血統から競馬を楽しむ!

競馬知恵袋

【中山記念2020 最終予想】好走血統のステゴ系を狙え!

投稿日:

競馬知恵袋

こんにちは!
競馬ブログ「競馬知恵袋」をお読みいただき、ありがとうございます!

この記事では、伝統のG2競走「中山記念」の最終予想ついて特集します。

中山記念の馬券予想にご参考いただけるよう、しっかりと予想していきます!
ぜひ、ご参考ください!



動画でご紹介!中山記念の最終予想

中山記念の最終予想は、ブログだけでなく動画でも制作してYouTubeにアップしています。「文字よりも動画の方が分かりやすい」という方については、下記の動画をご視聴ください!
(YouTubeのチャンネル登録がまだの方は、チャンネル登録をしていただけると嬉しいです。)



中山記念の最終予想

それではここからは、中山記念の最終予想となる予想印をご紹介していきます!

なお、中山記念の予想のポイントとなる好走血統やラップ分析、レース傾向については下記の記事でご紹介しています。まだチェックされていない方は、こちらの記事もご参考ください!

血統分析
【中山記念2020】好走血統で読み解く予想のポイント!

こんにちは!競馬ブログ「競馬知恵袋」をお読みいただき、ありがとうございます! この記事では、注目の重賞レース「中山記念」の血統傾向について特集します。 中山記念の馬券予想にご参考いただけるよう、しっか ...

続きを見る

競馬知恵袋
【中山記念2020】ラップ分析で予想のポイントを見極めろ!

こんにちは!競馬ブログ「競馬知恵袋」をお読みいただき、ありがとうございます! この記事では、注目の重賞レース「中山記念」のラップ分析について特集します。 中山記念の馬券予想にご参考いただけるよう、しっ ...

続きを見る

競馬知恵袋
【中山記念2020】ローテーションからレース傾向を見抜く!

こんにちは!競馬ブログ「競馬知恵袋」をお読みいただき、ありがとうございます! この記事では、注目の重賞レース「中山記念」の ローテーションを中心としたレース傾向について特集します。 中山記念の馬券予想 ...

続きを見る


◎(本命)⑧ウインブライト

本命は、⑧ウインブライトです!

中山記念の好走血統である父ステイゴールドに、ノーザンテーストの4×4のクロスを内包する血統構成は、中山記念で「ドンピシャ!」の血統背景といえます。

ラップ適性についても、中山記念で想定される「ハイラップからミドルラップの持続力勝負」のレースは、過去5戦して4勝2着1回とほぼ完ぺきな成績をあげています。

前走2000mから1800mへの距離短縮ローテも、ここまで2戦2勝。
さらに中山芝1800mは4戦4勝。

血統、ラップ適性、ローテーション、コース適性、いずれにおいてもケチのつけようがありません。

唯一気になるとすれば、10週以上間隔を開けた場合の成績が4戦して1勝、着外3回と不振なこと。ただし、中間の追切を見る限り状態は申し分ないため、ここはレースに対する適性を評価したいところです。

そのため、本命で推奨します!


〇(対抗)③ダノンキングリー

対抗には、③ダノンキングリーを推奨します!

中山記念で取りこぼしが目立つディープインパクト産駒で、父ディープインパクト×母父Storm Catの配合は、大箱東京コースの高速馬場でこその血統背景です。その点から、さほど血統評価は高くありません。

ラップ適性についても、本質は「ハイラップ×瞬発力」、「ハイラップ×超瞬発力」の馬です。ただし、「ハイラップ×底力勝負」となったひいらぎ賞や「ハイラップ×持続力勝負」となった毎日王冠を快勝している一面もあります。

つまり、ベストは大箱東京コースの速い時計が出る中距離戦での瞬発力勝負であるが、時計が出る馬場であれば底力勝負や持続力勝負になっても、能力で十分にカバーできるということです。

そのため、小回りでトリッキーな中山芝1800mでも、能力であっさりと勝ちきってしまう可能性があります。

ローテーションに目を向けても、今回は前走のマイルチャンピオンシップの芝1600mから、過去最も高いパフォーマンスを示している芝1800mへの距離延長ローテです。

このローテーションからはパフォーマンスの向上が期待できますし、開幕週の良好な馬場状態で能力をしっかりと発揮できるとなれば、このレースで不振なディープインパクト産駒とはいえ、侮れない一頭です!


▲(単穴)①インディチャンプ

単穴で推奨するのが、①インディチャンプです!

本命のウインブライト同様に父ステイゴールドの血統背景は評価ができます。牝系がトキオリアリティー牝系のため、本質的には東京マイルがベストと考えますが、開幕週の中山芝1800mであれば問題なくこなしてくるでしょう。

ラップ適性についても、「超ハイラップ×持続力」、「ハイラップ×持続力」の馬で、このレースで求められるラップ適性とは少しズレが生じています。

それでも、小回り急坂コースにおける現役屈指の機動力は武器ですし、距離延長ローテで大きくパフォーマンスを落とす馬ではありません。

実力的に単穴以上では、抑えておきたい馬です!


△(連下)⑦ラッキーライラック

最後に、連下に⑦ラッキーライラックを抑えます!

好走血統のステイゴールド系のオルフェーヴル産駒で、ここにきての充実振りは目を見張るものがあります。

ただし、気になったのがオルフェーヴル産駒が苦手にする距離短縮ローテ。

この馬自身も距離短縮ローテは、ここまで秋華賞、中山記念、阪神牝馬ステークスと3戦していますが、掲示板外2回。中山記念で2着を確保しているとはいえ、この成績は評価がしづらいです。

今回は前走香港ヴァーズから600mの一気の距離短縮となりますから、このローテーションの面が気になります。

そのため、評価を割り引いて連下評価としました。



以上、この記事では「中山記念」の最終予想について特集しました。

ご紹介した内容が、中山記念の馬券を予想する上でご参考になれば嬉しいです!

最後までお読みいただきありがとうございました。

こちらの記事もおすすめ

Copyright© 競馬知恵袋 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.