馬知恵袋」をお読みいただき、ありがとうございます! この記事では、土曜日の中山メインレース「ニューイヤーステークス」の予想をご紹介します。 ご参考いただけるようしっかりと予想 ...

続きを見る

最後までお読みいただきありがとうございました。

こちらの記事もおすすめ

Copyright© 競馬知恵袋 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.