血統から競馬を楽しむ!

競馬知恵袋

【エンプレス杯2020 最終予想】血統×ラップから信頼できる本命馬!

投稿日:

競馬知恵袋

こんにちは!
競馬ブログ「競馬知恵袋」をお読みいただき、ありがとうございます!

この記事では、注目の交流重賞「エンプレス杯」の最終予想について特集します。

エンプレス杯の馬券予想にご参考いただけるよう、しっかりと予想していきます!
ぜひ、ご参考ください!



動画でご紹介!エンプレス杯の最終予想

エンプレス杯の最終予想については、ブログだけでなく動画でも制作してYouTubeにアップしています。「文字よりも動画の方が分かりやすい」という方については、下記の動画をご視聴ください!
(YouTubeのチャンネル登録がまだの方は、チャンネル登録をしていただけると嬉しいです。)



エンプレス杯の最終予想

それではここからは、エンプレス杯の最終予想となる予想印をご紹介していきます!

なお、エンプレス杯の予想のポイントとなる好走血統やラップ分析については下記の記事でご紹介しています。まだチェックされていない方は、こちらの記事もご参考ください!

血統分析
【エンプレス杯2020】好走血統で読み解く予想のポイント!

こんにちは!競馬ブログ「競馬知恵袋」をお読みいただき、ありがとうございます! この記事では、注目の交流重賞「エンプレス杯」の好走血統について特集します。 エンプレス杯の馬券予想にご参考いただけるよう、 ...

続きを見る

競馬知恵袋
【エンプレス杯2020】ラップ分析で予想のポイントを見極めろ!

こんにちは!競馬ブログ「競馬知恵袋」をお読みいただき、ありがとうございます! この記事では、注目の交流重賞「エンプレス杯」のラップ分析について特集します。 エンプレス杯の馬券予想にご参考いただけるよう ...

続きを見る


◎(本命)③プリンシアコメータ

今年のエンプレス杯の本命は、③プリンシアコメータです!

エンプレス杯は昨年1着、一昨年2着と2年連続で好走しており、既に高いレース適性を示しています。エンプレス杯は、過去好走した馬が再び好走しやすいリピーターレースですので、この成績は高く評価できます。

ラップ適性は昨年、一昨年とこのレースで好走しているわけですから、「超スローラップ×底力・持続力」の適性といえ、好相性です。

また平均ラップの適性が「超スローラップ」であるため、ダート戦でも2000m以上の距離を得意としています。実際にダート2000m以上のレースはここまで9戦して、2勝、2着5回、4着2回と安定して好走しています。


今回は前走クイーン賞から300mの距離延長で臨む一戦となりますが、距離延長ローテについても、ここまで7戦して2勝、2着2回、3着1回と好成績。得意の川崎ダート2100mへの距離延長は、パフォーマンスを上げてくるでしょう!


血統についても、2年連続で好走しているわけですから、高い適性を示します。

プリンシアコメータの血統は父スパイキュール、母父アジュディケーティングの配合で、「父サンデー系×母父米国型ノーザンダンサー系」はエンプレス杯の好走血統にあたります。
全兄には北海道2歳優駿2着のベルモントレーサー、近親馬にはマリーンカップ1着のベルモントビーチ、サマーチャンピオン1着のキングズゾーンがおり、地方交流重賞で活躍する血統で評価ができます。

3年連続という好走という難しさはありますが、好走条件は揃っていますから、今年もきっちりと走ってくると予想します!


〇(対抗)⑩ラインカリーナ

対抗には、⑩ラインカリーナを推奨します!

血統は父パイロ、母父アラムシャーの配合。
父もしくは母父エーピーインディ系の馬が過去5年で馬券に絡めていないエンプレス杯において、さほど評価できる血統背景ではありません。

ただし、同舞台で行われた関東オークスを快勝したようにコース適性は高く、ラップ適性も「超スローラップ×底力・持続力」です。
ラップの視点からは、高く評価ができる馬です!


ローテーションに目を向けると距離延長に強い馬で、距離延長ローテはここまで5戦して2勝、3着2回、4着1回と好成績。

今回は、前走の佐賀記念から得意の川崎ダート2100mへの距離延長ローテで臨む一戦となりますから、前走からのパフォーマンスの向上が見込めます!

その走りに期待します!


▲(単穴)⑪サルサディオーネ

単穴には、⑪サルサディオーネを推します!

前走、報知グランプリカップでタービランスなど実力馬を破り、勢いに乗るサルサディオーネ。2018年のエンプレス杯では3着と好走しており、レース適性を示している点は評価ができます。

またラップ適性も「超スローラップ×底力・持続力」の馬のため、高評価。


血統に目を向けると、父はゴールドアリュール。
ゴールドアリュール産駒はサルサディオーネの他に、2017年にはワンミリオンスが勝利するなどエンプレス杯で活躍している血統です。この血統背景も魅力といえます。

外目の枠に入ったことと苦手にしている距離延長ローテは気になりますが、前走復活勝利からの勢いを勝って単穴で推奨します!


☆(星)⑤パッシングスルー

特注馬の星は、⑤パッシングスルーです!

血統は父ルーラーシップ、母父クロフネの配合で、エンプレス杯の好走血統の一つであるデピュティミニスターの血統を母系に内包することは、好印象です。

ただ母マイティースルーが現役時代に芝レースで活躍したように、基本的には芝血統の馬です。ここにきてのダート転向となりますが、その路線選択が「吉」とでるかどうかは、まさに「走ってみないと分からない」状況です。

ただし、ローテーションとして距離延長ローテはプラスですし、ダートとはいえ時計がかかる方が良い馬です。


競走馬としてのポテンシャルを考えれば、紫苑ステークスを勝った馬ですから、メンバー中でも最上位争いでしょう。

ダート適性さえあれば、あっさり勝ちきってもおかしくない馬ですから、特注馬でしっかりと抑えておきたいところです。


△(連下)②クレイジーアクセル、⑦アンデスクイーン

最後に連下に、②クレイジーアクセル、⑦アンデスクイーンを抑えます!

連下一頭目のクレイジーアクセルは、2走前のクイーン賞で見せたように、展開がハマれば中央勢を撃破する力はあります。

「肉を切らせて骨を断つ」タイプの逃げ馬で、ラップ適性における脚質型はバテてからの根性比べの「超底力」。

今回も思い切って逃げて、追走する他馬がバテるほどのラップで自分の展開に持ち込めれば、馬券圏内も十分にあり得ます。


最後にアンデスクイーンは、力は評価しつつもラップ適性は「スローラップ×バランス・瞬発力」の馬。底力勝負になるであろうエンプレス杯では、ラップ適性が合いません。

血統的な後押しも弱く、距離延長ローテで小回りコースへのローテーションを加味すると、連下までの評価に留めたいです。



以上、この記事では「エンプレス杯」の最終予想について特集しました。

ご紹介した内容が、エンプレス杯の馬券を予想する上でご参考になれば嬉しいです!

最後までお読みいただきありがとうございました。

こちらの記事もおすすめ

Copyright© 競馬知恵袋 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.