血統から競馬を楽しむ!

競馬知恵袋

【フジノウェーブ記念2020 最終予想】好走条件が揃ったリコーワルサーに期待!

更新日:

競馬知恵袋

こんにちは!
競馬ブログ「競馬知恵袋」をお読みいただき、ありがとうございます!

この記事では、注目の地方重賞「フジノウェーブ記念」の最終予想ついて特集します。

フジノウェーブ記念の馬券予想にご参考いただけるよう、しっかりと予想していきます!
ぜひ、ご参考ください!



動画でご紹介!フジノウェーヴ記念の最終予想

フジノウェーブ記念の最終予想は、ブログだけでなく動画でも制作してYouTubeにアップしています。「文字よりも動画の方が分かりやすい」という方については、下記の動画をご視聴ください!
(YouTubeのチャンネル登録がまだの方は、チャンネル登録をしていただけると嬉しいです。)



フジノウェーブ記念の最終予想

それではここからは、フジノウェーブ記念の最終予想となる予想印をご紹介していきます!

なお、フジノウェーブ記念の予想のポイントとなる好走血統、ラップ分析、レース傾向については下記の記事でご紹介しています。まだチェックされていない方は、こちらの記事もご参考ください!

血統分析
【フジノウェーブ記念2020】好走血統で読み解く予想のポイント!

こんにちは!競馬ブログ「競馬知恵袋」をお読みいただき、ありがとうございます! この記事では、地方重賞「フジノウェーブ記念」の血統傾向について特集します。 フジノウェーブ記念の馬券予想にご参考いただける ...

続きを見る

競馬知恵袋
【フジノウェーブ記念2020】ラップ分析で予想のポイントを見極めろ!

こんにちは!競馬ブログ「競馬知恵袋」をお読みいただき、ありがとうございます! この記事では、注目の地方重賞「フジノウェーブ記念」のラップ分析について特集します。 フジノウェーブ記念の馬券予想にご参考い ...

続きを見る

【フジノウェーブ記念2020】ローテーションからレース傾向を見抜く!

こんにちは!競馬ブログ「競馬知恵袋」をお読みいただき、ありがとうございます! この記事では、注目の地方重賞「フジノウェーブ記念」のローテーションにもとづくレース傾向について特集します。 フジノウェーブ ...

続きを見る


◎(本命)④リコーワルサー

本命は④リコーワルサーです!

血統、ラップ、ローテーションの視点から好走条件が揃っており、期待値が非常に高い馬です。

血統は父ブラックタイド、母父ヴァイスリージェント系のデヒアの配合で、米国型血統ながら母父ノーザンダンサー系は好印象。父ブラックタイドはディープインパクトの全兄で、フジノウェーブ記念の好走血統である欧州型ノーザンダンサー系のLyphardを内包しており、評価ができます。弟のディープインパクトよりもスタミナやパワー、そして底力に長けた種牡馬のため、超ハイペース想定のフジノウェーブ記念では、その血統が活きます!

ラップ適性については、勝利した5走前のゆりかもめオープン、7走前のアメジスト賞のように、1400m~1600mの「ハイペース×底力型」で最も力を発揮してきます。その点からも好走が期待できます。

またリコーワルサーは距離短縮ローテを得意としており、距離短縮ローテはここまで4戦して2勝、3着1回と好成績を残しています。着外となった唯一の1戦も中央の芝重賞競走富士Sですから、度外視してよいでしょう。今回は前走勝島王冠から400mの距離短縮で臨む一戦となりますので、パフォーマンスの向上が期待できます!

さらに大井ダート1400mは過去4戦して3勝と抜群のコース適性を示しています。

前走の勝島王冠についても、モジアナフレイバー、ノンコノユメ、サウンドトゥルーに食い下がる4着ですから評価は高いです。
その上で好走条件が揃ったとなれば、ここは本命で推奨したい馬です!


〇(対抗)⑥ヒガシウィルウィン

対抗には⑥ヒガシウィルウィンを推奨します!

2017年には東京ダービーやジャパンダートダービーを勝った活躍馬ですが、直近の成績は精彩を欠くヒガシウィルウィン。

父サウスヴィグラス、母父ブライアンズタイムの配合で、母父が好走血統のブライアンズタイムであることが評価できる血統背景です。

またサウスヴィグラスは距離短縮を得意とする種牡馬で、前走大師オープンから200mの距離短縮ローテはパフォーマンスの向上が期待できます。実際にヒガシウィルウィン自身も距離短縮ローテは、8戦して2勝、2着3回、3着1回、4着1回、着外1回と好成績です。

近走の成績を払拭するのなら「ここ」ではないかと考え、対抗で推奨します!


▲(単穴)⑦ サブノジュニア

単穴で推奨するのが、⑦サブノジュニアです!

直近2走のパフォーマンスが素晴らしいサブノジュニア。

サウスヴィグラス産駒らしく、ダート短距離戦のハイペース勝負に強く、その点からラップ適性は高いです。
ただし距離延長になるとガクッと成績が落ちるサウスヴィグラス産駒ですから、前走ウインタースプリントからの200mの距離延長は割引かざる負えません。

また非根幹距離よりは根幹距離の方が良績のため、能力は高く評価しつつも、その点を割り引いて単穴評価としました。


△(連下)③トロヴァオ、⑤キャンドルグラス、⑬グレンツェント

最後に連下には、③トロヴァオ、⑤キャンドルグラス、⑬グレンツェントの3頭を抑えます!

トロヴァオは、昨年のJBCスプリント3着の実績馬。末脚は堅実ですし、その末脚が活きる競馬ができれば、馬券圏内が期待できます!

キャンドルグラスは、単穴のサブノジュニアと同様に能力を評価しながらもサウスヴィグラス産駒の距離延長を嫌って連下評価までとしました。前走から400mの距離延長はローテーションの評価としては低いです。

グレンツェントは、ここにきて初めての1400m。全盛期と比較して能力の衰えが見られるとはいえ、適性次第では馬券圏内もあるでしょう!



以上、この記事では「フジノウェーブ記念」の最終予想について特集しました。

ご紹介した内容が、フジノウェーブ記念の馬券を予想する上でご参考になれば嬉しいです!

最後までお読みいただきありがとうございました。

こちらの記事もおすすめ

Copyright© 競馬知恵袋 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.