血統から競馬を楽しむ!

競馬知恵袋

【中山記念2020】好走血統で読み解く予想のポイント!

更新日:

血統分析

こんにちは!
競馬ブログ「競馬知恵袋」をお読みいただき、ありがとうございます!

この記事では、注目の重賞レース「中山記念」の血統傾向について特集します。

中山記念の馬券予想にご参考いただけるよう、しっかりと予想していきます!
ぜひ、最後までお読みください!



中山記念の好走血統

それでは、ここからは中山記念の好走血統についてご紹介していきます!

こちらは、中山記念の過去5年の馬券に絡んだ好走馬の父と母父の血統をまとめた表です!

中山記念 血統

まず全体の血統傾向についてですが、中山記念は国別でみるとサンデー系を主流とする日本型血統が優勢です。
ただし、サンデー系の中でも、主流血統といえるディープインパクト産駒の有力馬の取りこぼしが目立つレースであることは抑えてく必要があります。2018年に3番人気で馬券圏外となったヴィブロス、2017年に1番人気で4着となったアンビシャスがその代表例です。

また、中山記念は非根幹距離でトリッキーな中山芝1800mでレースが行われることから、過去5年で非サンデー系の父を持つ馬が7頭馬券に絡み、善戦しています。


次に個別の種牡馬に目を向けると、昨年の勝馬でステイゴールド産駒のウインブライト、昨年2着でオルフェーヴル産駒のラッキーライラックと「父ステイゴールド系」の馬の好走が目立ちます!

ステイゴールドは、コーナーの回数が増えるほど勝率・複勝率などの成績が上昇するコーナリング適性が高い種牡馬です。違う言い方をすれば、「立ち回りのうまい種牡馬」ともいえます。中山記念では、このステイゴールド系の「立ち回りのうまさ」が活きます!

その他、ウインブライト、ラッキーライラックも内包するノーザンテースト持ちの馬が直近4年連続で馬券に絡んいることも見逃せません!


ここまでご紹介した中山記念の血統傾向をまとめると、好走血統は「父ステイゴールド系」、「ノーザンテーストの血統を内包する馬」。そして「ディープインパクト産駒の取りこぼしに注意」の3点にまとめられます!

中山記念の予想を進める上で、この好走血統・血統傾向はしっかりと抑えておきたいポイントとなります!



以上、この記事では「中山記念」の血統傾向について特集しました!

なお中山記念の最終予想については、下記の記事でご紹介しています。
ぜひ、ご参考下さい!

競馬知恵袋
【中山記念2020 最終予想】好走血統のステゴ系を狙え!

こんにちは!競馬ブログ「競馬知恵袋」をお読みいただき、ありがとうございます! この記事では、伝統のG2競走「中山記念」の最終予想ついて特集します。 中山記念の馬券予想にご参考いただけるよう、しっかりと ...

続きを見る


ご紹介した内容が、中山記念の馬券を予想する上でご参考になれば嬉しいです!

最後までお読みいただきありがとうございました。

こちらの記事もおすすめ

Copyright© 競馬知恵袋 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.