血統から競馬を楽しむ!

競馬知恵袋

【中山牝馬ステークス2020 最終予想】好走血統の本命馬!初重賞制覇に期待!

投稿日:

競馬知恵袋

こんにちは!
競馬ブログ「競馬知恵袋」をお読みいただき、ありがとうございます!

この記事では、注目の重賞競走「中山牝馬ステークス」の最終予想ついて特集します。

中山牝馬ステークスの馬券予想にご参考いただけるよう、しっかりと予想していきます!
ぜひ、ご参考ください!



動画でご紹介!中山牝馬ステークスの最終予想

中山牝馬ステークスの最終予想は、ブログだけでなく動画でも制作してYouTubeにアップしています。「文字よりも動画の方が分かりやすい」という方については、下記の動画をご視聴ください!
(YouTubeのチャンネル登録がまだの方は、チャンネル登録をしていただけると嬉しいです。)



中山牝馬ステークスの好走血統やラップ分析

中山牝馬ステークスの予想印の前提となる好走血統やラップ分析など予想のポイントについては、下記の記事でご紹介しています。まだチェックされていない方は、こちらの記事もご参考ください!

血統分析
【中山牝馬ステークス2020】好走血統で読み解く予想のポイント!

こんにちは!競馬ブログ「競馬知恵袋」をお読みいただき、ありがとうございます! この記事では、注目の重賞競走「中山牝馬ステークス」の好走血統について特集します。 中山牝馬ステークスの馬券予想にご参考いた ...

続きを見る

競馬知恵袋
【中山牝馬ステークス2020】ラップ分析で予想のポイントを見極めろ!

こんにちは!競馬ブログ「競馬知恵袋」をお読みいただき、ありがとうございます! この記事では、注目の重賞競走「中山牝馬ステークス」のラップ分析について特集します。 中山牝馬ステークスの馬券予想にご参考い ...

続きを見る


中山牝馬ステークスの予想印と根拠

それでは、ここからは中山牝馬ステークスの予想印とその根拠についてご紹介していきます。


◎(本命)エスポワール

今年の中山牝馬ステークスの本命は、エスポワールです!

アドミラブル、フランツ、ロシュフォールなどを送り出すグレースアドマイヤ牝系に、父はオルフェーヴル、母父はシンボリクリスエスの配合の同馬。アドミラブルは半弟にあたります。
好走血統の欧州型ナスルーラ系のトニービンの血を母父に持ち、好走を予感させます。

グレースアドマイヤ牝系は、トニービン色が強い牝系で大箱コース向き。そして非根幹距離の1800mを得意にしています。その点から考えれば、1800mへの距離延長はプラスで、前走ターコイズステークスからパフォーマンスを上げてくるでしょう。

ダートも走るパワーに長けたサンデー系のオルフェーヴル産駒のため、道悪も苦にしません。その点も軸にしやすい要因です。

ラップ適性も問題ないですし、最終追切も栗東坂路で4F52.2と自己ベストをマークしています。

良馬場、道悪馬場問わず好走が期待できるという点では、馬券の軸に最適な一頭です!


〇(対抗)コントラチェック

対抗には、コントラチェックを推奨します!

バウンスシャッセ、ムーンクエイクの半妹にあたり、母リッチダンサーの牝系は急坂適性が高い馬が多く、特に中山芝1600m~芝1800mでは滅法強い特徴があります。

実際にリッチダンサーの産駒の中山芝1600m~芝1800mの成績は19戦して9勝、2着4回、3着1回。中山芝1800mに至っては、7戦して4勝、2着2回、3着1回と馬券圏内を外していません。これは驚異的な成績といえます。

ラップ適性も高く評価ができますし、中山芝コースはここまで4戦して3勝、2着1回とほぼ完璧な成績をあげています。

その中であえて対抗評価としたのが、道悪馬場になった際の適性に疑問符がつくからです。コントラチェックはスピードを活かすディープインパクト産駒のため、速い時計が出る馬場でガンガン飛ばして逃げ切るのが個性の馬。時計がかかる道悪馬場になると、その個性が削がれます。

最終追切を見る限り状態自体は良いので、後は当日の馬場次第でしょう。

道悪馬場での開催が気になり、最終的には対抗評価としましたが、良馬場で時計の出る馬場であれば、評価を高めて「本命」で推したい馬です!


