ラップ×血統で予想!

競馬知恵袋

【共同通信杯2020 最終予想】血統データからも逆らえないマイラプソディ!

更新日:

競馬予想

こんにちは!
競馬ブログ「競馬知恵袋」をお読みいただき、ありがとうございます!

この記事では、クラシックにも繋がる注目の重賞レース「共同通信杯(G3)」の予想について特集します。

圧倒的な1番人気が想定されるマイラプソディがあっさりと勝ちきるのか!?
はたまたその他の馬がマイラプソディを破るのか!?
今年の共同通信杯は、レースの構図がはっきりとしており、見応えがあるといえます。

なお、この記事の内容は、ブログだけでなく動画でも制作してYouTubeにアップしています。「文字よりも動画の方が分かりやすい」という方については、下記の動画をご視聴ください!(YouTubeのチャンネル登録がまだの方は、チャンネル登録をしていただけると嬉しいです。)



ここからは、ブログでの共同通信杯の予想をご紹介していきます!
それでは、参りましょう!




共同通信杯の予想のポイント!

まず初めに共同通信杯の予想のポイントを3点取り上げます。


逃げ、先行馬が有利な馬場状態!

まず初めに、今開催の東京芝コースの傾向について2点取り上げます。

この内容については、別記事のクイーンカップの予想記事でご紹介したと内容と被る部分があります。ただ、週末の重賞レースだけでなく平場の予想にも役立つ有用な情報ですので、改めてご紹介させていただきます。

まずご紹介するのが、今開催の東京芝コースにおける先週までの脚質別成績です。この脚質別成績を分析すると、逃げ馬が複勝率39.1%、先行馬が複勝率36.1%と好成績をあげています。一方で差し馬は複勝率17.1%、追込み馬が複勝率11.2%と苦戦しています。

先週の芝レースについても11レース中、逃げ馬が1勝、3着4回、先行馬が7勝、2着6回、3着2回と良績です。

今開催の東京は、逃げ、先行馬が非常に有利であることはしっかりと抑えておく必要があります。

なお、内と外の馬場差が少なく逃げ、先行馬が残りやすい今の東京芝コースですが、枠順別成績でみた場合は内枠が有利というわけではありません。
「内・先行有利」ではなく「先行有利」として傾向を捉えた方がよい点は補足しておきます。


ディープ系がトレンド血統!

続いて今開催の東京芝コースの特徴で、共同通信杯の予想のポイントの2点目は「トレンド血統がディープ系」であることです。

こちらも今開催の東京芝コースの成績を分析して、種牡馬別成績を確認すると、父ディープ系の馬が53頭出走して10勝、2着5回、3着5回、複勝率37.7%と好成績をあげています。
また、単勝回収率・複勝回収率ともに100%を超えており、馬券的な信頼度も高いです。

その中でも、ディープインパクト産駒が32戦して7勝、キズナ産駒が6戦して2勝、リアルインパクト産駒が4戦して1勝となっており、この3頭の種牡馬の産駒には、今週も注目したいところです。

なお今開催東京芝コースにおいて、その他のサンデー系の傾向でいくとスタミナ型サンデー系が、トータルで73戦して複勝率16.4%と不振です。これは、ステイゴールド系のオルフェーヴル産駒やゴールドシップ産駒、フェノーメノ産駒が凡走しすぎていることが理由です。

一方、同じスタミナ型サンデー系でも、ハーツクライ産駒は15戦して4勝、2着1回、3着3回、単勝回収率・複勝回収率ともに100%超えと抜群の成績をあげています。

この点もトレンド血統として、抑えておきたいポイントとなります!


ディープインパクト産駒が好走血統!

最後の予想のポイントとして、共同通信杯の好走血統についてご紹介します。

共同通信杯の好走血統は、「9年連続で馬券に絡むディープインパクト産駒です。

昨年はディープインパクト産駒のダノンキングリーが勝った共同通信杯ですが、実はディープインパクト産駒のデビュー世代が初参戦した2011年以降、毎年馬券に絡んでいます。

ここまで共同通信杯には計27頭のディープインパクト産駒が出走していますが、3勝、2着3回、3着6回、複勝率44.4%と圧倒的です!

