血統から競馬を楽しむ!

競馬知恵袋

【ダイオライト記念2020】血統×ラップで予想!期待の本命馬を公開!

更新日:

競馬知恵袋

こんにちは!
競馬ブログ「競馬知恵袋」をお読みいただき、ありがとうございます!

この記事では、注目の交流重賞「ダイオライト記念」の予想を特集します。

ご紹介する内容は、ダイオライト記念のラップ分析と好走血統、そして予想印の3点です。
馬券予想にぜひ、ご参考ください!



動画でご紹介!ダイオライト記念の最終予想

ダイオライト記念の最終予想は、ブログだけでなく動画でも制作してYouTubeにアップしています。「文字よりも動画の方が分かりやすい」という方については、下記の動画をご視聴ください!
(YouTubeのチャンネル登録がまだの方は、チャンネル登録をしていただけると嬉しいです。)



ダイオライト記念のラップ分析

まずはじめに、ダイオライト記念のラップ分析についてご紹介します。

ダイオライト記念は、各年によって「底力型」と「バランス型」の異なるラップ適性を示すレースで、その見極めが重要となるレースです。

こちらはダイオライト記念の過去5年の平均ラップを縦軸に、ペース変化指数を横軸に取ったラップマトリックスです。

ダイオライト記念 ラップマトリックス

ダートの中長距離戦らしく、平均ラップは「超スローラップ」を刻んでいます。

その上で特徴的なのが、上り3Fと上り3Fを除く平均3Fを比較したペース変化が「底力型」と「バランス型」とで、各年異なっていることです。

では、今年のペース変化はどちらになるでしょうか?

今年の出走メンバーを見る限り、ハナに立って積極的なラップを刻む逃げ馬が不在です。そのため、今年のダイオライト記念は「超スローラップ×バランス型」のラップ適性が求められるレースになると予想します。


ダイオライト記念の好走血統

次に、ダイオライト記念の好走血統についてご紹介します。

ダイオライト記念は、キングカメハメハやエルコンドルパサーといった欧州型キングマンボ系やトニービン、リヴァーマンといった欧州型ナスルーラ系の血統を持つ馬が馬券に絡むレースです。

こちらは、ダイオライト記念の過去5年の馬券に絡んだ好走馬の父と母父の血統をまとめた表です!

ダイオライト記念 好走血統

まず好走血統の特徴の1点目としてあげられるのが、父か母父に欧州型キングマンボ系を持つ馬が好走していることです。

昨年の覇者でキングカメハメハ産駒のチュウワウィザードや、2015年から2017年まで3連覇した母父がエルコンドルパサーのクリソライトと、過去5年で4頭の勝馬が父か母父に欧州型キングマンボ系の血統を内包しています。

次に特徴の2点目としてあげられるのが、血統の3代までに欧州型ナスルーラ系の血統を内包する馬が好走していることです。

この欧州型ナスルーラ系の血を血統の3代までに内包した好走馬には、オールブラッシュ、ケイティブレイブ、 クリソライト、ユーロビート、クリノスターオー、トウシンイーグルがあげられます。
なんと過去5年の好走馬15頭中9頭が、血統の3代までに欧州型ナスルーラ系の血を内包しています。


この血統傾向からダイオライト記念は、欧州型キングマンボ系、欧州型ナスルーラ系の好走血統に注目のレースといえます。

なお、今年の出走予定馬好走血統に該当する馬は下記となっております。

【ダイオライト記念の好走血統の該当馬】

〇欧州型キングマンボ系
①ジョーダンキング、②サトノアッシュ、③ジュンスターホース

〇欧州型ナスルーラ系
①タガノゴールド、②ジュンスターホース、③コウエイワンマン


その他、ラップ分析、好走血統以外のダイオライト記念の予想のポイントとしては、「1枠から4枠が好成績で外枠の成績が見劣ること」、「川崎記念、金盃組が好走していること」の2点があげられます。

この予想のポイントもしっかりと抑えておく必要があります。


ダイオライト記念の予想印と根拠

それでは、ここからはダイオライト記念の予想印とその根拠についてご紹介していきます。


◎(本命)①ジョーダンキング

今年のダイオライト記念の本命は、①ジョーダンキングです!

父が好走血統の欧州型キングマンボ系であるキングカメハメハであることが評価できる馬。父欧州型キングマンボ系×母父サンデー系は、チュウワウィザードやクリソライトと同じ組み合わせで配合としても高評価です。

このキングカメハメハ産駒は機動力に優れるため、砂を被るダート戦であっても内枠で好成績。キングカメハメハ産駒のダート戦の通算成績で、1番枠、2番枠の単勝回収率は100%を超えています。
この血統背景で、ロスなく立ち回れる最内枠に入った点は大きな魅力です。

ラップ適性においても、「超スローラップ×バランス型」で過去好走をみせています。

元々3歳時には園田で走っていた馬。
近走の成績は奮いませんが、久しぶりの地方の砂に戻っての激走に期待します!


〇(対抗)⑧サウンドトゥルー
▲(単穴)⑭アナザートゥルース

対抗と単穴には、⑧サウンドトゥルーと⑭アナザートゥルースの兄弟馬を推奨します

時計がかかるダートの中長距離戦で強い牝系で、ラップ的にも「超スローラップ×バランス型」のレースは相性が良く、非常に適性は高いです。

またサウンドトゥルーは金盃から、アナザートゥルースは川崎記念から臨む一戦となり、好走ローテにあたります。

枠順の差を取って、兄のサウンドトゥルーを上位評価としましたが、アナザートゥルースも大外枠に入ったとはいえ、鞍上ルメール騎手に強化されます。

人気を集めそうな2頭ですが、馬券的にはやはり外せない2頭といえます!


△(連下)③ウェスタールンド

連下には、③ウェスタールンドを推します!

父は機動力に優れ、ダートも走るサンデー系のネオユニヴァース。母父米国型ミスタープロスペクター系のマーケトリーも血統背景としては悪くはありません。

父ネオユニヴァースはダートでの距離延長を得意とする馬です。
ダートにおける産駒の通算成績では、距離延長の方が距離短縮よりも良績です。

実際にウェスタールンドも、ここまでダートで距離延長は2戦して2着2回と好走しています。

3枠3番という好枠を引いた点も魅力。
初地方参戦となりますが、その走りに期待します!


☆(穴馬)⑦タガノゴールド、⑨ジュンスターホース

最後に好走血統から考える穴馬として、⑦タガノゴールド、⑨ジュンスターホースの2頭を推奨します!

タガノゴールドは、母の母父に好走血統の欧州型ナスルーラ系のトニービンの血統を内包しています。また父はクリソライトでこのレースを3連覇したゴールドアリュール。

兵庫からの参戦で一気のメンバー強化となり、未知数の点も大きいですが、血統的には面白い一頭です!


次にジュンスターホースは、父が欧州型キングマンボ系のキングカメハメハで母父が欧州型ナスルーラ系のナシュワンの血統背景。

サンデーサイレンスの血を持たない点は気になりますが、好走血統同士の配合でこのレースにおける血統的な後押しは非常に大きいです。

中央でも3勝クラスのレースで掲示板がやっとの馬のため、メンバー中の能力では格下ですが、高配当を狙っての穴狙いでは「あり」の馬と考えます。



以上、この記事では「ダイオライト記念」の予想について特集しました。

ご紹介した内容が、ダイオライト記念の馬券を予想する上でご参考になれば嬉しいです!

最後までお読みいただきありがとうございました。

こちらの記事もおすすめ

Copyright© 競馬知恵袋 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.