ラップ×血統で予想!

競馬知恵袋

【アルデバランステークス2020 最終予想】血統からはスワーヴアラミスに期待

更新日:

競馬予想

こんにちは!
競馬ブログ「競馬知恵袋」をお読みいただき、ありがとうございます!

この記事では、注目のレース「アルデバランステークス(OP)」の有力馬の見解と最終予想となる予想印をご紹介します。

ご参考いただけるようしっかりと予想していきますので、ぜひ最後までお読み下さい!




アルデバランステークス2020 有力馬の見解

まず初めにアルデバランステークスの有力馬の見解をご紹介します。

今回取り上げるのは、アルデバランステークスのメンバー中で抜けた有力馬である3頭。

ハヤヤッコ、スワーヴアラミス、ロードレガリスです。

予想印の根拠ともなる内容ですので、予想印のご確認の前にぜひご参考ください。


⑪ハヤヤッコ(想定1番人気)

まずはnetkeibaにおいて、アルデバランステークスの想定1番人気のハヤヤッコです。

正直、1番人気はスワーヴアラミスかロードレガリスだと思うのですが、その点は置いて取り上げます。

血統としては白毛のシラユキヒメ牝系で、叔母には関東オークスやクイーン賞を勝ったユキチャン、全弟には昨年の北海道2歳優駿で3着のピオノノがいます。
レース内容を見る限り、母父のデピュティミニスター系のクロフネの影響が強いのか、ワンペースである程度ペースが流れての持続力勝負に強い印象の馬です。

近3走は青竜S(OP)8着、レパードS(G3)1着、ポルックスS(OP)2着の成績を残しており、青竜Sの8着は1600mの速い流れと速い上りについていけなかったことが凡走の原因と考えます。
距離延長で、乾燥して時計のかかる馬場状態であったレパードSでは強さをみせて1着、前走のポルックスSも3着以下を離しての2着ですから、能力はメンバー中でも上位評価すべき一頭です。また今回は、前走の休み明けを叩いての上積みも期待できます。

ただ、前走のポルックスSではスワーヴアラミスに4馬身差の大差をつけられての2着。直線の脚色も最後は一緒になってしまい、差を縮めることはできていません。

今回のアルデバランステークスでは時計が出やすい京都ダート1900mにコースが変わることもふまえると、対スワーヴアラミスで考えた際は逆転までは難しいかと思います。


⑥ロードレガリス(想定2番人気)

続いて取り上げるのが想定2番人気のロードレガリスです。

中央でデビュー後に芝レースで勝ちきれず大井に転厩、転厩後3勝をあげて再び中央に戻り、中央のダートでは1勝クラス、2勝クラス、3勝クラスと3連勝中のロードレガリス。

中央に戻ってからの3戦はいずれも強さを見せつけるレース内容で、特に前走の雅S(3勝クラス)は、このクラスの実績馬であるフリーフリッカーなどを相手に5馬身差の圧勝。そのレース内容は圧巻でした。
このレースの上り3F36.2はメンバー中断トツで、その末脚はOPクラスにあがってもトップクラスといえるでしょう。

血統としては母系にSadler's Wellsを内包するハーツクライ産駒で、この血統背景はスワーヴアラミスと同じです。その視点で考えれば、血統的にはロードレガリスとスワーヴアラミスはセットで考えるべきといえます。

中央復帰後の3戦はいずれも京都ダート1800mで、京都のダートコースの適性は非常に高いです。そして今回100mではありますが前走から距離延長となれば、父ハーツクライの特徴である距離延長での強さが発揮されるところ。

今回のアルデバランステークスは昇級初戦となりますが、ここでも勝ち負けが期待できる一頭でしょう。


⑤スワーヴアラミス(想定3番人気)

有力馬の最後に取り上げるのが、想定3番人気のスワーヴアラミスです。

この馬もロードレガリス同様に母系にSadler's Wellsを内包するハーツクライ産駒で、母父がサドラーズウェルズ系のSligo Bayであることから、よりSadler's Wells色を強くした印象の血統背景です。

晩成血統の父ハーツクライに重厚な欧州型血統のサドラーズウェルズ系ですから、配合としては明らかに奥手のタイプの馬といえます。

その血統背景を象徴するかのように、ここにきての充実ぶりは著しく、3走前のオークランドRCT(3勝クラス)を快勝、昇級初戦の前々走の福島民友カップを3着、前走のポルックスSを圧勝と勢いに乗っています。

