血統から競馬を楽しむ!

競馬知恵袋

【金鯱賞2020】好走血統で読み解く予想のポイント!

更新日:

血統分析

こんにちは!
競馬ブログ「競馬知恵袋」をお読みいただき、ありがとうございます

この記事では、注目のG2競走「金鯱賞」の好走血統について特集します。

金鯱賞の馬券予想にご参考いただけるよう、しっかりと予想していきます!
ぜひ、最後までお読みください!



動画でご紹介!金鯱賞の予想のポイント

金鯱賞の予想のポイントは、ブログだけでなく動画でも制作してYouTubeにアップしています。「文字よりも動画の方が分かりやすい」という方については、下記の動画をご視聴ください!
(YouTubeのチャンネル登録がまだの方は、チャンネル登録をしていただけると嬉しいです。)



金鯱賞の好走血統

こちらは、金鯱賞の過去5年の馬券に絡んだ好走馬の父と母父の血統をまとめた表です!

金鯱賞 好走血統
金鯱賞は「父ディープインパクト×母父欧州型血統」の好走が目立つ

血統傾向の全体の傾向としてみた場合は、欧州型血統が国別で最も多くの割合を占めており、好走しています。

続いて好走血統に目を向けると、まず最初にあげられるのが「父ディープインパクト×母父欧州型血統」です。この血統は、過去5年の好走馬15頭中6頭を占めます。

次に個別種牡馬や系統で好走血統を考えた場合はダンジグ、ロベルト、ノーザンテーストの血統があげられます。ダンジグは直近5年連続、ロベルトは過去5年で4年、ノーザンテーストは過去5年で3年馬券に絡む活躍振りです。

中京芝コースの高低差は3.5メートルで、中山、京都に次いで全場3位に位置する起伏があるコースです。また直線直後の高低差2.0mの急坂は、中山の急坂の勾配には及ばないものの、阪神よりも急勾配です。

この起伏あるコースという点が、急坂適性を高めるダンジグ、ロベルト、ノーザンテーストの血統が走る理由と考えています。


金鯱賞の好走血統に該当する出走予定馬

現在出走を予定している馬(3月6日時点)で、金鯱賞の好走血統「父ディープインパクト×母父欧州型血統」、「ダンジグ、ロベルト、ノーザンテーストの血統を内包」に該当する馬は下記となります。

【金鯱賞の好走血統の該当馬】

◎父ディープインパクト×母父欧州型血統
①サトノガーネット

○ダンジグの血統を内包
①ギベオン、②サトノソルタス、③ニシノデイジー

○ロベルトの血統を内包
①ギベオン、②サトノガーネット、③ブレスジャーニー、④マイネルファンロン

○ノーザンテーストの血統を内包
①ブレスジャーニー、②マイネルファンロン



以上、この記事では「金鯱賞」の好走血統について特集しました!

なお、金鯱賞の最終予想については下記の記事でご紹介しています。
ぜひご参考下さい。

競馬知恵袋
【金鯱賞2020 最終予想】好走血統の本命馬!サートゥルナーリアを負かせるか!?

こんにちは!競馬ブログ「競馬知恵袋」をお読みいただき、ありがとうございます! この記事では、注目の重賞競走「金鯱賞」の最終予想ついて特集します。 金鯱賞の馬券予想にご参考いただけるよう、しっかりと予想 ...

続きを見る


ご紹介した内容が、金鯱賞の馬券を予想する上でご参考になれば嬉しいです!

最後までお読みいただきありがとうございました。

こちらの記事もおすすめ

Copyright© 競馬知恵袋 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.