【東海ステークス2020 血統分析】馬券の妙はA.P. Indyにあり

更新日:

競馬知恵袋

こんにちは!
競馬ブログ「競馬知恵袋」をお読みいただき、ありがとうございます!

この記事では、注目の重賞レース「東海ステークス(G2)」の好走血統、好走血統にもとづく推奨馬をご紹介します。

ご参考いただけるようしっかりと予想していきますので、ぜひ最後までお読み下さい!




東海ステークスの好走血統

まずは、東海ステークスの好走血統についてご紹介します。

今年の東海ステークスは、例年の中京ダート1800mから京都ダート1800mへの開催の変更が行われています。

左回りから右回りへコースが変わりますし、従来の血統傾向とは距離を置いて、フラットに考える必要があります。

そこで今回、参考とするのは京都ダート1800mの血統傾向です。


今回の出走予定馬のメンバー構成で、好走血統に位置付けたいのはエーピーインディ系の血統です。


このエーピーインディ系の血統ですが、2015年から現在までの京都ダート1800mの成績は、勝率9.4%、連対率17.3%、複勝率25.4%となっています。

一見、評価しづらい成績にみえますが、妙味があるのは馬券成績。
単勝回収率は114%、複勝回収率も94%と配当率は高くなっています

またエーピーインディ系の中でも、特に抑えておきたいのはカジノドライブ産駒です。カジノドライブ産駒は2015年から現在まで、102頭の馬が京都ダート1800mに出走していますが、13勝、2着10回、3着11回と好成績
勝率12.7%、連対率22.5%、複勝率33.3%、単勝回収率・複勝回収率ともに100%超えと抜群の成績をあげています。


このカジノドライブは、ダートにおけるスピードの高さが特徴の種牡馬で、とにかくスピードが出るダート馬場では絶対的な信頼を誇ります

産駒デビューから現在までの、カジノドライブ産駒のダートにおける馬場状態別成績を分析すると、道悪になればなるほど好走率が高まる傾向にあります。
なかでもダートの重・不良馬場での単勝回収率・複勝回収率はともに100%超えており、「道悪のダートになればカジノドライブ産駒を狙え」という状況です。

京都のダートは砂質が軽めと言われており、この背景がうまく連鎖して、京都ダート1800mではカジノドライブ産駒がよく走ります

この血統傾向は、今年の東海ステークスを予想する上でしっかりと抑えておきたいポイントといえます。



好走血統にもとづく東海ステークスの推奨馬

それでは最後に、好走血統にもとづく東海ステークスの推奨馬を一頭ご紹介します。

【好走血統の視点から考える東海ステークスの推奨馬】

・ヴェンジェンス

好走血統の視点から考える東海ステークスの推奨馬は、ヴェンジェンスです。

ヴェンジェンスの血統は、父カジノドライブ、母スペシャルクイン、母父スペシャルウィークの配合です。

好走血統である、カジノドライブ産駒であることが高く評価できる血統背景の馬で、京都ダート1800mは2戦して1勝、2着1回と抜群の相性を示しています。
またカジノドライブ産駒らしく道悪馬場は、12戦して4勝、2着3回、3着2回と好成績です。


出走登録をしているインティやスマハマが、そのまま出走してくればレース全体のペースはハイペースになる可能性が高いです。
そうなれば、初重賞制覇を飾った2走前のみやこステークスとレース展開が重なります。

また道悪になれば、カジノドライブ産駒特有のダートでの高いスピード能力も活きてきます。

いずれにせよ、今回、かなり好走が期待できる一頭といえます。



以上、この記事では東海ステークス好走血統と好走血統から考える推奨馬についてご紹介しました。

なお、東海ステークスの最終予想については、下記の記事でご紹介しています。ぜひご参考下さい!

必見!
競馬予想
【東海ステークス2020 最終予想】好走血統のエーピーインディ系から狙う

こんにちは!競馬ブログ「競馬知恵袋」をお読みいただき、ありがとうございます! この記事では、注目の重賞レース「東海ステークス」の最終予想をご紹介します。 ご参考いただけるようしっかりと予想していきます ...

続きを見る


ご紹介した内容が、馬券を予想する上でご参考になれば嬉しいです!

最後までお読みいただきありがとうございました。

こちらの記事もおすすめ

Copyright© 競馬知恵袋 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.