血統から競馬を楽しむ!

競馬知恵袋

【白富士ステークス2020 最終予想】好走血統のロベルト系を狙え

投稿日:

競馬予想

こんにちは!
競馬ブログ「競馬知恵袋」をお読みいただき、ありがとうございます!

この記事では、注目のレース「白富士ステークス(L)」の最終予想をご紹介します。

ご参考いただけるようしっかりと予想していきますので、ぜひ最後までお読み下さい!



白富士ステークスの好走血統など予想のポイント

まずはじめに、白富士ステークスの好走血統など予想のポイントについてご紹介します。
この好走血統とは、近年の白富士ステークスで3着内に入った好走馬の血統において、3年以上連続で続いている血統傾向を指します。

白富士ステークスの好走血統は、5連続で好走している血統

それは「ロベルト系の血統」です。


昨年2019年は父がタニノギムレットのブラックスピネルが1着、2018年は母父がナリタブライアンのマイネルハニーが1着、以降も2017年3着のプロフェット、2016年3着のハギノハイブリッド、2015年1着のアズマシャトルと、白富士ステークスではロベルト系の血統を持つ馬が5年連続で馬券に絡んでいます

今年の出走予定馬においても、血統の3代までにロベルト系の血統を内包する馬がマイネルハニー、レッドガラン、フランツ、マイネルサーパス、アイスストームと5頭います。

この好走血統「ロベルト系の血統」には注目です。


なお、好走血統以外の白富士ステークスの予想のポイントについては、下記にまとめます。

【白富士ステークスの予想のポイント】

展開:スロー瞬発力
脚質:差し有利、逃げ馬の前残り注意
特性:上り重視、4歳馬・5歳馬〇、距離延長、昇級戦でも通用
好走血統:ロベルト系の血統(5年連続馬券圏内)

この中でも、白富士ステークスは大箱コースの東京芝2000mで行われるレースのため、展開として「スロー瞬発力」になりやすいレースであることはポイントといえます。

開幕週であることから前残りを意識しつつも、鋭い瞬発力で終いの脚がキレる馬を狙いたいところです。


白富士ステークスの最終予想!予想印とその根拠

それではここからは、白富士ステークス予想印とその根拠についてご紹介していきます!


◎(本命)⑭アイスストーム

本命は、⑭アイスストームです。

アイスストームの血統は、父ストーミングホーム、母デザートチル、母父Red Ransomの配合です。

まず好走血統であるロベルト系のRed Ransomを母父に持つことが評価できる血統背景です。

祖母のストームソングは現役時代にBCジュヴェナイルフィリーズ(G1)、フリゼットS(G1)を勝った活躍馬で、従兄弟には欧州でG13勝馬のオーダーオブセントジョージがいます。
この牝系の質の良さも魅力です。

小回りコースよりは大箱コース向きの馬で、「スロー瞬発力」の展開に強い馬
東京芝1800mで行われた5走前の調布特別で、上り3F32.5を叩き出して快勝したレースはその典型的なレースといえます。

メンバー中で最もキレる末脚を使えるのが、このアイスストームと考えており、その点から今回は本命で狙ってみたい馬です。

大外枠に入った点は気になりますが、思い切って溜めての直線での鋭いキレ味に期待します。


〇(対抗)⑪フランツ

対抗は、⑪フランツです!

フランツの血統は父ディープインパクト、母ロベルタ、母父ブライアンズタイムの配合です。

この馬も好走血統であるロベルト系のブライアンズタイムを母父に持つことが評価できる血統背景です。

ヴィクトリーやアドミラブル、フサイチコンコルドを出しているバレークイーン牝系で、この牝系は大箱の東京芝中距離コースに高い適性を持ちます。その点も高評価。

ディープインパクト産駒ながら、牝系や母父のブライアンズタイムがよく出た馬のため、「スロー瞬発力」の展開よりは「ミドル持続力」の展開の方が向く馬です。それでも高い能力を誇る馬ですから、ここでも好走が期待できます。

また中間の調整過程が「ノーザンファーム天栄」、そして鞍上が「ルメール騎手」という組み合わせは好走パターンですから、しっかりと抑えておく必要があります。


▲(単穴)②ダイワギャグニー

単穴は、②ダイワギャグニーです!

ダイワギャグニーの血統は父キングカメハメハ、母トリプレックス、母父サンデーサイレンスの配合です。

母のトリプレックスがHalo≒Sir Ivorの2×3のニアリークロスを内包しており、母譲りの機動力が武器の馬です。

ここまで勝ち星をあげた7勝は、いずれも東京芝コース。
現役屈指の東京巧者といえます。

前走のジャパンカップ6着から臨む一戦で、距離適性から2400mから2000mへの400mの距離短縮は好材料。白富士ステークスは昨年、一昨年と逃げ馬が勝っており、先行できる脚質も高評価です。

この馬の前残りには、十分注意が必要です。


△(連下)④ドミナートゥス、⑨レッドガラン

最後に連下として、④ドミナートゥス、⑨レッドガランを抑えます。


まずドミナートゥスについてですが、前走から1年3ヶ月の長期休養明けとなる臨戦過程が気になりますが、中間はノーザンファームしがらきで調整されており、なおかつ追切も動けていることから、評価を大きく割引く必要はないでしょう。

むしろ長期休養明けで人気を落とす今回が狙い目といえます。

小倉2歳ステークスを勝った母デグラーティアに父がルーラーシップという血統背景で、なかなかの良血馬です。

成績はここまで7戦して4勝、2着3回と連対を外しておらず、東京コースも芝1800mと芝2000mを各1戦して1勝、2着1回と好成績。 

連下では抑えておきたい一頭です。



次にレッドガランについてですが、母父が好走血統のロベルト系のシンボリクリスエスで評価ができます。父ロードカナロアは、しなやかで柔らかめの体質を伝えることから東京コースを得意としています。

血統背景は高く評価できる馬です。

昇級初戦となる一戦ですが、白富士ステークスは勢いのある昇級馬が好走するレースです。能力を発揮できれば好走が見込めます。

気になる距離延長での初の芝2000mですが、道中が緩み、厳しい流れにならないこのレースであれば問題ないでしょう。

前走勝利の勢いを買いたい馬です。



白富士ステークスの最終予想のまとめ

それでは最後に、白富士ステークスの予想印をまとめて締めくくります!

【白富士ステークスの予想印】

◎⑭アイスストーム
〇⑪フランツ
▲②ダイワギャグニー
△④ドミナートゥス
△⑨レッドガラン


以上、この記事では白富士ステークスの予想印をご紹介しました。

など同日開催の東京10レースのリステッド競走「クロッカスステークス」の最終予想については、下記の記事でご紹介しています。
こちらの記事も、ぜひご参考下さい。

必見!
競馬予想
【クロッカスステークス2020 最終予想】血統からダイワメジャー産駒を狙う

こんにちは!競馬ブログ「競馬知恵袋」をお読みいただき、ありがとうございます! この記事では、注目のレース「クロッカスステークス(L)」の最終予想として本命馬、対抗馬、穴馬の3頭をご紹介します。 ご参考 ...

続きを見る


ご紹介した内容が、馬券を予想する上でご参考になれば嬉しいです!

最後までお読みいただきありがとうございました。

こちらの記事もおすすめ

Copyright© 競馬知恵袋 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.