血統から競馬を楽しむ!

競馬知恵袋

【ファルコンステークス2020 最終予想】好走血統ストームキャット持ちの本命馬に注目!

投稿日:

競馬知恵袋

こんにちは!
競馬ブログ「競馬知恵袋」をお読みいただき、ありがとうございます!

この記事では、注目の重賞競走「ファルコンステークス」の最終予想ついて特集します。

ファルコンステークスの馬券予想にご参考いただけるよう、しっかりと予想していきます!
ぜひ、ご参考ください!



動画でご紹介!ファルコンステークスの最終予想

ファルコンステークスの最終予想は、ブログだけでなく動画でも制作してYouTubeにアップしています。「文字よりも動画の方が分かりやすい」という方については、下記の動画をご視聴ください!
(YouTubeのチャンネル登録がまだの方は、チャンネル登録をしていただけると嬉しいです。)



ファルコンステークスの好走血統やラップ分析

ファルコンステークスの予想印の前提となる好走血統やラップ分析など予想のポイントについては、下記の記事でご紹介しています。まだチェックされていない方は、こちらの記事もご参考ください!

血統分析
【ファルコンステークス2020】好走血統で読み解く予想のポイント!

こんにちは!競馬ブログ「競馬知恵袋」をお読みいただき、ありがとうございます! この記事では、注目の重賞競走「ファルコンステークス」の好走血統について特集します。 ファルコンステークスの馬券予想にご参考 ...

続きを見る

競馬知恵袋
【ファルコンステークス2020】ラップ分析で予想のポイントを見極めろ!

こんにちは!競馬ブログ「競馬知恵袋」をお読みいただき、ありがとうございます! この記事では、注目の重賞競走「ファルコンステークス」のラップ分析について特集します。 ファルコンステークスの馬券予想にご参 ...

続きを見る


ファルコンステークスの予想印と根拠

それでは、ここからはファルコンステークスの予想印とその根拠についてご紹介していきます。


◎(本命)ラウダシオン

今年のファルコンステークスの本命は、ラウダシオンです!

2018年のファルコンステークス4着のアンブロジオの半弟にあたり、牝系からレース適性の高さを感じさせる血統背景です。アンブロジオは父がローズキングダムでしたが、ラウダシオンは父がリアルインパクトに変わり、トキオリアリティ的パワー注入で筋肉増強のイメージ。

近親馬には2017年京都牝馬ステークス3着のスナッチマインドがおり、この牝系はとにかく芝1400mで圧倒的な成績をあげる牝系です。
さらに、母の母父はストームキャットの後継種牡馬キャットシーフ。

血統背景は申し分なく、血統的に今回は「買い」です。

新馬戦、2戦目の小倉2歳ステークスと短距離戦の底力勝負のレースでの好走経験もありますし、最終追切で判断する仕上がり問題ありません。

ここは好走が期待できます!


〇(対抗)ゼンノジャスタ

対抗には、ゼンノジャスタを推奨します!

父ジャスタウェイは中京芝コースを得意としており、中京芝1400m~2000mのジャスタウェイ産駒は間違いなく「買い」です。

母ウインアンジェラスは、ネヴァーベンドの4×3のクロスを内包しており、ナスルーラ色が強い血統背景。そこにジャスタウェイを配合しているので、ナスルーラが前面に出て、ハイペリオンが支え、サンデーサイレンスで切れ味を足すといった血統構成です。
いかにも短距離からマイルのハイペースの底力・持続力勝負で力を発揮しそうな血統で高評価です。

ここまで7戦して、速い脚が求められハイレベルであった東スポ杯2歳ステークスを除けば、全て4着内と堅実さも魅力。

新馬戦、フェニックス賞、ジュニアカップと底力勝負となったレースでもしっかりと結果を残しており、ラップ適性も十分です。

連戦が続きますが状態は維持しており、穴人気のオッズになれば積極的に狙いたい一頭です!


▲(単穴)アブソルティスモ

単穴で推奨するのが、アブソルティスモです!

父は2018年3着のフロンティア、2017年2着ボンセルヴィーソとファルコンステークスで好走馬を複数送り出すダイワメジャー。ファルコンステークスは好走血統のストームキャットと同様にノーザンテーストの血統も活きるレースのため、父ダイワメジャーは評価ができます。

バークレア、ウインドインハーヘア、レディブロンドと続く超優秀なファミリーラインで、兄にはレイエンダ、レイデオロといった活躍馬がいます。
血統の質の良さで考えれば、メンバー中「No.1」でしょう。

中間の追切は藤沢和雄厩舎らしく馬なり一辺倒の仕上げですが、動きはキビキビと好印象。

前走のクロッカスステークスは瞬発力勝負でこの馬の個性を出し切れなかったため、底力勝負となるであろうファルコンステークスで見直したい一頭です!


☆(星)マイネルグリッド

上位3頭同様にハマった時の1着候補として、特注の星評価にはマイネルグリッドを推します!

父スクリーンヒーローは目立ちませんがモーリス、ゴールドアクターなど名馬を出しており、優秀な種牡馬。成長型は晩成型で、古馬になって本格化する傾向です。

新馬戦、フェニックス賞、小倉2歳ステークスと3連勝。その後は京王杯2歳ステークス、阪神ジュベナイルフィリーズはいいところなく凡走していますが、血統背景からは2歳夏で終わる馬とは思えません。

近2走の凡走の原因は不明ですが、休み明けを挟んでリフレッシュしたローテーションは好印象ですし、最終追切も栗東CWで長めから終い重点で好時計を出しています。

底力勝負にも強い馬で、非常に不気味な一頭です!


△(連下)ビアンフェ、トリプルエース、ペコリーノロマーノ

最後に連下として、ビアンフェ、トリプルエース、ペコリーノロマーノの3頭を抑えます!

ビアンフェは好走血統のストームキャットの血を内包するキズナ産駒。大型馬でパワー豊富なキズナ産駒ですので、中京の急坂適性は見込めますし、仮に馬場状態が道悪になっても問題ありません。
ただし、逃げ馬不振なレース傾向と余裕残しの仕上げが気になり、連下評価までとしました。

トリプルエースは、父が好走血統のストームキャットの血を受け継ぐシャマールダル。新馬戦、小倉2歳と短距離戦の底力勝負で好走している馬なので、侮れません。

ペコリーノロマーノも、好走血統のストームキャットを内包するロードカナロア産駒。同コースで行われたつわぶき賞を勝っており、コース適性を示していることは高評価。また追切の動きも良く、状態は好調です。



以上、この記事では「ファルコンステークス」の最終予想について特集しました。

ご紹介した内容が、ファルコンステークスの馬券を予想する上でご参考になれば嬉しいです!

最後までお読みいただきありがとうございました。

こちらの記事もおすすめ

Copyright© 競馬知恵袋 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.