その中でも特筆すべきは前走のポルックスSのレース内容で、出足が悪いことがウィークポイントの同馬において、前走はスタート後ダッシュよく2番手の好位に位置取ることができました。

この出足が悪かった馬が、成長とともにトモが発達して出足がつくようになるというのは、ハーツクライ産駒の本格化の典型的な事例といえます。そのため前走のレース振りから、いよいよスワーヴアラミスの能力発揮といった印象です。

前走のポルックスSのレース内容は明らかに重賞級の内容でしたし、能力開花すると圧倒的に強いのがハーツクライ産駒の特徴でもあります。
このような背景から考えると、前走同様にアルデバランステークスでも勝ち負け必須と予想します。



アルデバランステークス2020 予想印

それではここからは、有力馬の見解をふまえた上でアルデバランステークスの予想印をご紹介します。

【アルデバランステークスの予想印】

◎⑤スワーヴアラミス
〇⑥ロードレガリス
▲⑪ハヤヤッコ
△⑧ジョーダンキング
△②ローズプリンスダム
☆④ブレスジャーニー


今年のアルデバランステークスの本命はスワーヴアラミスです。

スワーヴアラミス、ロードレガリス、どちらの馬を上位評価するか迷いましたが、母系にSadler's Wellsを内包するハーツクライ産駒という同じ血統背景をふまえ、それであれば本格化傾向にあるスワーヴアラミスを取りたいと考えました。

前走のようにスタート後、好位に位置取る競馬ができれば馬券圏内を外すことはないと予想します。

対抗のロードレガリスについても、スワーヴアラミスに拮抗する対抗評価です。スワーヴアラミスよりは、後ろからレースを進める可能性が高いので、スワーヴアラミスを差せるかどうか、その末脚に注目です。

単穴はハヤヤッコ
この馬も上位2頭同様に距離延長はプラス材料ですし、休み明け2戦目での上積みも期待できます。上位2頭のスワーヴアラミス、ロードレガリスと比較すると能力差を感じますが、それでも3番手で評価したい馬です。

連下にはジョーダンキングとローズプリンスダムの2頭を抑えます。

ジョーダンキングは前走の福島民友Cで8着と凡走しましたが、これは距離不足が原因と捉えています。鞍上が相性の良い岩田騎手に戻るのはプラスですし、距離延長となるここでは巻き返してくるでしょう。
ローズプリンスダムについては、このクラスで実績がある馬ですし、前々走の大敗から前走はきっちりとリカバリーしてきていますから、3着候補では抑えておく必要性を感じます。

最後に特注馬の星の穴馬としてブレスジャーニーを推奨します。

2歳時にはサウジアラビアRC、東スポ杯2歳Sと重賞を連勝した素質馬で、直近の芝レースでの重賞やOP競走でも成績を大きく崩していません。今回、初めてのダート挑戦となりますが、父はエンパイアメーカー系のバトルプラン。エンパイアメーカー系は京都ダート1900mの好走血統ですから、血統的にはダート替わりでハマってもおかしくありません。



以上、この記事では「アルデバランステークス(OP)」の有力馬の見解と最終予想となる予想印についてご紹介しました。

なお同日の京都10R「エルフィンステークス(L)中山メイン「節分ステークス(3勝クラス)」の最終予想については、下記の記事でご紹介しています。
こちらの記事も、ぜひご参考下さい。

必見!
競馬予想
【エルフィンステークス2020 最終予想】血統からエピファネイア産駒の素質馬に期待

こんにちは!競馬ブログ「競馬知恵袋」をお読みいただき、ありがとうございます! この記事では、注目のレース「エルフィンステークス(L)」の予想印とその根拠についてご紹介します。 ご参考いただけるようしっ ...

続きを見る

必見!
競馬予想
【節分ステークス2020 最終予想】血統からはスイープセレリタスに期待

こんにちは!競馬ブログ「競馬知恵袋」をお読みいただき、ありがとうございます! この記事では、注目のレース「節分ステークス(3勝クラス)」の予想印とその根拠についてご紹介します。 ご参考いただけるようし ...

続きを見る


ご紹介した内容が、アルデバランステークスの馬券を予想する上でご参考になれば嬉しいです!

最後までお読みいただきありがとうございました。

こちらの記事もおすすめ

Copyright© 競馬知恵袋 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.