血統から競馬を楽しむ!

競馬知恵袋

【オーシャンステークス2020 最終予想】底力富む血統が魅力の本命馬を公開!

投稿日:

競馬知恵袋

こんにちは!
競馬ブログ「競馬知恵袋」をお読みいただき、ありがとうございます!

この記事では、高松宮記念へと繋がる注目のトライアルレース「オーシャンステークス」の最終予想ついて特集します。

オーシャンステークスの馬券予想にご参考いただけるよう、しっかりと予想していきます!
ぜひ、ご参考ください!



動画でご紹介!オーシャンステークスの最終予想

オーシャンステークスの最終予想は、ブログだけでなく動画でも制作してYouTubeにアップしています。「文字よりも動画の方が分かりやすい」という方については、下記の動画をご視聴ください!
(YouTubeのチャンネル登録がまだの方は、チャンネル登録をしていただけると嬉しいです。)



オーシャンステークスの最終予想

それでは、オーシャンステークスの最終予想となる予想印をご紹介していきます!

なお、オーシャンステークスの予想のポイントとなる好走血統やラップ分析については下記の記事でご紹介しています。まだチェックされていない方は、こちらの記事もご参考ください!

血統分析
【オーシャンステークス2020】好走血統で読み解く予想のポイント!

こんにちは!競馬ブログ「競馬知恵袋」をお読みいただき、ありがとうございます! この記事では、高松宮記念へと繋がる注目のトライアルレース「オーシャンステークス」の好走血統について特集します。 オーシャン ...

続きを見る

競馬知恵袋
【オーシャンステークス2020】ラップ分析で予想のポイントを見極めろ!

こんにちは!競馬ブログ「競馬知恵袋」をお読みいただき、ありがとうございます! この記事では、高松宮記念へと繋がる注目のトライアルレース「オーシャンステークス」のラップ分析について特集します。 オーシャ ...

続きを見る


◎(本命)タワーオブロンドン

本命は、タワーオブロンドンです!

父レイヴンズパス、母父ダラカニの欧州型血統の配合馬らしく、非常に底力の能力が高い馬で、スプリント戦のハイペースで力を発揮する馬です。

オーシャンステークスで求められるラップ適性「超ハイラップ×底力」のレースは、過去セントウルステークス、スプリンターズステークスと2戦して2勝。
そのパフォーマンスも圧巻で、ラップ適性は非常に高いです。

またタワーオブロンドンは、起伏に強い欧州型血統の血量が豊富なため、急坂コースを得意としています。急坂コースである中山、阪神芝コースに限定した成績は5戦して4勝、3着1回と抜群。この点も魅力です。

血統は父レイヴンズパス、母父ダラカニ、母の母父サドラーズウェルズと欧州型血統が先行するイメージが強いですが、父系のサイアーラインは大系統でミスタープロスペクター系、小系統でみればゴーンウエスト系です。

ゴーンウエスト系は、昨年のモズスーパーフレア、2016年のエイシンブルズアイと過去5年のオーシャンステークスで2頭の勝馬を出しています。その点から、欧州型血統が強すぎるタワーオブロンドンを嫌う必要はないでしょう。

このような背景から、本命で推奨します!


〇(対抗)ダノンスマッシュ

対抗には、ダノンスマッシュを推します!

本命のタワーオブロンドン同様にラップ適性が高い馬で、オーシャンステークスで求められるラップ適性「超ハイラップ×底力」のレースは、3戦2勝、3着1回と好成績。その該当レースはスプリンターズステークス、京阪杯、函館日刊スポーツ杯です。

好走血統のダンジグ系のハードスパンを母父に持つ血統背景も評価ができますし、母スピニングワイルドキャットが内包するロベルトのクロスも小回り適性を高めます。

ただし、割引材料となったのが父ロードカナロア。

ロードカナロア産駒は、東京コースのような緩やかな坂は対応できますが、中山、阪神のような急坂への対応力は低いです。実際にデビューからのロードカナロア産駒の中山、阪神芝コースにおける成績は、全体の成績を大きく下回っています。

この点から、ダノンスマッシュのベストな舞台は京阪杯、シルクロードステークスと2戦2勝の京都芝1200mと考えています。

能力は評価しつつも、今回はタワーオブロンドンを上位に取りました。


▲(単穴)ナックビーナス

単穴で推奨するのが、ナックビーナスです!

オーシャンステークスで3年連続の2着と好走している馬。
レース適性はメンバー中で文句なしの一番でしょう。

父ダイワメジャー×母父モアザンレディのサンデー系×ターントゥ系の配合はナックビーナスだけでなく、2015年勝馬のサクラゴスペルにも当てはまり、評価ができます。

また好走血統のノーザンテーストを父系に、同じ好走血統のダンジグを母系に内包しており、血統適性の後押しは大きいです。

ただしラップ適性に目を向けると、少しズレが生じています。

ナックビーナスのラップから考える好走パターンは、「平均ラップ=ハイラップ」。つまりスプリント戦でも、多少時計のかかる馬場が得意ということです。

この点が、洋芝の札幌で行われるキーンランドカップは勝てても、中山のオーシャンステークスでは勝ちきれない理由ではないかと考えています。

いずれにせよ、重賞では勝ちきれないものの中山芝1200mは10戦して3勝、2着6回と相性は抜群です。
そのため、単穴以上の評価をすべき馬と考えます!


☆(星)エスターテ

ここまで上位人気が予想される馬の推奨となったため、最後に穴馬の星評価を一頭ご紹介します!

穴馬で推奨するのが、エスターテです!

父ベーカバドは好走血統のダンジグ系の種牡馬。
父ダンジグ系は、2017年勝馬のファストネットロック産駒のメラグラーナがいます。

このべーカバドは中山芝1200mを非常に得意とする種牡馬で、過去5年の中山芝1200mの産駒成績は34戦して4勝、2着6回、3着3回、複勝率38.2%と好成績です。さすがの小脚でパワフルなダンジグの血といったところでしょうか!

ラップ適性も平均ラップは超ハイラップ、ペース変化は底力~持続力と合っています。

穴狙いでは、非常に面白い一頭かと思います。


その他、3連系の馬券であればハウメア、レジーナフォルテ、カッパツハッチの3頭も評価は高いので抑えておきたい馬と考えます。



以上、この記事では「オーシャンステークス」の最終予想について特集しました。

ご紹介した内容が、オーシャンステークスの馬券を予想する上でご参考になれば嬉しいです!

最後までお読みいただきありがとうございました。

こちらの記事もおすすめ

Copyright© 競馬知恵袋 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.