▲(単穴)ウラヌスチャーム

単穴で推奨するのが、ウラヌスチャームです!

力強い伸び脚を生み出す「ナスルーラ×ハイペリオン」の血量が豊富で、いかにもルーラーシップ産駒らしい個性の馬。前脚の伸びが良く、大跳びな走りからはベストな舞台は大箱の東京、新潟外回りコースでのペースが流れての持続力勝負と考えます。

ただし、昨年の中山牝馬ステークス2着馬であるため、レース適性はしっかりと示しています。
また「父欧州型血統」や「欧州型ナスルーラ系を血統の3代までに内包」の好走血統、「父キングマンボ系」のトレンド血統を満たす馬で、血統的魅力は十分です。

中間もよく乗り込まれていますし、最終追切も美浦南Wで迫力ある動きを見せています。前走7着のAJCC以上の仕上がりであることは間違いなく、昨年同様に好走が期待できる一頭です!


☆(星)デンコウアンジュ

上位3頭には劣るものの条件が合えば1着候補の星評価には、デンコウアンジュを推します!

父はサドラーズウェルズ系のメイショウサムソン、牝系もパーソロンの血を受け継ぐ日本牝系。配合としてもサドラーズウェルズ、ニジンスキー、シャーリーハイツと伝統的な欧州型血統の血量が豊富で、とにかく重厚です。

母の母父サンデーサイレンスがスピードを補っていますが、これだけ重厚な血脈だと荒れた馬場での消耗戦、ハイペースでの底力勝負で「出番あり」の血統背景です。

そのため、今回も条件を選ぶ一頭でしょう。

道悪馬場になり、コントラチェックやモルフェオルフェが飛ばしてペースが流れ、非常にタフで厳しい展開となればこの馬の出番です。

要注意の一頭でしょう!


△(連下)フィリアプーラ、 フェアリーポルカ、カリビアンゴールド

最後に連下としてフィリアプーラ、フェアリーポルカ、カリビアンゴールドの3頭を抑えます!

フィリアプーラは好走血統の「父欧州型血統」のハービンジャー産駒。父ハービンジャー×母父サンデーサイレンスは、ペルシアンナイトに代表されるニックス配合です。前走のターコイズステークスは4着ながら、レベルの高いレース内容をみせています。非根幹距離よりは根幹距離の血統背景のため、評価を多少割引いての連下ですが、勝ちきってもおかしくない馬です。

フェアリーポルカは単穴のウラヌスチャームと同様に好走血統、トレンド血統となるルーラーシップ産駒。小回りコース得意のフェアリードール牝系で、血統的な魅力が大きい一頭です。

カリビアンゴールドは牡馬のオープンクラスに入っても、勝ち負けできる能力を持つ実力馬。欧州指向の強い血統背景で、ここでも安定して力を発揮してきそうで、3着候補では抑えておきたい一頭です。


最後に予想印には入れませんでしたが、道悪になればハービンジャー産駒のレインホーロマンスもパフォーマンスを上げてきます。このレインホーロマンスは、能力はありながらもいつも人気にならない馬券的に美味しい馬です。道悪馬場での開催になれば、要注意の一頭です。



以上、この記事では「中山牝馬ステークス」の最終予想について特集しました。

ご紹介した内容が、中山牝馬ステークスの馬券を予想する上でご参考になれば嬉しいです!

最後までお読みいただきありがとうございました。

こちらの記事もおすすめ

Copyright© 競馬知恵袋 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.