ディーマジェスティが勝った2016年の共同通信杯については、レース展開が「ミドルペース×持続力」勝負の一戦となりましたが、その年を除けば共同通信杯は「スローペース×瞬発力」が基本のレース展開です。

さらに東京芝コースですから、よほどの道悪にならない限り高速馬場。

となれば、ディープインパクト産駒が良績であることは当然ともいえます。



共同通信杯の予想印とその根拠

それではここからは、共同通信杯の予想印とその根拠についてご紹介していきます!


◎(本命)⑧マイラプソディ

共同通信杯の本命はマイラプソディです!

ここまで新馬戦、野路菊S、京都2歳Sと3連勝で圧倒的な力を示すマイラプソディ。

新馬戦は、手元計測で上り3F<12.3-11.1-10.6/34.0>の加速ラップで駆け抜け、野路菊Sは2着に5馬身差の圧勝。京都2歳Sも素質馬ミヤマザクラを相手にせず快勝。
いずれのレースも上り最速で、その時計は他馬よりも抜けて速く、強烈な末脚が武器の馬です。

ただ前走の小回りコースで行われた京都2歳Sのレース振りを見ると、3コーナーから強めに追われ、4コーナーの段階で鞭が入っていました。このレース振りを見ると、やはり大箱コース向きといえ、今回の東京変わりはプラスと考えています。

血統に目を向けると、父ハーツクライ×母父ヴァイスリージェント系のSalt Lakeの配合で、父ハーツクライ×母父ヴァイスリージェント系の配合馬には長距離戦で活躍したアドマイヤエイカンがいます。

予想のポイントの際にもお伝えしましたが、今開催の東京芝コースはハーツクライ産駒が15戦して4勝、2着1回、3着3回、単勝回収率・複勝回収率ともに100%超えと抜群の成績を残していますので、その点からも評価ができます。

また血統の3代までにヴァイスリージェント系のDeputy Ministerを内包するハーツクライ産駒は、過去、芝の道悪を94戦して複勝率30.4%と得意としています。この血統データから、当日の馬場が多少渋っても問題ないでしょう。

気になる距離短縮のローテーションについてですが、ハーツクライ産駒はここまで芝2000mから芝1800mへの距離短縮ローテを386戦して複勝率30.6%。
これも好成績です!

ここまで、マイラプソディの粗探しを色々してみたのですが、なかなか見つかりません。
唯一あげるとすれば未完成のハーツクライ産駒といった点でしょうか。

それでも今回のメンバーであれば、未完成の状態のマイラプソディでも圧倒する可能性が高いです。
そのため、ここは逆らわずに本命とします!



△(連下)⑦フィリオアレグロ、⑥ダーリントンホール、③ココロノトウダイ

今回の予想は本命以降は連下として、その連下にはフィリオアレグロ 、ダーリントンホール、ココロノトウダイの3頭を抑えます!

まずフィリオアレグロですが、出走メンバー中唯一のディープインパクト産駒で評価ができます。

ただ半兄にサトノクラウン、近親馬にファストアプローチと時計のかかる馬場で強い牝系のため、新馬戦同様に馬場が多少渋った方が良いでしょう。

2着候補最有力の一頭と捉えています!


次にダーリントンホールですが、デビュー後2戦の札幌でのパフォーマンスは良かったものの、前走の中山で行われた葉牡丹賞は案外な内容でした。

父はサドラーズウェルズ系のNew Approachで、高速馬場の東京コースに変わっての上積みは正直感じません。

能力でどこまで適性をカバーできるかでしょう。


最後にココロノトウダイですが、マイラプソディを除けば、この馬が近走最も充実した成績をあげている一頭といえます。

未勝利戦、きんもくせい特別と2連勝中で、きんもくせい特別では葉牡丹賞でダーリントンホールに先着したエヴァーガーデンを抑え込んでいます。

フェアリードール牝系に父エイシンフラッシュの配合なので、本来は「ミドルペース×持続力勝負」の中距離戦、中山芝2000mや阪神芝2000m向きの馬と考えますが、このメンバーであれば「スロー×瞬発力勝負」の一戦でも2着、3着は十分に考えられます。



以上、この記事では注目の重賞レース「共同通信杯(G3)」の予想のポイントと最終予想についてご紹介しました。

なお同日の京都開催の重賞レース「京都記念(G2)」については、下記の記事でご紹介しています!こちらの記事も、ぜひご参考下さい!



ご紹介した内容が、共同通信杯の馬券を予想する上でご参考になれば嬉しいです!

最後までお読みいただきありがとうございました。

こちらの記事もおすすめ

Copyright© 競馬知恵袋 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.